人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
フユシャク
未分類
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
more...
最新の記事
初夏の河原にて
at 2024-05-20 21:49
GWの林道と渓流にて
at 2024-05-06 06:00
みちのくのヒメギフ -2-
at 2024-05-02 06:00
みちのくのヒメギフ -1-
at 2024-04-29 17:41
埼玉で春の蝶の撮影
at 2024-04-22 06:00
3年ぶりの越後ギフ
at 2024-04-08 21:45
スギタニルリシジミ集団吸水
at 2024-04-05 06:00
普通種3種の交尾
at 2024-03-31 17:54
スプリングエフェメラルを探しに
at 2024-03-18 19:17
早春のシジミチョウ
at 2024-03-12 06:00
LINK
フォロー中のブログ
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
秩父の蝶
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2023~  浅間暮らし...
最新のコメント
HemlenKさん、コメ..
by dragonbutter at 11:07
やはり今年はおかしいです..
by HemlenK at 22:43
himeooさん、コメン..
by dragonbutter at 08:19
東北地方の「ヒメギフチョ..
by himeoo27 at 12:49
タグ
(255)
(200)
(171)
(102)
(99)
(99)
(94)
(91)
(83)
(61)
(42)
(40)
(36)
(19)
(16)
(15)
(15)
(13)
(11)
(6)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
蟻と共に -1-
10、11日はまた南信に行った。
一番の目的は南信からほとんどいなくなったゴマシジミを見ることだったが残念ながら果たせず。いなくなったのかフライングだったか。後者であることを願いたい。
春ならギフチョウのいるポイントではオオムラサキが樹液に来ていた。
蟻と共に -1-_e0167571_12375825.jpg

ぼろぼろのオスが求愛していたので一応動画も撮ってみた。

しつこくまとわりついていたが、結局ふられて飛び去った。
翌日は某大学がミヤマシジミを中心とした生態調査をしているエリア。
水田や溜池の周りに沢山のミヤマシジミ。
蟻と共に -1-_e0167571_12384676.jpg

蟻と共に -1-_e0167571_1239522.jpg
コマツナギに幼虫もいる。
必ずクロヤマアリが集まっていた。最大で4匹。
蟻と共に -1-_e0167571_12393418.jpg
蟻と共に -1-_e0167571_12394583.jpg

こちらはより若齢幼虫。
蟻と共に -1-_e0167571_12395643.jpg

寄生バエと思われるハエも盛んに幼虫を探して飛び回っていたが、残念ながら敏感で撮れなかった。
ミヤマシジミとクロヤマアリは共生関係にあり、アリは幼虫の分泌する蜜をなめ、そのかわりに外敵を追い払う。
これもコマツナギと共生するコハナバチの仲間。
蟻と共に -1-_e0167571_12402129.jpg

これはコマツナギ専門に寄生するコマツナギアブラムシ。
蟻と共に -1-_e0167571_12403592.jpg

最後は知る人ぞ知るサナエのポイントに久しぶりに訪れた。背丈を優に超える草が生い茂り、いつもの場所から川に下りられなかった。かなり下流でなんとか下りられた。
メガネサナエはいなくなったのだろうか。オナガサナエが多かった。
蟻と共に -1-_e0167571_12405770.jpg

1匹だけちょっと雰囲気が違うサナエが。
蟻と共に -1-_e0167571_12411397.jpg

これはミヤマサナエ。背中に黄色い筋が入り、腹部7-9節が大きく膨らむ。
もっとねばればオナガの産卵も撮れたかもしれないが、渋滞が気になって帰路についた。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-08-14 12:46 | チョウとトンボ | Comments(0)
<< 晩夏の富士山麓 | ページトップ | 猛暑の里山 >>