人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
フユシャク
未分類
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
more...
最新の記事
初夏の河原にて
at 2024-05-20 21:49
GWの林道と渓流にて
at 2024-05-06 06:00
みちのくのヒメギフ -2-
at 2024-05-02 06:00
みちのくのヒメギフ -1-
at 2024-04-29 17:41
埼玉で春の蝶の撮影
at 2024-04-22 06:00
3年ぶりの越後ギフ
at 2024-04-08 21:45
スギタニルリシジミ集団吸水
at 2024-04-05 06:00
普通種3種の交尾
at 2024-03-31 17:54
スプリングエフェメラルを探しに
at 2024-03-18 19:17
早春のシジミチョウ
at 2024-03-12 06:00
LINK
フォロー中のブログ
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
秩父の蝶
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2023~  浅間暮らし...
最新のコメント
asamanokemur..
by dragonbutter at 22:11
トンボの羽化シーンがとて..
by asamanokemuri at 08:08
HemlenKさん、コメ..
by dragonbutter at 11:07
やはり今年はおかしいです..
by HemlenK at 22:43
タグ
(255)
(200)
(171)
(102)
(99)
(99)
(94)
(91)
(83)
(61)
(42)
(40)
(36)
(19)
(16)
(15)
(15)
(13)
(11)
(6)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
アリとヤマトシジミの幼虫
週末は天気が優れず季節の進みも一休みだった。
植木鉢の落ち葉にいたヤマトシジミの幼虫、このまま蛹になってくれればいいと思っていたが、数日前にいなくなった。土曜日にゆっくり探したら近くのカタバミの株に隠れていた。多分同じ個体だろうが蛹化はまだ少し先かな(何度も似たような写真で恐縮です)。
アリとヤマトシジミの幼虫_e0167571_19303930.jpg

ピンクの幼虫も移動していた。同じ個体だとしたら、赤みが大分とれていた。
アリとヤマトシジミの幼虫_e0167571_193113100.jpg
植木鉢の中までアリが入り込んでいて、この幼虫の周りにまとわりついている。トビイロシワアリだろうか。動画に撮ってみた。

しきりに後腹部を触角と前脚でつついている。甘い蜜を要求しているようだ。わかりづらいけど幼虫も一度反応して少し動いている(20秒のあたり)。
蛹の見つかる場所は様々らしく、アリが土で隠してしまうこともあるといことなので見つけられるかどうか。
ところで長いこと使ってきたPENTAX K-S2の調子が悪い。最初の数枚がとてつもなく暗くなってしまう。何枚か撮ると直るんだけれど、もし貴重なシーンだと悔やみきれないことになる。APS-Cの新機種もアナウンスがあってからいつ発売になるかさっぱりわからない。仕方なく発売後3年も経つけど評判がよいKPを購入した。まだ成虫が撮れてないが、前玉外しのキットレンズで幼虫を撮った限り、写りは1クラス上のようだ。体長2.5mmのアリをここまでトリミングしてもシャープである。
アリとヤマトシジミの幼虫_e0167571_1932317.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2020-03-07 19:56 | チョウ | Comments(4)
Commented by 浅間の煙 at 2020-03-09 08:24 x
自宅でこんな風に幼虫さん観察出来るのは良いですね。
動画何回も繰り返し見て見ました。確かに一瞬動きがありましたね。
動きのある暖かい日に動画がUPされるのを楽しみに期待してます。(^.^)
Commented by dragonbutter at 2020-03-10 00:12
浅間の煙さん、こんばんは。
都区部にある拙宅ですが、数年に一度ホシミスジとルリタテハが発生します。
ヤマトシジミは毎年でしょうが、観察の対象になったのは昨年末からです。天気の悪い日には格好の遊び相手です。
Commented by fushiginomori at 2020-03-14 08:04
ヤマトシジミは幼虫で越冬なのですね。
近所では成虫を見るようになるのはゴールデンウイーク頃です。
春先から発生している場所もあるようですが、今年もまだ見ていません。
Commented by dragonbutter at 2020-03-15 21:57
fushiginomoriさん、コメントありがとうございます。
このあたりは郊外より暖かいはずなのにやはりまだ見ていません。
日のあたる斜面がないからでしょうか。
<< 早春の比企丘陵 | ページトップ | 春の蠢き >>