人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
フユシャク
未分類
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
more...
最新の記事
初夏の河原にて
at 2024-05-20 21:49
GWの林道と渓流にて
at 2024-05-06 06:00
みちのくのヒメギフ -2-
at 2024-05-02 06:00
みちのくのヒメギフ -1-
at 2024-04-29 17:41
埼玉で春の蝶の撮影
at 2024-04-22 06:00
3年ぶりの越後ギフ
at 2024-04-08 21:45
スギタニルリシジミ集団吸水
at 2024-04-05 06:00
普通種3種の交尾
at 2024-03-31 17:54
スプリングエフェメラルを探しに
at 2024-03-18 19:17
早春のシジミチョウ
at 2024-03-12 06:00
LINK
フォロー中のブログ
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
秩父の蝶
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2023~  浅間暮らし...
最新のコメント
asamanokemur..
by dragonbutter at 22:11
トンボの羽化シーンがとて..
by asamanokemuri at 08:08
HemlenKさん、コメ..
by dragonbutter at 11:07
やはり今年はおかしいです..
by HemlenK at 22:43
タグ
(255)
(200)
(171)
(102)
(99)
(99)
(94)
(91)
(83)
(61)
(42)
(40)
(36)
(19)
(16)
(15)
(15)
(13)
(11)
(6)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
道央にて その2
4年ぶりに行く第2のポイントはカシワ林。記憶を呼び起こしながらゼフの多かった場所にたどり着く。前回は仕事がらみだったので時期は選べず、8月に入っており、擦れたハヤシミドリシジミとウラジロミドリシジミしか見られなかった。今回も少し遅めではあったが、カシワの枝をたたくと、1回で多いときは5匹以上のゼフが飛び出した。ハヤシミドリ、ウラジロミドリ、ウスイロオナガシジミは数がとても多かった。沢山いたからいい写真が撮れたかというと・・・そうはいかなかった。気温が高いせいか、なかなか開翅してくれなかった。上からウスイロオナガシジミ(閉翅と飛び立ち)、ハヤシミドリシジミ(メスとオス)、ウラジロミドリミドリ(オスとメスの開翅)。
道央にて その2_e0167571_21534398.jpg
道央にて その2_e0167571_21535796.jpg
道央にて その2_e0167571_21550474.jpg
道央にて その2_e0167571_21551910.jpg
道央にて その2_e0167571_21541407.jpg
道央にて その2_e0167571_21542417.jpg
ここは10年近く前にカシワアカシジミが大発生したそうだが、4年前は遅かったこともあって見つけることはできなかった。今回も苦戦したがようやく1頭降りてきてくれた。しかし地面に降りてしまい全く絵にならない。証拠写真を撮った後で、飛び去り覚悟でつついてみると、近くに葉裏にとまってくれた。
道央にて その2_e0167571_21560374.jpg
少し擦れているがカシワアカ特有の赤みの少ない地色と薄くて目立たない白線が確認できる。比較のために下は第4ポイントで撮ったアカシジミ。
道央にて その2_e0167571_21562256.jpg
ここにカシワはないのでカシワアカではない。やはりカシワアカよりずっと鮮やかだ。
この後カシワの葉に降りた個体も撮れた。
道央にて その2_e0167571_21564504.jpg
もう少ししっかり撮りたかったけど、最近は少ないと聞くので、まあ良しとしましょう。環境の大きな変化はなさそうなのでいずれ復活するかもしれない。
1頭ずつ見つけたのがカバイロシジミとウラミスジシジミのシグナータ型(こちらはたまたまお会いした関東からの撮影者に教えていただいた)。
道央にて その2_e0167571_21571691.jpg
道央にて その2_e0167571_21572857.jpg
どちらもかなり飛び古した個体だった。

Top▲ | by dragonbutter | 2021-07-18 06:00 | チョウ | Comments(4)
Commented by banyan at 2021-07-18 16:01 x
カシワアカは未撮影なので、羨ましいです。
関東では生息していないので、遠征するしかないですね。
ウスイロも白紋の発達が本州より凄そうですね。
シグナータは確率高そうですね。
僕は期待していなかった群馬で撮影できました。
Commented by dragonbutter at 2021-07-18 22:04
banyanさん、コメントありがとうございます。
擦れたアカシジミと区別できる自信はありませんが、ここは有名ポイントなので間違いないでしょう。
でもとても少なかったです。
シグナータはbanyanさんが撮られたようなきれいな個体にお目にかかれるとよかったのですが。
Commented by fushiginomori at 2021-07-19 16:56
さすが北海道ですね。
ウスイロオナガシジミがとても雰囲気が良いです。
カシワアカは少なくなっているようですが、復活すると良いですね。
Commented by dragonbutter at 2021-07-22 10:22
北海道はあまり山に入らなくても多くのゼフに会うことができます。それでもカシワアカの産地は限定され、絶滅危惧II類になっています。
<< 道央にて その3 | ページトップ | 道央にて その1 >>