人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
フユシャク
未分類
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
more...
最新の記事
初夏の河原にて
at 2024-05-20 21:49
GWの林道と渓流にて
at 2024-05-06 06:00
みちのくのヒメギフ -2-
at 2024-05-02 06:00
みちのくのヒメギフ -1-
at 2024-04-29 17:41
埼玉で春の蝶の撮影
at 2024-04-22 06:00
3年ぶりの越後ギフ
at 2024-04-08 21:45
スギタニルリシジミ集団吸水
at 2024-04-05 06:00
普通種3種の交尾
at 2024-03-31 17:54
スプリングエフェメラルを探しに
at 2024-03-18 19:17
早春のシジミチョウ
at 2024-03-12 06:00
LINK
フォロー中のブログ
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
秩父の蝶
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2023~  浅間暮らし...
最新のコメント
asamanokemur..
by dragonbutter at 22:11
トンボの羽化シーンがとて..
by asamanokemuri at 08:08
HemlenKさん、コメ..
by dragonbutter at 11:07
やはり今年はおかしいです..
by HemlenK at 22:43
タグ
(255)
(200)
(171)
(102)
(99)
(99)
(94)
(91)
(83)
(61)
(42)
(40)
(36)
(19)
(16)
(15)
(15)
(13)
(11)
(6)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
フユシャクの交尾ペア
今シーズンフユシャクの交尾は5ペア撮れている。
内、クロスジフユエダシャクはすでに昨年末に紹介した。
1月上旬、ナミスジフユナミシャクの交尾が撮れた。
フユシャクの交尾ペア_e0167571_13421017.jpg
撮影時間は18:13~18:24。一回りして戻ってきてもまだ続いていた。
フユシャクの交尾ペア_e0167571_13431067.jpg
この日撮れたもう一組。
フユシャクの交尾ペア_e0167571_13434553.jpg
このペアは交尾前から観察できた。17:30過ぎ、オスが擬木柵の低いところを行きつ戻りつしながら飛んでいた。ひょっとして、と思って注意してみるとメスがいた。嗅覚を頼りにだんだん距離を詰め、止まって間もなく交尾態に。ちょっとした勘違いから現場を一時離れた13分の間に交尾は解消されてしまい、オスしかいなかった。
フユシャクの交尾ペア_e0167571_13442121.jpg
オスはナミスジフユナミシャクである。メスは白っぽくて少し緑がかっている。これがイチモジフユナミシャクだとすると異種間交尾ということになる。この2種の異種間交尾はよく知られているらしい。10分余りの間に交尾解消に至ったのも異種間であったためだろうか。
次のペアはウスモンフユシャクの交尾。
フユシャクの交尾ペア_e0167571_13445142.jpg
発見時刻は17:57。このペアはオスの翅をしっかり撮ろうとすると、メスがオスに翅に隠れてしまう。
フユシャクの交尾ペア_e0167571_13450751.jpg
ということは、オスが一見単独で止まっていても、角度を変えて観察すると実は交尾中、ということもありうるのだ。
最後がウスバフユシャクのペア。
フユシャクの交尾ペア_e0167571_13454331.jpg
フユシャクの交尾ペア_e0167571_13460012.jpg
「日本の冬尺蛾」(むし社)の著者の一人、中島秀雄氏は1090ペア採集しているということで気が遠くなるような数字だ。因みにこの図鑑には交尾ペアの観察しやすさを★から★★★★★で表している。クロスジフユエダシャクとウスモンフユシャクは★★、ナミスジフユナミシャクとウスバフユシャクは★である。つまりどれも発見難易度が低いペアということだ。
おまけは年末に我が家に紛れ込んできたアカエグリバの写真を。
フユシャクの交尾ペア_e0167571_13462726.jpg
私が子供のころ信州の実家では、夏になると時々大きなスズメガが夜飛び込んできて大騒ぎになったものだ。当時我が家には網戸なんかなかったのだ。今となってどんな種類だったのかは知る由もないが。クワガタやカブトムシがやって来て喜んだこともあった。

Top▲ | by dragonbutter | 2022-01-29 13:56 | Comments(0)
<< これでもヤゴ? | ページトップ | ホルスタインのコーリング >>