人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
フユシャク
未分類
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
more...
最新の記事
初夏の河原にて
at 2024-05-20 21:49
GWの林道と渓流にて
at 2024-05-06 06:00
みちのくのヒメギフ -2-
at 2024-05-02 06:00
みちのくのヒメギフ -1-
at 2024-04-29 17:41
埼玉で春の蝶の撮影
at 2024-04-22 06:00
3年ぶりの越後ギフ
at 2024-04-08 21:45
スギタニルリシジミ集団吸水
at 2024-04-05 06:00
普通種3種の交尾
at 2024-03-31 17:54
スプリングエフェメラルを探しに
at 2024-03-18 19:17
早春のシジミチョウ
at 2024-03-12 06:00
LINK
フォロー中のブログ
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
秩父の蝶
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2023~  浅間暮らし...
最新のコメント
HemlenKさん、コメ..
by dragonbutter at 11:07
やはり今年はおかしいです..
by HemlenK at 22:43
himeooさん、コメン..
by dragonbutter at 08:19
東北地方の「ヒメギフチョ..
by himeoo27 at 12:49
タグ
(255)
(200)
(171)
(102)
(99)
(99)
(94)
(91)
(83)
(61)
(42)
(40)
(36)
(19)
(16)
(15)
(15)
(13)
(11)
(6)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
晩夏の信州にて
帰りの渋滞は覚悟の上で14-15日に信州に遠征した。
去年目撃できなかったというゴマシジミの発生地。ここでの発生は遅めである。ワレモコウもまだ蕾が多い。蒸し暑い曇天の中、何とか複数個体の発生を確認できた。
晩夏の信州にて_e0167571_20583626.jpg
晩夏の信州にて_e0167571_20585890.jpg
晩夏の信州にて_e0167571_20590883.jpg
晩夏の信州にて_e0167571_20592372.jpg
まだ発生初期かも知れず、新鮮なオスだけだったようだ。ここのゴマは青色部の発達が良好でとても美しいのだ。発生地はとても狭く、毎回「見られるのもこれが最後か」と覚悟しつつ撮影している。
クロツバメシジミは現在の行政区分で5市、1町、1村で撮影済みであるが、今回新たに某村で撮影できた。
晩夏の信州にて_e0167571_20594229.jpg
ここは小河川の急斜面の護岸。ツメレンゲが自生している。ミヤマシジミも多産し、それに交じって少数のクロツが飛んでいる。コマツナギでのクロツの吸蜜や、ミヤマシジミのクロツへの誤求愛といった混生地ならではのシーンも目撃できたが、いかんせん足場が悪く、ツメレンゲを痛めたくないので、まともな写真は撮れなかった。次回に期待。
求愛からすぐに交尾に至ったペアがいたが、逃げるたびに茂みの下に潜り込んでしまう。
晩夏の信州にて_e0167571_21001659.jpg
何とか指に移ってもらい記念撮影。
晩夏の信州にて_e0167571_21010021.jpg
撮りやすい場所に止まらせようとするも飛び去ってしまった(泣)。
ミヤマシジミのナンテンハギでの吸蜜。
晩夏の信州にて_e0167571_21012354.jpg
ミヤマシジミは枯草にも産卵した。
晩夏の信州にて_e0167571_21014745.jpg
「原色日本蝶類生態図鑑」によれば、最終世代のメスは食樹以外に産付することがあるという。でももう一回発生しそうな気もするが、、、。
最後に立ち寄った溜池(地元では溜池と言わず堤という)では東京ではなかなか見られなくなったオオイトトンボの交尾、産卵が撮れた。
晩夏の信州にて_e0167571_21024444.jpg
晩夏の信州にて_e0167571_21031255.jpg
オオイトの水中産卵は初めて撮れた。
晩夏の信州にて_e0167571_21040022.jpg
最終的にはオスも大部分水没した。
晩夏の信州にて_e0167571_21041248.jpg
ウェーダーを履いていればもっとトンボ視線のカットが撮れたのだが。

Top▲ | by dragonbutter | 2022-08-20 06:00 | チョウとトンボ | Comments(6)
Commented by HemlenK at 2022-08-20 11:12
青いですね!すごく綺麗です。
大昔、茅ヶ岳にいたゴマシジミも青かったように思いますが、これほど青いのはみたことないかも(*^^*)
いつまでも残っていてほしいですね。
オオイトの産卵もナイスです。
Commented by fushiginomori at 2022-08-20 16:36
ゴマシジミの開翅、素晴らしいですね!
こういうシーンを撮りたかったのですが、チャンスがありませんでした。
それにしても綺麗なブルーですね。
Commented by dragonbutter at 2022-08-20 18:33
HemlenKさん、コメントありがとうございます。
ここは青ゴマばかりなので撮りがいがあります。
まだ命をつないでいてくれて、うれしかったです。
Commented by dragonbutter at 2022-08-20 18:35
fushiginomoriさん、コメントありがとうございます。
数少ないチャンスの中で半数は自然開翅、半数はLEDで開いてくれました。
Commented by Akakokko at 2022-08-21 12:29 x
スーパーブルーなゴマですね。素晴らしいです。
今年はちょい青のゴマにしか逢えませんでした。
ゴマは、暑さとの勝負もあるので大変ですよね。
Commented by dragonbutter at 2022-08-21 18:06
Akakokkoさん、コメントありがとうございます。
この日は7:30位から1時間ほどでした。まだそれほど暑くなる前でした。
一部LEDライトも使いもしたが、結構開いてくれ、一度開くとしばらくは閉じなかったので、ゆっくり撮ることができました。
<< 晩夏の信州に再び | ページトップ | 青い眼のコシボソ他 >>