人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
フユシャク
未分類
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
more...
最新の記事
初夏の河原にて
at 2024-05-20 21:49
GWの林道と渓流にて
at 2024-05-06 06:00
みちのくのヒメギフ -2-
at 2024-05-02 06:00
みちのくのヒメギフ -1-
at 2024-04-29 17:41
埼玉で春の蝶の撮影
at 2024-04-22 06:00
3年ぶりの越後ギフ
at 2024-04-08 21:45
スギタニルリシジミ集団吸水
at 2024-04-05 06:00
普通種3種の交尾
at 2024-03-31 17:54
スプリングエフェメラルを探しに
at 2024-03-18 19:17
早春のシジミチョウ
at 2024-03-12 06:00
LINK
フォロー中のブログ
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
秩父の蝶
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2023~  浅間暮らし...
最新のコメント
HemlenKさん、コメ..
by dragonbutter at 11:07
やはり今年はおかしいです..
by HemlenK at 22:43
himeooさん、コメン..
by dragonbutter at 08:19
東北地方の「ヒメギフチョ..
by himeoo27 at 12:49
タグ
(255)
(200)
(171)
(102)
(99)
(99)
(94)
(91)
(83)
(61)
(42)
(40)
(36)
(19)
(16)
(15)
(15)
(13)
(11)
(6)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
定時出勤
先週末は家内と南東北に出かけた。温泉と久しぶりの名所めぐり、お世話になった義理の叔父叔母との再会、そしてマダラナニワトンボの撮影と楽しめた。
マダラナニワトンボのポイントは11年ぶりの再訪。前回に比べて岸辺は背の高い草に覆われていた(前回は確か草刈りがなされていたようだ)。
産卵が始まるのは11時少し過ぎ。それまでは少数の単独個体が寂し気にとまっているだけ。ノシメトンボの産卵を撮りながら時間が来るのを待つ。
定時出勤_e0167571_09445977.jpg
「出勤時刻(産卵開始時刻)」を過ぎるとたくさんのペアがどこからともなくやって来るのだ。産卵開始時刻はかなり厳密で、前回の記録と合わせて11時1分から11時16分。遅い日では13時19分まで産卵が観察されている。
打空産卵と言っても腹部の動きが小さいから、アカネ属の中では最も産卵場面が撮りやすい。
定時出勤_e0167571_09461298.jpg
定時出勤_e0167571_09462576.jpg
定時出勤_e0167571_09463523.jpg
定時出勤_e0167571_09464895.jpg
定時出勤_e0167571_09471047.jpg
定時出勤_e0167571_09472141.jpg
前回撮れなかった落下する卵を写し込むことができた。
定時出勤_e0167571_09474354.jpg
連結が外れてもしばらくはメスの単独産卵が続く。
定時出勤_e0167571_09542486.jpg
一方で交尾態にはあまり遭遇できない。大半が樹冠でなされているかららしい。今回は初めて交尾ペアを2ペア見つけ、カメラに収めることができた。
定時出勤_e0167571_09480755.jpg
定時出勤_e0167571_09481788.jpg
曇りがちの日ではあったが、まずまずの成果が上がりうれしかった。ここを訪れることはもうないかも知れないが、いつまでも発生が続いてほしいものだ。
マダラナニワトンボのポイントではヒョウモン類のメスたちが産卵行動をとっていた。今回は初撮影のウラギンヒョウモン。
定時出勤_e0167571_09485590.jpg
草地に舞い降りると腹部を曲げて歩き回り産卵場所を探す。せわしなく歩き回るので親に集中して撮影していると産卵した場所がピンポイントで特定できなくなり、卵の発見は難しい。そこで後半は親の撮影は諦めて、腹部が一定時間挿入されていた場所を、眼鏡をはずしてよーく探すとついに卵が見つかった。この卵は枯葉に産み付けられていた。
定時出勤_e0167571_09491908.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2022-10-01 09:57 | チョウとトンボ | Comments(2)
Commented by HemlenK at 2022-10-01 20:51
自然界で定刻というのはけっこうありますよね(*^^*)
蝶ではゼフィルスのテリをはじめとして吸蜜タイムとか。鳥でも塒に戻ってくる時間とかも。。
そういうのがわかってくると観察の助けになりますね(*^^*)
Commented by dragonbutter at 2022-10-03 08:08
HemlenKさん、コメントありがとうございます。
昨日はある蝶狙いで出かけたのですが、定刻を読み違えたようで成果なしでした。
<< 都市公園に生きる | ページトップ | 彼岸花の季節 >>