人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
フユシャク
未分類
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
more...
最新の記事
初夏の河原にて
at 2024-05-20 21:49
GWの林道と渓流にて
at 2024-05-06 06:00
みちのくのヒメギフ -2-
at 2024-05-02 06:00
みちのくのヒメギフ -1-
at 2024-04-29 17:41
埼玉で春の蝶の撮影
at 2024-04-22 06:00
3年ぶりの越後ギフ
at 2024-04-08 21:45
スギタニルリシジミ集団吸水
at 2024-04-05 06:00
普通種3種の交尾
at 2024-03-31 17:54
スプリングエフェメラルを探しに
at 2024-03-18 19:17
早春のシジミチョウ
at 2024-03-12 06:00
LINK
フォロー中のブログ
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
秩父の蝶
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2023~  浅間暮らし...
最新のコメント
asamanokemur..
by dragonbutter at 22:11
トンボの羽化シーンがとて..
by asamanokemuri at 08:08
HemlenKさん、コメ..
by dragonbutter at 11:07
やはり今年はおかしいです..
by HemlenK at 22:43
タグ
(255)
(200)
(171)
(102)
(99)
(99)
(94)
(91)
(83)
(61)
(42)
(40)
(36)
(19)
(16)
(15)
(15)
(13)
(11)
(6)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
秋のため池にて
キトンボは南関東では確実に見られる場所は知る限り1か所。でも北関東、甲信越に足を伸ばせばまだ産地は多数あるようだ。
この日初めて訪れた溜池ではアキアカネ、ナツアカネ、ネキトンボに混じってキトンボも止まっていた(上♂、下♀)。
秋のため池にて_e0167571_09445437.jpg
秋のため池にて_e0167571_09450446.jpg
11時近くなると遠くで連結ペアが飛び始めた。そして11時半に近くになって交尾態が飛来した。
秋のため池にて_e0167571_09452073.jpg
一度飛んでも遠くまで移動しなかったので何度もシャッターチャンスがあった。
秋のため池にて_e0167571_09453843.jpg
秋のため池にて_e0167571_09455042.jpg
秋のため池にて_e0167571_09455846.jpg
その後岸辺で産卵開始。斜面で足場が悪かったり草の影になったりで、雌雄ともにピントが合ったカットはほとんど撮れなかった。
秋のため池にて_e0167571_09461682.jpg
秋のため池にて_e0167571_09463097.jpg
1分ほど産卵した後連結したまま小休止。
秋のため池にて_e0167571_09502324.jpg
これで終了かと思ったら、僕の背後に回って産卵を再開。慌てて振り向いたとたんに足を滑らせて転倒。カメラは無事だったが、指2本に擦り傷。ペアは当然驚いて飛び去ってしまった。
その後も数は少なく、近くで交尾産卵を観察できたのはこのペアのみだった。
池の周囲ではそろそろ越冬態勢に入りそうなホソミオツネントンボ。
秋のため池にて_e0167571_09473595.jpg
ネキトンボの交尾態も飛来した。
秋のため池にて_e0167571_09474921.jpg
撮影は8年ぶり。しかし光線の具合が悪く、オスの胸部が影になっている(泣)。右に回り込むと草がかぶってしまう。このペアは間もなく高い梢に消えた。
帰りがけに見つけたそば畑の脇の湿地でヒメアカネを発見。
秋のため池にて_e0167571_09480520.jpg
開放的な場所だったので産卵シーンを狙うにはもってこいの場所と思われたが、13:30を回っており残念だった。

Top▲ | by dragonbutter | 2022-10-22 06:00 | Comments(0)
<< 秋の秩父路 | ページトップ | 碧眼のヤゴ >>