人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
フユシャク
未分類
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
more...
最新の記事
初夏の河原にて
at 2024-05-20 21:49
GWの林道と渓流にて
at 2024-05-06 06:00
みちのくのヒメギフ -2-
at 2024-05-02 06:00
みちのくのヒメギフ -1-
at 2024-04-29 17:41
埼玉で春の蝶の撮影
at 2024-04-22 06:00
3年ぶりの越後ギフ
at 2024-04-08 21:45
スギタニルリシジミ集団吸水
at 2024-04-05 06:00
普通種3種の交尾
at 2024-03-31 17:54
スプリングエフェメラルを探しに
at 2024-03-18 19:17
早春のシジミチョウ
at 2024-03-12 06:00
LINK
フォロー中のブログ
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
秩父の蝶
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2023~  浅間暮らし...
最新のコメント
asamanokemur..
by dragonbutter at 22:11
トンボの羽化シーンがとて..
by asamanokemuri at 08:08
HemlenKさん、コメ..
by dragonbutter at 11:07
やはり今年はおかしいです..
by HemlenK at 22:43
タグ
(255)
(200)
(171)
(102)
(99)
(99)
(94)
(91)
(83)
(61)
(42)
(40)
(36)
(19)
(16)
(15)
(15)
(13)
(11)
(6)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
春の溜池にて
Hさんを誘って北関東に遠征。目的の春のトンボは見られなかったが、コサナエとクロイトトンボの羽化が撮れた。両方ともHさんが見つけてくれたもの。
コサナエは水面に浮かぶ葉の上で羽化した。
春の溜池にて_e0167571_18121547.jpg
春の溜池にて_e0167571_18122725.jpg
春の溜池にて_e0167571_18125117.jpg
春の溜池にて_e0167571_18130509.jpg
イトトンボの羽化は種の同定が厄介。翅が固まるまで待って同定するのがベストだが、意外に時間がかかる。上は交尾器の形状で判断した。撮影時はアジアイトトンボと思っていた。
春の溜池にて_e0167571_18132572.jpg
これは羽化直のアジアイトトンボメス。少しオレンジに色づいている。写真ではわかりづらいが、第8節腹側に棘がある。
移動した河川敷では多数のキバネツノトンボが高速で飛び交っていた。撮ったものはすべてオスだった。
春の溜池にて_e0167571_18134729.jpg
春の溜池にて_e0167571_18140114.jpg
「トンボ」の名が入っていてもトンボの仲間ではなく、ウスバカゲロウの仲間。
春の蝶も何種類かとったが、代り映えしないので省略します。Hさん、お疲れ様でした。

Top▲ | by dragonbutter | 2023-04-25 18:09 | トンボ | Comments(2)
Commented by HemlenK at 2023-04-25 08:37
コサナエ、でていましたか。先日は埼玉に行きましたが、パッとしませんでした。例年、たくさんの羽化殻がある場所もまだまだという感じでした。キバネツノトンボは早いですね。
Commented by dragonbutter at 2023-04-25 21:41
HemlenKさん、コメントありがとうございます。
都内のコサナエのポイントは1週間以上前に行ったところ羽化殻だけでした。
キバネツノトンボは愛嬌のある形ときれいな翅に感動しました。
<< ツツジの咲く山にて | ページトップ | 越冬幼虫の目覚め >>