人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
フユシャク
未分類
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
more...
最新の記事
初夏の河原にて
at 2024-05-20 21:49
GWの林道と渓流にて
at 2024-05-06 06:00
みちのくのヒメギフ -2-
at 2024-05-02 06:00
みちのくのヒメギフ -1-
at 2024-04-29 17:41
埼玉で春の蝶の撮影
at 2024-04-22 06:00
3年ぶりの越後ギフ
at 2024-04-08 21:45
スギタニルリシジミ集団吸水
at 2024-04-05 06:00
普通種3種の交尾
at 2024-03-31 17:54
スプリングエフェメラルを探しに
at 2024-03-18 19:17
早春のシジミチョウ
at 2024-03-12 06:00
LINK
フォロー中のブログ
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
秩父の蝶
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2023~  浅間暮らし...
最新のコメント
asamanokemur..
by dragonbutter at 22:11
トンボの羽化シーンがとて..
by asamanokemuri at 08:08
HemlenKさん、コメ..
by dragonbutter at 11:07
やはり今年はおかしいです..
by HemlenK at 22:43
タグ
(255)
(200)
(171)
(102)
(99)
(99)
(94)
(91)
(83)
(61)
(42)
(40)
(36)
(19)
(16)
(15)
(15)
(13)
(11)
(6)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
みちのくのヒメギフ -2-

ヒメギフのメスがあちこちで産卵基質(ウスバサイシンの若葉)を探して低く緩やかに飛んでいた。産み付ける葉にはかなり神経質で、産みそうになってもやめて飛び立つことが多かった。

みちのくのヒメギフ -2-_e0167571_20383802.jpg
みちのくのヒメギフ -2-_e0167571_20385166.jpg
みちのくのヒメギフ -2-_e0167571_20385905.jpg

産卵は6回観察でき(1回は遠方で卵数は未確認)、時刻は8時39分から1213分(午後はしっかり観察していない)、産卵時間は最長で9分間だった。

みちのくのヒメギフ -2-_e0167571_20391583.jpg
みちのくのヒメギフ -2-_e0167571_20394041.jpg
みちのくのヒメギフ -2-_e0167571_20394974.jpg
みちのくのヒメギフ -2-_e0167571_20395985.jpg

卵数は少ない順に9, 10, 15, 16, 25卵(これが9分かけて産卵したもの)。

みちのくのヒメギフ -2-_e0167571_20401626.jpg
みちのくのヒメギフ -2-_e0167571_20402482.jpg

産卵後は近くの地面で休んだり、カタクリで吸蜜したりした。

おまけは越冬後のエリタテハとキベリタテハ。

みちのくのヒメギフ -2-_e0167571_20405001.jpg
みちのくのヒメギフ -2-_e0167571_20405705.jpg

初めての場所でこれだけ色々撮れてうれしかった。強いて言えば交尾も撮りたかったが、、。

東北のヒメギフはどこでも数を減らしていると聞く。観察できた卵が無事育つことを祈りたい。


Top▲ | by dragonbutter | 2024-05-02 06:00 | チョウ | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2024-05-05 12:49
東北地方の「ヒメギフチョウ」今年は発生が遅れ、
それにもかかわらず登場しても駆け足でいなくなった
と聞いていたので、
吸蜜、産卵、卵まで撮影されていてお見事です。
ところで
食草のウスバサイシンは減っているのでしょうか?
Commented by dragonbutter at 2024-05-06 08:19
himeooさん、コメントありがとうございます。
ここのヒメギフは例年より発生が少し早かったのではないでしょうか。
1度の訪問で断定的なことは言えませんが、ウスバサイシンの若葉はあちこちで見ることができました。
<< GWの林道と渓流にて | ページトップ | みちのくのヒメギフ -1- >>