人気ブログランキング |
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
more...
最新の記事
北のトンボのヤゴ達 -1-
at 2021-01-24 21:26
擬木柵の上で(その2)
at 2021-01-17 20:37
擬木柵の上で
at 2021-01-11 17:59
新年のご挨拶
at 2021-01-01 00:00
冬を越す蝶、越せぬ蝶
at 2020-12-27 21:44
小春日和に越冬蝶観察
at 2020-12-12 13:51
木枯らしに負けずに
at 2020-12-05 23:44
河川敷を歩く
at 2020-11-27 23:05
近場の公園巡り
at 2020-11-23 22:50
懲りずにアオタテハモドキ
at 2020-11-16 23:09
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2021 浅間暮らし
最新のコメント
himeooさん、あけ..
by dragonbutter at 20:21
ダンダラさん、あけまして..
by dragonbutter at 20:19
霧島緑さん、あけまして..
by dragonbutter at 20:15
cactussさん、あ..
by dragonbutter at 20:14
タグ
(199)
(167)
(142)
(87)
(78)
(78)
(73)
(70)
(69)
(49)
(38)
(36)
(24)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(11)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:ヤゴ( 10 )
Top▲ |
北のトンボのヤゴ達 -1-
久しぶりにヤゴの話題です。
去年の北海道遠征では天候に恵まれず、雨の日はヤゴを掬って観察した。今頃北のヤゴ達は凍てついた池の底で眠っていることだろう。
北海道特産のエゾカオジロトンボ。
北のトンボのヤゴ達 -1-_e0167571_21233093.jpg
北のトンボのヤゴ達 -1-_e0167571_21235504.jpg
北のトンボのヤゴ達 -1-_e0167571_21241844.jpg
ヤゴの密度はものすごかった。形体はアカネ属にそっくり。腹部背面の2本の黒条が特徴。場所によってはカオジロトンボと混生するが、この有無で鑑別可能。カオジロトンボ属は複数年1世代である。
同所にいたキタイトトンボ。
北のトンボのヤゴ達 -1-_e0167571_21245500.jpg
北のトンボのヤゴ達 -1-_e0167571_21250645.jpg
これも本州以南にはいない。これは採取場所の情報がないと他のイトトンボのヤゴとは僕にはちょっと識別不可能。尾鰓が太短い、先が尖らない、黒斑がない、中央分節が不明瞭といった点が手掛かりになるが、これは羽化まで待って確定した。

Top▲ | by dragonbutter | 2021-01-24 21:26 | ヤゴ | Comments(0)
アオイトトンボヤゴ成長記 -その2-
アオイトトンボのヤゴは生き残った1匹が推定8齢に達し、すっかりアオイトトンボのヤゴらしくなった。体長19mmとなった。
アオイトトンボヤゴ成長記 -その2-_e0167571_21411955.jpg

色が薄く半透明なので黒バックも撮ってみた。ごみが多くて見苦しいけど。
アオイトトンボヤゴ成長記 -その2-_e0167571_21413563.jpg

複眼の変化を見てみると、2齢までは手元のレンズの解像力では複眼は全体が黒く写り個眼はみえない(下写真左上)。3齢からは個眼がよく写るようになり(下写真右上)、4齢になるとぼんやりと偽瞳孔が写るようになると同時に個眼の数も増えている(下写真左下)。
5齢になると偽瞳孔が小さくて明瞭になる(下写真右下は8齢)。8齢になると個眼の数が更に増えるとともにサイズが小さくなって再び個眼の識別が難しくなる。スケールバーは1mm。
アオイトトンボヤゴ成長記 -その2-_e0167571_2142766.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2020-05-12 21:45 | ヤゴ | Comments(0)
アオイトトンボ成長記 -その1-
以前にも書いたが、アオイトトンボのヤゴを飼育中である。産卵基質(ガマの枯葉)を持ち帰ったらヤゴが孵化した。しかしこれは採取後3日目であったことから、目撃した日に産卵されたものではなく、ずっと前に産み込まれていた卵が孵化したもののようだ。最初に見つけた時はすでに初齢ではなかったと思われる(2齢か)。2匹孵化したが残念ながら1匹は☆になった。
そして飼育23日目、孵化の第2陣があり2匹産まれた。図鑑に書いてある卵期(1-2週間)より随分長かった。同一個体ではないが成長ぶりを見てみよう。
より動きと愛嬌のある横からの画像で。仮の齢数と体長は上から順に1齢2mm⇒2齢3mm⇒3齢4.5mm⇒4齢8.5mm⇒5齢10mm。複眼の発育が顕著である。
アオイトトンボ成長記 -その1-_e0167571_18205179.jpg

アオイトトンボ成長記 -その1-_e0167571_1823520.jpg

アオイトトンボ成長記 -その1-_e0167571_18231832.jpg
アオイトトンボ成長記 -その1-_e0167571_18232764.jpg

アオイトトンボ成長記 -その1-_e0167571_18233894.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2020-04-15 18:25 | ヤゴ | Comments(0)
池の妖精
週末は東京になごり雪が降った。ツバキにも、そして満開を過ぎた桜にも降り積もった。
池の妖精_e0167571_23113191.jpg
池の妖精_e0167571_23114355.jpg

世の中猛威を振るう新型コロナウイルスで気が塞ぎがち。そこで今日は見た人が少ないと思われる可愛いオツネントンボアオイトトンボの超若齢ヤゴ写真を。
成虫越冬をするトンボのヤゴはなかなか撮影の機会がない。幼虫が見られる時期は成虫を追いかけていてヤゴどころではないからだ。
今年は産卵を見とどけた水中の枯れた葉を持ち帰り、水を入れたタッパーに浸しておいたところ孵化していた。
池の妖精_e0167571_2312082.jpg
池の妖精_e0167571_2312798.jpg
池の妖精_e0167571_23121537.jpg

既に2齢か3齢だろうか。体長が3mmあまりのとても小さなヤゴ。元気に動き回るので撮影には苦労したが、拡大するととってもかわいい。まだ半透明で、池の妖精といった感じ。成長が楽しみである。しばらくはブラインシュリンプの幼生を餌に育てることになる。
オツネントンボが産卵した枯葉をとって来たのですが、既に昨年秋にアオイトトンボも卵を産み付けていたようで、孵化して終齢まで育ったヤゴはアオイトトンボのようです。

Top▲ | by dragonbutter | 2020-04-02 23:14 | ヤゴ | Comments(2)
記憶を頼りに
久しぶりに休みがとれた体育の日の連休に猿投温泉と舘山寺温泉をはしごしてきた。奥浜名湖地域にある湖北五山のうち、井伊直虎ゆかりの龍潭寺と中国明朝風の初山宝林寺を参詣した。
記憶を頼りに_e0167571_982339.jpg
記憶を頼りに_e0167571_984043.jpg

ヤゴも探した。8年前の春にフタスジサナエとオグマサナエのいた池ではだいぶ粘ったけど、いたのはコシボソヤンマとヤマサナエ(多分)の若齢だった。
記憶を頼りに_e0167571_99041.jpg

やはり同じ年、Yさんに案内していただいた湿地を、霞んだ記憶を手繰りよせながら訪れた。
記憶を頼りに_e0167571_991558.jpg
ここでは泥の中からタベサナエの終齢を見つけることができた。
記憶を頼りに_e0167571_993075.jpg
ヤゴは初撮影だった。あと1ヵ月余りでスプリング・エフェメラルとして羽化することと思う。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-02-17 09:13 | ヤゴ | Comments(0)
かいぼり2018
都内のI公園でかいぼりが行われていると聞いて行ってみた(名前を伏せるまでもないですが)。
かいぼり2018_e0167571_2302171.jpg

I公園でのかいぼりは2013年度と15年度に続き3回目。詳細はマスコミで報道されているが、以前のかいぼり時に比べて在来種が増える傾向があるという。
オオヤマトンボの他に、前回の「かいぼりステーション」では見なかったウチワヤンマがレスキューされていた(下写真の真ん中)。
かいぼり2018_e0167571_2324737.jpg
かいぼり2018_e0167571_23124643.jpg
かいぼり隊として活動されたボランティアの方々はお疲れ様でした。
歩道の手摺で3匹フユシャクを見つけた。
かいぼり2018_e0167571_23135750.jpg
かいぼり2018_e0167571_2314857.jpg

この2匹はナミスジフユナミシャクだろうか。
かいぼり2018_e0167571_23143054.jpg
かいぼり2018_e0167571_23144062.jpg

これはよくわからない。クロバネフユシャクかと思うが誰かご教示ください。
もっとねばってオスも見たかったが、以前その後でひどい風邪をひいたことがあるので、この日は退散とした。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-01-14 23:16 | ヤゴ | Comments(0)
SF映画にでも
沖縄で見ることのできたヤゴのなかでいちばん迫力があったのがこれ。
SF映画にでも_e0167571_21244816.jpg
SF映画にでも_e0167571_2125149.jpg

オオキイロトンボのヤゴだ。長くて尖った側棘と背棘はいかにも強そう!そして日本トンボ科の中では最大級のサイズ。何といっても後方に突き出た複眼は強烈な印象を与える。前から見るとこんな感じ。
SF映画にでも_e0167571_21253371.jpg
SF映画にでも_e0167571_21254937.jpg

SF映画にでも出てきそうな何ともメカニカルなヤゴである。
残念ながら成虫はまだ飛んでいなかったけれど、沖縄本島ではそれほど稀ではないようである。
タグ:
Top▲ | by dragonbutter | 2017-06-18 21:28 | ヤゴ | Comments(0)
ヤゴ飼育のアイテム
先週末は4年ぶりに神奈川のギフを見に行ったけど、薄日は時々射すものの気温が低くて惨敗。ここで見られなかったのは初めてだった。今週末もダメそう(泣)。
そこでヤゴネタでも。
ヤゴの種類が同定できない場合、悔しいので終齢まで飼うとか、羽化するまで飼うことがある。
飼育自体を目的にはしていないので出来るだけ簡便な(手抜きな)方法が良い。
飼育容器はすべてタッパーかプリンカップ。
餌は(1)冷凍アカムシか(2)ブラインシュリンプ耐久卵。いずれもペットコーナーで大概手に入る。
ヤゴ飼育のアイテム_e0167571_19154011.jpg
これですべての種類が飼えるはず。ただし(1)はピンセットでつまんで目の前で動かしてやらないと食べないので、数多く飼うとなると大変かも。(2)はペットボトルの口を切り取った容器で飼育するが、ヒーターとエアポンプ使用が必須。
ヤゴ飼育のアイテム_e0167571_19221254.jpg
回収もややめんどうくさい(後述)。
以下は先達から教えていただいたり、自己流で使っている飼育アイテム。いろんな方法があると思うが意外なものが役に立つ。
ヤゴ飼育のアイテム_e0167571_19231829.jpg

最初は割り箸を斜めに置いて羽化させていたが、ハラビロトンボ?のヤゴが脱走して行方不明になった。ある方から剣山に割り箸を垂直に立てると防ぐことができると教わった。
ヤゴ飼育のアイテム_e0167571_19233931.jpg

それでも脱走するヤゴがいた。そこで素行の悪そうなヤゴはこのような大きな容器に入れて飼育。
ヤゴ飼育のアイテム_e0167571_1924389.jpg
今のところこれで脱走は防げている。
ヤゴ飼育のアイテム_e0167571_19243117.jpg

これは台所用の油濾紙と漏斗。ブラインシュリンプの回収用。
ヤゴ飼育のアイテム_e0167571_1924542.jpg

このようにして上からシュリンプの発生した液(食塩を含んでいる)を流し込む。少量の水道水を流して塩分を除いてから油濾紙を取り出し裏返し、少量の水にシュリンプを放して餌の出来上がり。
せっかく羽化しても、イトトンボなんかだと狭い部屋とは言え行方不明となる。そこで折り畳みの卓上キッチンパラソルを通販で購入した。
ヤゴ飼育のアイテム_e0167571_19253740.jpg
そういえば昔は食事にハエがとまるのを防ぐためどこの家にもあったが、最近室内でハエなど見なくなったね。本来は虫の侵入を防ぐためのもの、しかし今回は虫が逃げないようにするため(笑)。全く逆の目的だ。
こういった感じで多くのヤゴの飼育が可能であるが、流水に住むヤゴの一部の飼育は比較的難しく、エアレーションが必要だという。なのでほとんど撮影後リリースしているが、後で同定できなくて悔しい思いをすることもある。
飼育は長期化することもあるので、容器には必ずメモを貼っておかないと、どこでいつ採ったヤゴかわからなくなってしまう。
Top▲ | by dragonbutter | 2017-04-08 19:31 | ヤゴ | Comments(2)
落胆と安堵
気温が上がった日に埼玉県の中規模河川の中流に行った。
アオサナエのヤゴが見たかったが、掬えたのはダビドサナエ、ヒメサナエ、そしてオナガサナエと常連だけだった。
落胆と安堵_e0167571_19352699.jpg
落胆と安堵_e0167571_19354512.jpg
落胆と安堵_e0167571_19355738.jpg
落胆と安堵_e0167571_1936838.jpg

ところでこの数日前のこと、河原にカメラとレンズ一式を入れたザックを置いて(重いので)ヤゴを掬っていた。気が付くとだいぶ上流に来ていた。30分ほど経ったろうか、ザックを置いた場所に戻ったところない!記憶違いかなと思いかなり広い範囲を探したが見つからない。冬場で人気はないが、橋からは見通せる場所だ。警察に届けた帰路、とても落ち込んで、何とか事故だけは起こさぬように注意しながら帰った。盗難に間違いないと思ったが、警察署では遺失物として受理された。
翌日少し離れた市の交番から電話があった。それらしいザックを届けてくれた方がいるらしい。数日後別の警察署に受け取りに行った。仕方ないことであるが、写真の中身は見られていて、こちらで申し出た写真と合っていたので無事引き取ることができた。
「何の写真が入っていますか?」「虫です。」「どんな虫ですか?」「トンボとかヤゴとか。」「これですか?」「そうです。」「ヤゴって茶色かと思っていましたが、緑色をしているんですか?」「これは特別です。きれいでしょ。」「あの辺りはいい場所なんですか?」「ええ、水がきれいでヤゴもたくさんいます。」婦警さん?にいろいろ聞かれて恥ずかしかったが無事戻ってよかった。人気のないところにポツンとサックが置いてあったので忘れ物と思って届けてくれたのだろう。電話で丁寧にお礼を言った。
これからは気をつけたい。フィールドで高価なレンズを盗まれたという話も聞くので。皆さんにこんな不注意はないと思いますが。
Top▲ | by dragonbutter | 2017-01-29 19:39 | ヤゴ | Comments(4)
変わらないでほしいもの
風邪で喉をやられてしまった。この年になると風邪が治りにくくなってきた。
24日は天気もいいし、体調も少し回復したので、南関東ではなかなか見ることが難しいヨツボシトンボのヤゴでも探そうかと午前限定で出かけた。
この小さな池は人工的なものらしいが、長い年月でヨシが茂っていい感じだ。浅いのである程度長靴でも入れる。
ヤゴの数も多い。中でもマルタンヤンマのヤゴがいっぱいいた。
変わらないでほしいもの_e0167571_1831023.jpg
他にはシオカラトンボ属、ショウジョウトンボ、モノサシトンボが掬えた。シオカラとはちょっと違う雰囲気のヤゴが採れた。
変わらないでほしいもの_e0167571_18315268.jpg
脚は細めで頭部が台形。複眼も少し大きめ。よく見ると3-8節に背棘があるので目的のヨツボシトンボだ。
変わらないでほしいもの_e0167571_18321396.jpg
羽化は観察したことがあるがヤゴを掬ったのは初めて。
コオイムシも掬えた。
変わらないでほしいもの_e0167571_18322952.jpg
春になれば赤とんぼも何種類か発生するに違いない。
ここはアメリカザリガニもブルーギルもいなくて水生昆虫にとっては楽園なのだろう。そんな意味でもいつまでもこのままの状態で残ってほしい池である。
Top▲ | by dragonbutter | 2016-12-25 18:35 | ヤゴ | Comments(4)
| ページトップ |