人気ブログランキング |
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...
最新の記事
南信にて
at 2019-06-04 23:18
春のトンボの産卵 -3-
at 2019-05-22 23:32
春のトンボの産卵 -2-
at 2019-05-15 22:41
春のトンボの産卵 -1-
at 2019-05-11 20:15
富山のヒラサナエ
at 2019-05-08 22:23
3年ぶりの与那国・石垣 -4-
at 2019-05-01 14:02
ミツバウツギに来る春の蝶
at 2019-04-29 21:55
3年ぶりの与那国・石垣 -3-
at 2019-04-27 21:26
3年ぶりの与那国・石垣 -2-
at 2019-04-25 17:31
3年ぶりの与那国・石垣 -1-
at 2019-04-23 23:18
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
2019 浅間暮らし(ヤ...
最新のコメント
浅間の煙さん、コメントあ..
by dragonbutter at 23:06
banyanさん、コメン..
by dragonbutter at 23:04
ヒラサナエとヒロシマサナ..
by 浅間の煙 at 08:21
ヒラサナエがどれだけ貴重..
by banyan10 at 18:43
タグ
(165)
(144)
(132)
(76)
(73)
(68)
(65)
(62)
(62)
(42)
(38)
(35)
(19)
(18)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:チョウ( 228 )
Top▲ |
ミツバウツギに来る春の蝶
もう一回分八重山が残っていますが一休み。
埼玉の春の蝶を。
ミツバウツギに来た蝶達。
上からウスバシロチョウオス、ウスバシロチョウメス(スフラギスが付いている)、ベニシジミ、ミヤマセセリ、ホソオチョウメス
e0167571_21514457.jpg
e0167571_2152250.jpg
e0167571_21523075.jpg
e0167571_21524538.jpg
e0167571_21525977.jpg

2匹のウスバシロが並んで吸蜜。
e0167571_21531097.jpg

久しぶりにジャコウアゲハもじっくり撮れた。
e0167571_21532387.jpg
e0167571_21534346.jpg

産卵も撮れた。3卵産んであった。
e0167571_21535790.jpg
e0167571_2154818.jpg

ダンダラさん、maximiechanさん、お世話になりました。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-04-29 21:55 | チョウ | Comments(2)
Blue達と遊ぶ
土曜日はやはり東京都下の林道へ。
数日間寒の戻りがあって、季節の歩みが止まっていたが、この日は暖かくなった。
澄んだ流れにはヤマメの群れ。
e0167571_18545394.jpg

林道に滲みだした水場や渓流には沢山のスギタニルリシジミ。ちょうど最盛期だったようだ。開翅してくれたのは1個体のみ。破れた翅が写らない角度から(笑)。
e0167571_18551012.jpg

花があまり咲いていないのでひたすら飛び立ちを狙う。
e0167571_18553284.jpg
e0167571_1857155.jpg
e0167571_18571224.jpg
e0167571_18572224.jpg
e0167571_18573657.jpg

泥道の轍にできた盛り上がった土に4匹のスギルリが集まっていた。
e0167571_192112.jpg

ルリシジミも何匹か飛来。
e0167571_18575163.jpg
e0167571_1858078.jpg

ルリタテハは何故か車の屋根がお気に入りだった。
e0167571_1904855.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2019-04-07 19:03 | チョウ | Comments(2)
のどかな春の一日
日曜日は朝冷え込んだが、日中は良い天気になりそうなので、みき♂さんと埼玉方面に春の蝶を探しに出かけた。
先ずは山手に。スギタニルリシジミが1匹だけ飛んでいた。いつもは吸水シーンが多い中で、オオイヌノフグリでの吸蜜が撮れた。
e0167571_22371475.jpg
e0167571_22374172.jpg

今日は開翅の気配がないので飛び立ちを狙った。
e0167571_2238344.jpg

山から下りた先の公園では多くの撮影仲間とお会いでき、とても楽しかった。
ミヤマセセリ、コツバメ等撮影できたが、トラフシジミを撮れなかったのは残念だった。
e0167571_22383048.jpg
e0167571_22384114.jpg
e0167571_22401717.jpg
e0167571_22432338.jpg

コツバメの飛び立ちはオス、メスとも撮れた。
e0167571_22424648.jpg
e0167571_2240571.jpg
メス(下)の方が青い範囲が広いようだ。
2匹が仲良くとまっているシーンが撮れた。
e0167571_2243855.jpg
背景が翅と似た色だったのが残念だが、すぐに飛ばれてしまってそこまで考える余裕はなかった。
のどかな一日を過ごすことができた。
みき♂さん、お疲れ様でした。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-03-25 22:48 | チョウ | Comments(8)
裏高尾 早春
午後から用事があるので、午前中裏高尾の林道を散策した。
梅が満開だった。
e0167571_1118727.jpg

キクザキイチゲも咲いていた。
e0167571_11182412.jpg

小さな流れにミヤマセセリがやって来た。
e0167571_11184060.jpg
e0167571_11185053.jpg
少なくとも3雄はいて、時に激しく追飛していた。まだこの狭い範囲でしか目撃できなかった。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-03-21 11:21 | チョウ | Comments(2)
新生蝶3種
日曜日は晴天で風も弱い予報。遅まきながら新生蝶を撮りに先ずは入間川へ。
堤防を登ると、土手にはたくさんのモンキチョウが飛んでいた。
e0167571_1935557.jpg
e0167571_19361038.jpg

ベニシジミも発生していた。
e0167571_19362581.jpg

山手に転戦する。banyanさん浅間の煙さんもやって来られた。ここでもモンキチョウとベニシジミ。このモンキは前翅黒斑の中の黄色い紋が発達していた。
e0167571_19364583.jpg
そしてヤマトシジミは毎年此処の発生がとても速いという。標高170mあるのに平地よりずっと早いらしい。既に擦れ気味である。
e0167571_1937218.jpg
日のあたる急斜面が羽化を早めているのだろうか。
モンキはさすがに初見記録更新には遠く及ばなかったが、ベニシジミとヤマトシジミの2月の撮影は初めてだった。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-02-24 19:43 | チョウ | Comments(5)
大寒の越冬蝶
1月のモンキチョウはまだ撮影出来ていないので、日曜日に毎年春先訪れる川越市に出かけた。My初見記録は2月11日だ。さすがに大幅な記録更新というわけにはいかなかったが、お会いしたダンダラさんと霧島緑さんからムラサキ兄弟(ムラサキシジミ、ムラサキツバメ)とウラギンシジミの越冬を教えていただいた。
e0167571_23544283.jpg

ムラサキツバメのメスが広い範囲を飛び回っていた。クヌギの枯葉には5頭が生き残っていたが、飛び出したのはこの1メスだけだった。翅の擦れも少なく、複眼が青緑をしたかなりの別嬪さんだった。
e0167571_2355819.jpg
e0167571_23552069.jpg
しばらく飛び回った後ねぐらに戻った。2匹並ぶと複眼の色の違いがよくわかる。
e0167571_23553237.jpg

今年もジャコウアゲハの越冬幼虫が撮れた。
e0167571_23555373.jpg

モンキにはもう少しかかりそうですが、お二人ともいろいろ教えていただきありがとうございました。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-01-25 00:04 | チョウ | Comments(6)
都心の公園 小春日和
都心の公園にムラサキツバメを探しに出かけた。
なかなか出てきてくれなかった。というより1時間以上蝶影は全くなし。
やっとのこと家内がムラツを見つけた。地面で吸水中。
e0167571_19492736.jpg
よく見つけたものだ。これに気付いてくれなかったらヌルだった。
地面での吸水シーンは初めて撮った。
e0167571_19503287.jpg

それにしても超新鮮!最近羽化した5化なのだろうか。
日も当たっているので開翅を期待して待つもまったくその気なし(泣)。
ストロボを当ててもLEDライトでも動じない。
ということで、飛び去りを覚悟でベストモーメントキャプチャーモード飛び立ちを狙う。
何とかWEBレベルではごまかせるカットをいくつか。
e0167571_19512353.jpg

一瞬こんな風に逆さになることもあるんだね(笑)。
e0167571_19524068.jpg

不思議なことに飛んでもすぐに近くに下りて吸水を再開する。20分ほどしたら高みに飛び去った。
ムラサキシジミは雄雌とも見られた。
e0167571_19531984.jpg
e0167571_19533524.jpg
アキアカネも元気だった。
e0167571_19535038.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2018-11-25 19:55 | チョウ | Comments(4)
あちこちに
やはり10日ほど前になるが、福岡に行く機会があった。撮った写真は↓のみ。
e0167571_22245239.jpg

クマソは今年も各所に侵入しているようだ。
後翅が大きく破損しているが他にも複数目撃した。あたりに蘇鉄は全く見当たらなかった。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-10-30 22:25 | チョウ | Comments(0)
都会の傍で
関西に行く機会があったので、午前中に短時間シルビアシジミを見に行った。房総半島の一部でも知られているが、ここのシルビアも食草転換の結果、シロツメクサやヤハズソウを食べて育つという。
歩き始めて20分ほどで運よくいいポイントを見つけたのだが、ほかの場所を探して無駄に時間を費やしてしまったのがまずかった。初めの場所に固執すればよかった。
その場所は河川敷の土手。本来の自然など全く残っていない。やや背の高い草の中にシロツメクサが生えている。ここではシルビアが最優先種で、ヤマトシジミやツバメシジミよりずっと多い。しかし範囲はとても狭く、数十メートル歩くと全くいなくなる。少し離れたシロツメクサやヤハズソウの密度が高い場所で全くいなかったのが不思議だ。もちろん本来の食草であるミヤコグサは全然生えていない。
気温が上がる前には盛んに開翅してくれたが、日が高くなってから戻ると、開翅どころかほとんどとまらなくなった。
e0167571_214113.jpg
e0167571_21412841.jpg
e0167571_21414148.jpg

これがいちばん新鮮だった個体かな。
e0167571_21415266.jpg

この場所ならではの広角写真やシロツメクサへの産卵、そして卵や幼虫も撮りたかったが、とにかく時間がなくて後ろ髪を引かれる思いで切り上げた。ふらっと行ってポイントが見つかっただけでもラッキーだったのかもしれない。ここならまたいつか訪れる機会があるかもしれない。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-10-03 21:43 | チョウ | Comments(4)
彼岸花咲く河川敷
3連休は月曜日に時間がとれたが、天気予報が良くないので遠出は諦めた。しかし起きてみると青空が広がっている。
そこで朝食をゆっくり食べてヒガンバナを見に行くことにした。この河川敷は初めての場所である。
e0167571_2132819.jpg
ヒガンバナは5分咲きほどだったが、萎れて色褪せた花がないので清々しい。土手一面に咲いているが、人は少なく、ほとんど地元の方たちの様だった。
柑橘系の樹はないので黒系アゲハは最初から期待していなかった。キアゲハとアゲハが飛び回っていた。
e0167571_2135765.jpg
e0167571_214949.jpg
e0167571_2142669.jpg
e0167571_2143511.jpg
ジャコウアゲハが産卵に訪れた。
e0167571_2145287.jpg
草の間に潜り込んで30秒ほどの間に5卵産んだ。
e0167571_2151186.jpg
e0167571_2152337.jpg

コムラサキとギンイチモンジセセリもいたけど撮れなくて残念だった。
e0167571_2153839.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2018-09-17 21:07 | チョウ | Comments(6)
| ページトップ |