人気ブログランキング |
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...
最新の記事
海辺のクロツなど
at 2019-09-03 20:38
蟻と共に -2-
at 2019-08-23 23:14
晩夏の富士山麓
at 2019-08-17 18:01
蟻と共に -1-
at 2019-08-14 12:46
猛暑の里山
at 2019-08-08 22:31
4年ぶりのぶら下がり
at 2019-08-04 21:59
何故かメスばかり
at 2019-07-22 22:15
雨と霧の中で
at 2019-07-18 22:40
傘マークの合間に
at 2019-07-14 19:31
洗礼の日
at 2019-07-09 23:29
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
2019 浅間暮らし(ヤ...
最新のコメント
mikiosuさん、この..
by dragonbutter at 23:13
こんにちは。 クロシジ..
by mikiosu at 07:04
banyanさん、コメン..
by dragonbutter at 15:54
僕も幼虫はかなりの数を観..
by banyan10 at 19:08
タグ
(171)
(149)
(132)
(78)
(75)
(72)
(66)
(64)
(64)
(44)
(38)
(35)
(19)
(19)
(13)
(12)
(11)
(11)
(11)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:チョウ( 233 )
Top▲ |
蟻と共に -2-
標高を下げて今季2度目となるクロシジミのポイントへ。
オスの開翅が撮りたかったが、標高が低いし、時期的にきれいなオスは元々望み薄だった。
探し始めてすぐに最初のメスが飛び出した。
e0167571_2372844.jpg
しかしあとが続かず結局♀×2のみだった。
やはり出現末期と思われた。
密かに撮りたかったのが幼虫。時期的には孵化していてもおかしくない。ヨモギは大きく成長しており、前回産卵を撮影したあたりを探しても幼虫はおろか卵も見つからない。100株はチェックしたと思うが諦めムード。最後に今日メスが飛び出したあたりのヨモギをチェックしていたら卵のある株を見つけた。
e0167571_237583.jpg
すべて穴の空いた卵殻である(写真は隣のススキにあった卵殻)。どうせならみき♂さんに穴の開いてない卵をお見せしたかったな、でもひょっとしたら・・・などと思いながらその株をチェックしていると・・・。
何と小さな幼虫が育っていた。2齢か3齢だと思う。4匹かたまっているものも。
e0167571_2385121.jpg
小さなアリも写っている。
e0167571_239699.jpg
二人で喜んでバシバシ撮っていたら、近くでアリが幼虫を咥えて茎を下りているではないか。
e0167571_2392549.jpg
脇目もふらずに移動するので辛うじて何とか撮れたものは1カットのみ。
やったー、アリが幼虫を巣に運ぶところが撮れたぞ!
しかしちょっと待てよ。クロシジミを育てるのはクロオオアリではなかったか。これはずっと小さなアミメアリ(多分)(帰宅後判明)。アミメアリは定住巣を作らないという。だとするとこの幼虫の運命は?謎は深まるばかり。
可能性としては、①巣まで連れていかれるが、定住巣がないため早晩置いてきぼりを食らう。②途中で見捨てられる。③アリの餌となる。
いずれにしてもこの幼虫に幸せな未来はなさそうでかわいそうだ。
アミメアリに関しては面白い研究があり、ムラサキシジミの幼虫はアミメアリに蜜を与えることで、アリの脳内物質ドーパミンの働きを抑制し、ムラサキシジミの元に長くとどまり、しかもより攻撃的になって幼虫を天敵から防衛するのだという(Current Biology 25, 2260–2264, 2015)。
クロシジミの幼虫もクロオオアリに限らず、他の蟻の行動にも何らかの影響を与えているのかもしれない。
後日みき♂さんがもっと素敵な写真を載せられると思います。
蟻の同定が間違っていたら、またこんなシーンを見た方がおられましたらご教示ください。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-08-23 23:14 | チョウ | Comments(4)
晩夏の富士山麓
13日はみき♂さんと富士山の裾野へ出かけた。
見たかった蝶がいなかった一方で予想外の蝶に会えたりした。
ヤマキチョウを久しぶりに撮りたかったけど天気がいまいちで出現せず。
うれしい出会いも多かった。
ここではクロシジミを初めて見た。擦れたオス。
e0167571_17572886.jpg

この後みき♂さんは新鮮個体を撮っておられる。
ヤマハギで吸蜜中のヒメシロチョウ。
e0167571_17574938.jpg

湿った道路ではヤマトスジグロシロチョウやキチョウと共にヒメシロチョウも吸水に集まった。
e0167571_17581050.jpg
e0167571_17582060.jpg

ミヤマシジミの吸水は初めてかも。
e0167571_17583333.jpg

食草のコマツナギでも吸蜜。
e0167571_17585090.jpg

ミヤマチャバネセセリの吸い戻し。
e0167571_17591368.jpg

これ、結構嬉しかった。
最後にゴマシジミが撮れた。
e0167571_17593352.jpg

毎度のことですが、みき♂さんに見つけてもらったものが多いです。
この後転戦先でもちょっとした出会いがあった。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-08-17 18:01 | チョウ | Comments(4)
何故かメスばかり
土曜日は富士山方面へ行ってみた。
最初の高原では雨。止み間に散策するも蝶はほとんど飛ばす。
コキマダラセセリが出始めでとても新鮮だった。
e0167571_2284563.jpg
イヌゴマ(多分)での吸蜜。
e0167571_229239.jpg

その後クロシジミのポイントに移動。1匹目を見つけるのに今まで以上に時間がかかって焦ったけど、何とか今年も発生を確認できた。
e0167571_2210091.jpg
e0167571_2210253.jpg
e0167571_22104096.jpg

産卵が撮れたのは11年ぶりのこと。今回もヨモギへの産卵。
e0167571_22105725.jpg
必ずクロオオアリのいるヨモギに産み付ける。
これは産卵前に触角を動かしてアリの気配を探っているところ。
e0167571_22111565.jpg
産卵はアブラムシとアリのいる限られた株に集中するため、そんな株では沢山の卵がみつかる。
e0167571_22113187.jpg

ポイントが近ければ孵化した若齢幼虫の観察もできるのだが・・・。
ここでは富士山バックの写真が撮れることを初めて知った。
e0167571_2211483.jpg
レンズとカメラを換えればもっといいカットが撮れるかも。
今では希少種と言われるウラギンスジヒョウモンが見られるのもここでの楽しみの一つ。
e0167571_2212459.jpg

どうもクロシジミのオスとは相性が悪く、夕方まで粘ったが今年は目撃すらできなかった。きれいな開翅が撮れるのはいつになるのだろうか(泣)。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-07-22 22:15 | チョウ | Comments(4)
雨と霧の中で
連休最終日は曇りの予報。
少しは晴れることを期待してHさんと群馬方面へ。
しかしこの日は予報以上に天気が良くなく、最初のポイントは霧と雨。枝をシバいてもバラバラと雨露が落ちてくるだけ。時々雨宿りのアキアカネが驚いて飛び出すが、蝶はさっぱり。
転戦すると雨は止んだものの、濃い霧が時々立ち込める。
草原ではホシミスジが飛び出す。
e0167571_22354790.jpg

ヒメシジミがこんなに新鮮。
e0167571_2236342.jpg
例年より蝶の発生がだいぶ遅い。
カシワの枝でウスイロオナガシジミが飛んだ。随分と不活発。
e0167571_22361878.jpg

ゆっくりと翅を広げ始めた。
e0167571_22362817.jpg
e0167571_22363927.jpg

ウスイロの撮影は2回目。前回は完品だったけど開翅せず。今回は開翅は見せてくれたがチャームポイントの尾状突起の片側が途中から欠けている。なかなかうまくいかないものだ。前脚の形体より♂と判断した。
ウラギンヒョウモンが飛んで来てカシワの葉裏にとまった。
e0167571_22381638.jpg
霧が立ち込め始めたのでこのまま夜を明かすのかもしれない。
Hさん、悪天候の中、お付き合いいただき恐縮でした。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-07-18 22:40 | チョウ | Comments(4)
傘マークの合間に
今年はオホーツク海高気圧の勢力が強く、関東では記録的な低温・日照不足。東京では17日間も日照時間が3時間未満の日が続き、1988年(昭和63年)以来、31年ぶりの記録だそうな。平成でも一度もなかったことだ。この先も週間天気予報のお日様マークがない!
しかし連休初日は少し日が射しそうなので、信州の農機具メーカーのオオムラサキ観察会に出かけた。現地でFさんと待ち合わせ、一緒に廻る。他にもお馴染みの撮影者の方々が多数来られていた。
そのオオムラサキ、数年前のマイマイガの大発生でエノキも大きな食害を受け、個体数の減少が続いたが、今年は回復し、去年の3倍の発生数だという。
e0167571_19192893.jpg

オオムラサキのまともな撮影は実に6年ぶり。
これは地上に降りて獣糞の所に翅をパタパタさせながら近づくところ。
斑紋の黄色みの強い超別嬪さんが撮れた。腹部の太さも大迫力!
e0167571_1920239.jpg

これはしつこいオスの求愛を逃れて一息ついているところ。
自然状態での蛹も撮れた。時期的にメスだろうか。
e0167571_1920208.jpg

見事な保護色。自分では絶対見つけられない!
キマダラモドキの撮影は8年ぶり!
e0167571_19203560.jpg
e0167571_19204613.jpg

Fさんの帽子にとまった(笑)。
e0167571_1921079.jpg
やや擦れていたが、ヘリグロチャバネセセリが撮れた。上がオス、下がメス。
e0167571_1928454.jpg
e0167571_1929129.jpg

去年観察できたムモンアカシジミとスジグロチャバネセセリは残念ながら未発生の様だった。
この後群馬の高原に転戦。予想通り蝶の発生は遅れていた。そんな中撮れた新鮮個体。
ヒョウモンチョウ飛び立ち
e0167571_19212066.jpg

フタスジチョウ
e0167571_192130100.jpg

ヤマキマダラヒカゲ飛び立ち
e0167571_192143100.jpg
Fさん、お世話になりました。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-07-14 19:31 | チョウ | Comments(4)
ミツバウツギに来る春の蝶
もう一回分八重山が残っていますが一休み。
埼玉の春の蝶を。
ミツバウツギに来た蝶達。
上からウスバシロチョウオス、ウスバシロチョウメス(スフラギスが付いている)、ベニシジミ、ミヤマセセリ、ホソオチョウメス
e0167571_21514457.jpg
e0167571_2152250.jpg
e0167571_21523075.jpg
e0167571_21524538.jpg
e0167571_21525977.jpg

2匹のウスバシロが並んで吸蜜。
e0167571_21531097.jpg

久しぶりにジャコウアゲハもじっくり撮れた。
e0167571_21532387.jpg
e0167571_21534346.jpg

産卵も撮れた。3卵産んであった。
e0167571_21535790.jpg
e0167571_2154818.jpg

ダンダラさん、maximiechanさん、お世話になりました。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-04-29 21:55 | チョウ | Comments(2)
Blue達と遊ぶ
土曜日はやはり東京都下の林道へ。
数日間寒の戻りがあって、季節の歩みが止まっていたが、この日は暖かくなった。
澄んだ流れにはヤマメの群れ。
e0167571_18545394.jpg

林道に滲みだした水場や渓流には沢山のスギタニルリシジミ。ちょうど最盛期だったようだ。開翅してくれたのは1個体のみ。破れた翅が写らない角度から(笑)。
e0167571_18551012.jpg

花があまり咲いていないのでひたすら飛び立ちを狙う。
e0167571_18553284.jpg
e0167571_1857155.jpg
e0167571_18571224.jpg
e0167571_18572224.jpg
e0167571_18573657.jpg

泥道の轍にできた盛り上がった土に4匹のスギルリが集まっていた。
e0167571_192112.jpg

ルリシジミも何匹か飛来。
e0167571_18575163.jpg
e0167571_1858078.jpg

ルリタテハは何故か車の屋根がお気に入りだった。
e0167571_1904855.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2019-04-07 19:03 | チョウ | Comments(2)
のどかな春の一日
日曜日は朝冷え込んだが、日中は良い天気になりそうなので、みき♂さんと埼玉方面に春の蝶を探しに出かけた。
先ずは山手に。スギタニルリシジミが1匹だけ飛んでいた。いつもは吸水シーンが多い中で、オオイヌノフグリでの吸蜜が撮れた。
e0167571_22371475.jpg
e0167571_22374172.jpg

今日は開翅の気配がないので飛び立ちを狙った。
e0167571_2238344.jpg

山から下りた先の公園では多くの撮影仲間とお会いでき、とても楽しかった。
ミヤマセセリ、コツバメ等撮影できたが、トラフシジミを撮れなかったのは残念だった。
e0167571_22383048.jpg
e0167571_22384114.jpg
e0167571_22401717.jpg
e0167571_22432338.jpg

コツバメの飛び立ちはオス、メスとも撮れた。
e0167571_22424648.jpg
e0167571_2240571.jpg
メス(下)の方が青い範囲が広いようだ。
2匹が仲良くとまっているシーンが撮れた。
e0167571_2243855.jpg
背景が翅と似た色だったのが残念だが、すぐに飛ばれてしまってそこまで考える余裕はなかった。
のどかな一日を過ごすことができた。
みき♂さん、お疲れ様でした。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-03-25 22:48 | チョウ | Comments(8)
裏高尾 早春
午後から用事があるので、午前中裏高尾の林道を散策した。
梅が満開だった。
e0167571_1118727.jpg

キクザキイチゲも咲いていた。
e0167571_11182412.jpg

小さな流れにミヤマセセリがやって来た。
e0167571_11184060.jpg
e0167571_11185053.jpg
少なくとも3雄はいて、時に激しく追飛していた。まだこの狭い範囲でしか目撃できなかった。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-03-21 11:21 | チョウ | Comments(2)
新生蝶3種
日曜日は晴天で風も弱い予報。遅まきながら新生蝶を撮りに先ずは入間川へ。
堤防を登ると、土手にはたくさんのモンキチョウが飛んでいた。
e0167571_1935557.jpg
e0167571_19361038.jpg

ベニシジミも発生していた。
e0167571_19362581.jpg

山手に転戦する。banyanさん浅間の煙さんもやって来られた。ここでもモンキチョウとベニシジミ。このモンキは前翅黒斑の中の黄色い紋が発達していた。
e0167571_19364583.jpg
そしてヤマトシジミは毎年此処の発生がとても速いという。標高170mあるのに平地よりずっと早いらしい。既に擦れ気味である。
e0167571_1937218.jpg
日のあたる急斜面が羽化を早めているのだろうか。
モンキはさすがに初見記録更新には遠く及ばなかったが、ベニシジミとヤマトシジミの2月の撮影は初めてだった。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-02-24 19:43 | チョウ | Comments(5)
| ページトップ |