人気ブログランキング |
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
more...
最新の記事
北のトンボのヤゴ達 -1-
at 2021-01-24 21:26
擬木柵の上で(その2)
at 2021-01-17 20:37
擬木柵の上で
at 2021-01-11 17:59
新年のご挨拶
at 2021-01-01 00:00
冬を越す蝶、越せぬ蝶
at 2020-12-27 21:44
小春日和に越冬蝶観察
at 2020-12-12 13:51
木枯らしに負けずに
at 2020-12-05 23:44
河川敷を歩く
at 2020-11-27 23:05
近場の公園巡り
at 2020-11-23 22:50
懲りずにアオタテハモドキ
at 2020-11-16 23:09
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2021 浅間暮らし
最新のコメント
himeooさん、あけ..
by dragonbutter at 20:21
ダンダラさん、あけまして..
by dragonbutter at 20:19
霧島緑さん、あけまして..
by dragonbutter at 20:15
cactussさん、あ..
by dragonbutter at 20:14
タグ
(199)
(167)
(142)
(87)
(78)
(78)
(73)
(70)
(69)
(49)
(38)
(36)
(24)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(11)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:チョウ( 267 )
Top▲ |
冬を越す蝶、越せぬ蝶
僕は例年冬に一度か二度風邪をひく。仕事を休むほどではないけど、今年はそうはいかない。下手に出勤して、もし新型コロナだったら大変なことになるのでうかつに風邪もひけない。今のところインフルエンザは新型コロナの予防対策がなされているためか、海外との往来が減っているためか、例年に比べて激減した状況が続いてくれている。
蝶にとっても冬は試練の季節。幼虫で越冬する蝶を探した。近くの公園でエノキの落ち葉をひっくり返してみたらすぐにゴマダラチョウの越冬幼虫が見つかった。
冬を越す蝶、越せぬ蝶_e0167571_21282843.jpg
冬を越す蝶、越せぬ蝶_e0167571_21284532.jpg
この公園では外来種のアカホシゴマダラの方が優勢であるが、ゴマダラチョウもしっかりと発生を繰り返している。
コムラサキの越冬幼虫を長年見つけたいと思っていた。今年は多摩東部の公園で第1化の産卵と第2化の幼虫を撮影できた。そのポイントへ行ってみた。ここは樹高せいぜい5m程の貧相なジャヤナギが2株。湿地の奥にはもっと生えているかもしれないが立ち入りは憚られる場所だ。夏見つけた幼虫の数は少なかったのであまり期待はしてなかった。越冬幼虫はとても小さいとのことで、メガネの上からハズキルーペをかけたり、裸眼になったりして探すこと15分。幹にできた溝で発見。
冬を越す蝶、越せぬ蝶_e0167571_21310394.jpg
冬を越す蝶、越せぬ蝶_e0167571_21312289.jpg
冬を越す蝶、越せぬ蝶_e0167571_21313638.jpg
見事な保護色。一度目を離すと見失いそうなので近くの小枝にティッシュペーパーを巻き付けてカメラを撮りに行く。長さは1cmくらいかな。溝に沿って体を曲げている。高さは約1m。北西に向いていた。もう1本の株からも1匹発見。こちらは南向きだった。
冬を越す蝶、越せぬ蝶_e0167571_21324042.jpg
冬を越す蝶、越せぬ蝶_e0167571_21350672.jpg
イチモンジセセリは関東南部では越冬可能であるが、寒さや除草などの農作業で春まで生き残る幼虫はとても少ないようだ(2000 関東東山病害虫研究会報 第47集)。下は死亡していた2幼虫とその越冬巣です(最初がススキ、次がヨシ)。
冬を越す蝶、越せぬ蝶_e0167571_21353756.jpg
冬を越す蝶、越せぬ蝶_e0167571_21355381.jpg
冬を越す蝶、越せぬ蝶_e0167571_21360454.jpg
冬を越す蝶、越せぬ蝶_e0167571_21361267.jpg
最初の例では寄生昆虫と思われる蛹?がいるようだ。
下は12月中旬時点で無事の巣と幼虫(ススキ)。
冬を越す蝶、越せぬ蝶_e0167571_21363650.jpg
冬を越す蝶、越せぬ蝶_e0167571_21364900.jpg
以後寒中に少しでも巣を開くことは致命的となりかねないので自粛している。
長くなりましたが今年の更新もこれが最後でしょう。きわめて強力な年末寒波がやってくるようです。我々も何とか無事に年を、また冬を越したいものです。

Top▲ | by dragonbutter | 2020-12-27 21:44 | チョウ | Comments(0)
小春日和に越冬蝶観察
先週末はダンダラさんが観察を続けておられる埼玉の公園へ越冬蝶を見に行った。現地には既にダンダラさんご夫婦の他に霧島緑さんbanyanさんがお集まり。
以下全部教えていただいたものです。クヌギの枯葉で越冬中のムラツの集団。
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13392097.jpg
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13394118.jpg
何頭いるだろう?10頭以上は確実。久しぶりに見る集団だ。
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13401340.jpg
気温が上がって飛び回る個体も。
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13404734.jpg
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13430576.jpg
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13441123.jpg
あまりいい角度で捕えられない。
マテバシイで越冬中の4頭のムラシ。ちゃんと茶色くなった場所に集まっている。
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13444566.jpg
サザンカの葉裏でウラギンシジミが3頭越冬中。
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13455729.jpg
逆方向に回り込むとサザンカの花を背景に撮れた。
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13463198.jpg
短い時間であったが楽しい撮影会だった。皆さんお世話になりました。

Top▲ | by dragonbutter | 2020-12-12 13:51 | チョウ | Comments(8)
近場の公園巡り
新型コロナウイルスの感染拡大がとまらない。すぐ近くの小学校や病院でもクラスターが発生し、ひたひたと身近に迫っていると実感する。連休は3日とも好天に恵まれたので、感染予防に注意しつつ近場の屋外を楽しんだ。
近くの公園で経過観察中のイチモンジセセリの幼虫は残念ながら姿を消してしまったが、すぐ近くでもう1つ巣を見つけた。
近場の公園巡り_e0167571_22341480.jpg
少しだけ開いて撮らせていただく。
近場の公園巡り_e0167571_22355728.jpg
別の公園ではいつものユキヤナギにホシミスジの越冬巣を4巣見つけた。まだ緑色の残っている巣もある。
近場の公園巡り_e0167571_22360838.jpg
翌日は更に別の公園へ。去年と代わり映えしないけど、ツワブキに来た蝶達。上からアゲハ、ウラナミシジミ、キタキチョウ、チャバネセセリ、ツマグロヒョウモン、ヤマトシジミ。
近場の公園巡り_e0167571_22413608.jpg
近場の公園巡り_e0167571_22415478.jpg
近場の公園巡り_e0167571_22421341.jpg
近場の公園巡り_e0167571_22422430.jpg
近場の公園巡り_e0167571_22423529.jpg
近場の公園巡り_e0167571_22424665.jpg
近場の公園巡り_e0167571_22425508.jpg

最後は白斑の小さなウラギンシジミ雌。
近場の公園巡り_e0167571_22434194.jpg
図鑑によれば秋型で翅表の斑紋が発達するとあるが・・・(原色日本蝶類図鑑)?。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-11-23 22:50 | チョウ | Comments(0)
懲りずにアオタテハモドキ
アオタテハモドキのその後を確認したくてもう一度だけ行ってみることにした。別の場所でロケハンをしてからだったので到着が12時過ぎとなった。banyanさんが来ているはずなので携帯に電話して合流。撮影出来たという南向きの斜面にもう一度戻っていただく。前回撮った場所からは直線で500m以上離れた所だった。
懲りずにアオタテハモドキ_e0167571_22565071.jpg
懲りずにアオタテハモドキ_e0167571_22570942.jpg
やはり擦れたオスだったけど今回は閉翅が撮れた。
懲りずにアオタテハモドキ_e0167571_22572829.jpg
翅を閉じると枯葉そっくりの色なので目を離すと見失ってしまう。成虫はかなり冷え込んでも生き残れるようだ。でもどの発育段階でも越冬は無理だろうからそろそろ見納め。
家の近くの公園に寄ってから帰った。8日前にイチモンジセセリと思われる幼虫を見つけてその後が気になったので。前回はヨシの葉でこんな巣をつくっており、開くと若齢幼虫がいた。
懲りずにアオタテハモドキ_e0167571_22574980.jpg
懲りずにアオタテハモドキ_e0167571_22580402.jpg
懲りずにアオタテハモドキ_e0167571_23062119.jpg
まだ顔の模様が未熟で、同定に少し不安があった。幸い生き残っていて、中齢になっていた。繭のような巣を作っていた。
懲りずにアオタテハモドキ_e0167571_22591390.jpg
体長2cm程だろうか。イチモンジセセリ特有の顔になっていた。
懲りずにアオタテハモドキ_e0167571_23065559.jpg
東京の平地なら少数は越冬可能と思うので、出来れば今後観察を続けたい。ちなみに非越冬幼虫の終齢は5齢であるが、越冬幼虫では6-8齢という過剰脱皮が起きるそうだ(原色日本蝶類生態図鑑)。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-11-16 23:09 | チョウ | Comments(4)
初冬の愛鷹山
脚力が落ちているので秋のうちにどこかの山に登っておこうと思っていた。巻機山、上州武尊あたりを考えていたが、所用や悪天候で延期していたら雪も降り、もう登れる季節ではなくなってしまった。そこで標高をぐっと下げて愛鷹山の越前岳にした。
予報も晴れなのできっと富士山がきれいに見えるだろうと思って。ところが麓の駐車場に着くと予報に比べて雲が多く、富士山が見えるどころか越前岳も雲に隠れていた。
熊笹の樹林帯を登っていく。
初冬の愛鷹山_e0167571_22462766.jpg
山頂はガスで眺望もなく、あられが降ってくる始末。
とても寒いのでおにぎりを食べて、お地蔵さんに手を合わせてさっさと下山。
初冬の愛鷹山_e0167571_22475523.jpg
初冬の愛鷹山_e0167571_22480834.jpg
標高差が650mで体力的にはちょっと物足りなかったけど、麓では日が射してススキの原がとてもきれいだった。
初冬の愛鷹山_e0167571_22491721.jpg
初冬の愛鷹山_e0167571_22482537.jpg

のっぺりとした山頂も顔を出した。
初冬の愛鷹山_e0167571_22495532.jpg

まだ12時前なのでこれで帰るのはもったいない。そこで神奈川でクロマダラソテツシジミを探して帰ることにした。9年前に沢山の羽化直が蘇鉄の株から湧き出るように出てきた場所。今回は着いたのが午後3時前。雲が多くて気温も低め。飛んでいるのは2頭見ただけ。それでも羽化直が7頭とまっている蘇鉄があった。
初冬の愛鷹山_e0167571_22501690.jpg
そのうち1頭は翅が伸びない羽化不全だった。
初冬の愛鷹山_e0167571_22504654.jpg
別の株の下に翅を閉じることのできないきれいな青メスがいた。
初冬の愛鷹山_e0167571_22510730.jpg
ほとんど飛べないみたい。気温が下がると羽化失敗も増えるのだろうか。記念撮影をして蘇鉄の葉に載せてあげたがその後どうなっただろうか。
初冬の愛鷹山_e0167571_22514496.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2020-11-12 22:54 | チョウ | Comments(0)
初秋の秩父へ
先週末、天気は期待できないけどHさんと秩父方面へ出かけた。最初に立ち寄ったところは結局ロケハンで終わったが、クロコノマチョウが飛び出した。
初秋の秩父へ_e0167571_17383201.jpg
ヒガンバナの他にユウゲショウ(帰化植物)やノハラアザミが咲いていた。
初秋の秩父へ_e0167571_17420988.jpg
初秋の秩父へ_e0167571_17421528.jpg
クロツバメシジミのポイントではツメレンゲの花には早いことはわかっていたが、クロツは期待していたより随分少なかった。そのかわり見つけたものは全て新鮮だった。漆黒の蝶は擦れが目立つが、今回はほぼ完璧な個体が多かった。
オスはツメレンゲには避けているかと思うほどとまってくれなかった。
初秋の秩父へ_e0167571_17443326.jpg
初秋の秩父へ_e0167571_17444047.jpg
初秋の秩父へ_e0167571_17444587.jpg
初秋の秩父へ_e0167571_17445003.jpg
一方でメスはしきりに産卵動作を繰り返した。
初秋の秩父へ_e0167571_17460716.jpg
初秋の秩父へ_e0167571_17461383.jpg
クロツサイズの卵となると僕の機材ではこれが限界かも。
初秋の秩父へ_e0167571_17471552.jpg
Hさん、fushiginomoriさん、naguさん達ご一行様、お世話になりました。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-10-11 17:50 | チョウ | Comments(2)
初秋の会津 -その2-
前回からの続き。茅葺き屋根の民家が並ぶ前沢曲家集落。
初秋の会津 -その2-_e0167571_11234980.jpg
山間の湿地ではヒョウモン類が盛んに産卵していた。ウラギンヒョウモンは腹部が隠れてしまい卵も確認できなかった(泣)。
初秋の会津 -その2-_e0167571_11244368.jpg
オオウラギンスジヒョウモンの産卵は3回目撃。1回目、ミズゴケの仲間に確かに産卵したと思ったが、どうしても卵が見つからず。
初秋の会津 -その2-_e0167571_11252746.jpg
2回目、ホタルイの仲間?に2卵産んだことを確認。
初秋の会津 -その2-_e0167571_11262398.jpg
初秋の会津 -その2-_e0167571_11262995.jpg
この日3度目のオオウラギンスジヒョウモン。シバの枯葉に卵を確認。プリン型をしたきれいな卵だ。
初秋の会津 -その2-_e0167571_11265577.jpg
初秋の会津 -その2-_e0167571_11265924.jpg
マダラナニワトンボは消化不良だったが、ヒョウモン類の産卵日和だった。会津の懐の深さを改めて実感した旅でした。

Top▲ | by dragonbutter | 2020-09-27 11:28 | チョウ | Comments(2)
森の餃子
今週末も天気が悪かった。あるトンボのいる河川へ行きたかったが、少し増水すると流されそうな場所なので諦めた。
多少雨が降っても構わない遠くない場所、、、ということで多摩東部の公園で幼虫探し。6月にスミナガシの若齢幼虫がいたアワブキ。残念ながらそれらしい食痕は複数見つけたが幼虫はいなかった。このまま手ぶらで帰るのは悔しいのでちょっと離れた場所のアワブキに移動。ここは実績がないのであまり期待していなかったが、すぐに枯葉を丸めた細長い餃子のような巣を発見。
森の餃子_e0167571_23444945.jpg
かなりの大きさなので「具」も入っていればそれなりのサイズではないかと期待。引き寄せた枝を妻に持ってもらいそっと開くと・・・いた!
森の餃子_e0167571_23460292.jpg
丸々と太ったアオバセセリの終齢幼虫だ。
森の餃子_e0167571_23462933.jpg
成虫のサイズから考えるとあまりに大きな幼虫だ。日本で最も美しい(虫嫌いには最もキモイ)蝶の幼虫のひとつだろう。
別の枝にはまだ緑色の餃子が見える。
森の餃子_e0167571_23465334.jpg
アオバセセリの巣であることは確実であるが、残念ながら高さと急な崖のため近寄れなかった。平らな場所に生えた幼木がみつかるといいんだけど。
帰りに寄ったお寺の白萩(ミヤギノハギ)は1分咲き。若葉に無数のキタキチョウの卵があった。若齢幼虫もいた。
森の餃子_e0167571_23475460.jpg
よく見ると毛の先に小さな透明のしずくのようなものが見える。これは何のためのものだろう。外敵から身を守るためなのだろうか。
ルリシジミもあたりを飛んでいるので卵と幼虫を探すと・・・あれ?
森の餃子_e0167571_23490218.jpg
この卵はどうみてもウラギンシジミ。あまりハギは食樹として挙げられていないが、「飼育時に与えればマルバハギでも蛹化、羽化に至る」らしい(原色日本蝶類生態図鑑)。
この寺の掲示板が面白いと妻が教えてくれた。思わず吹き出してしまったのでここに載せておきますね。
森の餃子_e0167571_23493474.jpg
有名な古刹だけどユーモアがあるようで(笑)。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-09-16 00:20 | チョウ | Comments(2)
最後の砦?
オガサワラシジミが絶滅とのニュースが報道されました。
域外保全に携わってこられた日本チョウ類保全協会をはじめとする関係者の方々は断腸の思いであろうと思います。あの青く輝く翅をもつシジミチョウが地球から消滅したと思うと言葉もありません。
しかし人知れず絶滅に追いやられている生物はたくさんいるのでしょうね。
素人の妄想ですが、保護区のどこかで、また調査の行き届いていない無人島で辛うじて命を繋いでいてくれることを祈ります。
やはり絶滅が危惧されている蝶のひとつがゴマシジミ。子供の頃、私の育った南信では、お盆の頃、少し山手に入ると労せず見られたものだ。1970年代までは・・・。
しかし生息地は次々と消失し、知る限り信州では松本市、長野市、木曽町に残るのみのようだ(八方尾根・白山亜種、いわゆる山ゴマは別として)。
しかし残存する産地とは飛び離れた南信の某所で、辛うじて行き残っていると聞いていた。ここのゴマは発生が遅いようで、去年は8月10日に行ったが未発生だった。
今年は発生情報を確認して22日に出かけた。出来れば朝の開翅が撮りたかったので朝4時過ぎに自宅を出る。
ここのゴマは全て青ゴマ。まだかなり新鮮な個体もいる。
最後の砦?_e0167571_212912.jpg

暑い日であったが、9時近くまでは開翅が見られた。
最後の砦?_e0167571_21291066.jpg
最後の砦?_e0167571_2129186.jpg
最後の砦?_e0167571_21292874.jpg
最後の砦?_e0167571_2132522.jpg

産卵中のメス。
最後の砦?_e0167571_21293758.jpg

卵はワレモコウの蕾の奥深くに産まれているので見にくい。
最後の砦?_e0167571_21294855.jpg

オスは翅表外縁の黒帯が狭く、青色部との境界が鮮明。
最後の砦?_e0167571_21301612.jpg

発生地はとても狭く、いつ消滅してもおかしくない。孤立化による遺伝的多様性の低下も心配である。来年以降もゴマシジミの飛ぶ風景が続くことを祈っている。
場所を変えて溜池の脇で発生のミヤマシジミをとって終了。
最後の砦?_e0167571_2131294.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2020-08-30 21:36 | チョウ | Comments(4)
奥能登へ –後編-
奥能登には魅力的な滝がいくつかある。
海に直接落ちる垂水の滝。
奥能登へ –後編-_e0167571_17445379.jpg

巨岩に丸く空いた穴から流れ落ちる桶滝。
奥能登へ –後編-_e0167571_1745789.jpg

夫婦のように寄り添って流れ落ちる男女滝(なめたき)。
奥能登へ –後編-_e0167571_17451851.jpg

奥能登といえば撮りたい蝶はクロコムラサキと並んでシルビアシジミ。北限のシルビア、そして海辺に生息するから海ビアとも呼ばれる。シルビアシジミ能登半島北西部亜種(Zizina emelina terukoae Kimura)とする論文も出ている(バタフライ・ サイエンス. 2016, 4, 20–33)。
撮影適期は秋口なのでちょっと厳しいかなと思っていた。
最初の場所ではミヤコグサが点々と咲いていたが、カタバミの方が多かった。飛んでいる青いシジミはなかなかとまってくれない。確認した限りヤマトばかり。小さく感じる中には少数のシルビアがいるのかもしれないが、暑い中これ以上ちょこまか飛び回るシジミを追い回す意欲がなくなって移動。
移動先の海辺ではミヤコグサがまとまって生えていた。飛んでいるシジミのほとんどがシルビア!新鮮個体も少数いる。
奥能登へ –後編-_e0167571_17471762.jpg
奥能登へ –後編-_e0167571_17472812.jpg
高温で開翅は期待できないので飛び立ちを狙う。ピカピカのオスだった。
奥能登へ –後編-_e0167571_1747419.jpg

卵はすぐに見つかったが幼虫はダメだった。
奥能登へ –後編-_e0167571_17475461.jpg

海背景の広角も撮れたが、差し支えなさそうなカットだけを。気にしすぎかもしれないけど。
奥能登へ –後編-_e0167571_174894.jpg
奥能登へ –後編-_e0167571_1748199.jpg

曇天なので夕日を入れての広角シーンは断念。
里山や里海の原風景を見るようで、とても心落ち着く旅だった。
奥能登へ –後編-_e0167571_17483219.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2020-08-23 17:51 | チョウ | Comments(4)
| ページトップ |