人気ブログランキング |
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
more...
最新の記事
北のトンボのヤゴ達 -1-
at 2021-01-24 21:26
擬木柵の上で(その2)
at 2021-01-17 20:37
擬木柵の上で
at 2021-01-11 17:59
新年のご挨拶
at 2021-01-01 00:00
冬を越す蝶、越せぬ蝶
at 2020-12-27 21:44
小春日和に越冬蝶観察
at 2020-12-12 13:51
木枯らしに負けずに
at 2020-12-05 23:44
河川敷を歩く
at 2020-11-27 23:05
近場の公園巡り
at 2020-11-23 22:50
懲りずにアオタテハモドキ
at 2020-11-16 23:09
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2021 浅間暮らし
最新のコメント
himeooさん、あけ..
by dragonbutter at 20:21
ダンダラさん、あけまして..
by dragonbutter at 20:19
霧島緑さん、あけまして..
by dragonbutter at 20:15
cactussさん、あ..
by dragonbutter at 20:14
タグ
(199)
(167)
(142)
(87)
(78)
(78)
(73)
(70)
(69)
(49)
(38)
(36)
(24)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(11)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:鳥( 14 )
Top▲ |
オオタカのヒナ
6月中旬、週末は雨が降ったりやんだり。仕方なく近くの公園を散歩する。
小雨の中ムスジイトトンボが産卵していた。
オオタカのヒナ_e0167571_2230117.jpg

何人かが上を見上げているので聞いてみるとオオタカのヒナだという。ヒノキの高いところに巣があって、だいぶ成長したヒナが時々顔を出した。
オオタカのヒナ_e0167571_22302286.jpg
とても撮りにくい場所で、遠くて小雨の降る暗いなか、いい写真はないが、トリミングして何とかみられるものを掲載。
しばらくすると甲高い鳴き声が響き渡り、親が戻ってきた。
オオタカのヒナ_e0167571_22304580.jpg
親子で写ったカットはこんなものだけだった。
それまでひなは1匹だと思っていたら、親が去ってから2匹並んでいた。
オオタカのヒナ_e0167571_22305747.jpg

無事巣立つといいな。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-06-22 22:32 | | Comments(0)
近場の散歩 その2
自宅から往復すると約1万歩になるところにS公園がある。公園の池ではカイツブリが元気に潜水していた。
近場の散歩 その2_e0167571_9251625.jpg

ゴイサギの幼鳥がじっと水面を眺めていた。
近場の散歩 その2_e0167571_9253022.jpg

至近距離で見つけたアオサギ。そっと近づいて・・・
近場の散歩 その2_e0167571_9254819.jpg
近場の散歩 その2_e0167571_926583.jpg

見事にタウナギをゲット。飲み込むのにちょっと苦労していた(笑)。
近場の散歩 その2_e0167571_9262221.jpg

別の場所で何人かが上を見上げている。一人が手招きして教えてくれた。ツミがいると。
近場の散歩 その2_e0167571_9264275.jpg
近場の散歩 その2_e0167571_9265179.jpg

若鳥だろうか、それともメスかな。300mmをもっていなかったことが悔やまれた。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-05-04 09:28 | | Comments(0)
ライチョウの喧嘩
この夏には北アルプスに登った。台風の接近やなんやらで、登頂と高山蝶の撮影は果たせなかったが、久しぶりのライチョウに会うことができた。
ライチョウは北半球の北部に広く分布するが、日本は分布の南限である。個体数は2000羽を切るまでに減少しているそうである。
更に、地球温暖化がこのまま進むと、ライチョウが生息可能な区域が今世紀末には0.4%にまで減少し、ほぼ絶滅に追い込まれるという。
ライチョウは人を恐れない。登山道は場所によっては格好の砂浴び場である。
ライチョウの喧嘩_e0167571_171393.jpg
登山者はこれを言い訳に小休止することになる。
ここには20mばかり離れて2羽のオスがいた。上にいたオスが厳しい表情で頭をもたげた。
ライチョウの喧嘩_e0167571_1733456.jpg

この後はあっという間の出来事だった。すごい勢いで下にいたオスに突進した。
ライチョウの喧嘩_e0167571_1791216.jpg
この後は僕の1眼では対応できず、妻がスマホでかろうじて撮った喧嘩のシーンを下に貼る。

喧嘩はあっという間に決着がついた。どうやら負けたのは仕掛けた方のようであった。勝ちどきを上げた後、さらにダメ押しの追跡が続いた。
非常に画質が悪いが動画を止めて切り出してみた。
ライチョウの喧嘩_e0167571_1711490.jpg
ライチョウの喧嘩_e0167571_17111559.jpg
ライチョウの喧嘩_e0167571_17112458.jpg
ライチョウの喧嘩_e0167571_17113417.jpg

ライチョウに会ったのは何年ぶりだろう。この鳥の行く末は我々人間次第なのだろうか。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-12-28 17:18 | | Comments(0)
真冬の公園にて
とっても寒くて休眠状態です。ヤゴの写真はちょこちょこ撮ってますが。
近くの公園ではソシンロウバイ(素心蝋梅)が咲いていました。なぜかうれしくなって何枚か写真を撮りました。
真冬の公園にて_e0167571_23312827.jpg
カワセミが魚を捕らえました。その瞬間はカメラの設定がヤゴを撮った時の絞り優先のままだった!獲物を飲み込んだ後まだ得意顔です(笑)。
真冬の公園にて_e0167571_23314820.jpg
もう少しすればセツブンソウが咲き始めるかな。
Top▲ | by dragonbutter | 2014-01-14 23:33 | | Comments(0)
雪と小鳥
今年に入って二度も風邪で体調を崩してしまった。今日も調子は完全でないので近くに買い物に出かけるだけにした。
いったん体調が回復した先週末は狭山丘陵に行って見たが、虫は見つからず、久しぶりに鳥にカメラを向けた。ルリビタキとオオタカがいたが写真は撮れなかった。
上からカシラダカ、ジョウビタキオス、ジョウビタキメス、セグロセキレイ。
雪と小鳥_e0167571_22534286.jpg
雪と小鳥_e0167571_22535747.jpg
雪と小鳥_e0167571_22541253.jpg
雪と小鳥_e0167571_22542473.jpg

ヨシの幹を夢中になってたたいていたコゲラはすぐ傍まで近づくことができた。
雪と小鳥_e0167571_22543642.jpg
雪と小鳥_e0167571_22544588.jpg

次の週末は土、日とも仕事、その次も私用で遠出がありゆっくり休めるのは3週間先だ。やれやれ。
Top▲ | by dragonbutter | 2013-01-27 22:57 | | Comments(2)
我が物顔
土曜日は小田原の日本チョウ類保全協会の集いに参加した。小田急線から見える真っ白な富士山がきれいだった。
我が物顔_e0167571_21411625.jpg
講演者は豪華メンバーだった。
我が物顔_e0167571_21431368.jpg
写真は渡辺康之氏のヒメチャマダラセセリに関する講演。最後の矢後氏によるブータンシボリアゲハの再発見の話も素晴らしかった。その後参加した懇親会では日本を代表する昆虫研究者であられる高橋真弓先生とお話しできる機会があった。10分ほどであったと思うが、キマダラヒカゲのヤマとサトの発見の経緯や房総のヤマキマダラについて、突然声をおかけした初対面の私に熱心にお話頂き感激した。
翌日は行きたい所はあったが、風邪が治って間もないし、そろそろしないといけないことがあったので家で過ごした。しないといけないこととはこれ。
我が物顔_e0167571_21434169.jpg
確定申告だ。ここ何年も職場の年末調整で済んでいたが、去年は長いこと空き家にしていた長野の家を譲渡したのと、家内が手術で医療費が10万を超えたので確定申告が必要になったのだ。田舎の家なのでたいした金額ではないのだが、譲与所得の申告が私にはえらく面倒で、賠償金を請求する原発事故の被災者の気持ちが少しわかったような気がした。申告のしかたを書いた説明書だけで44ページもあるのだ。金が還付されるならまだしも、余分に払うために何でこんな面倒くさいことを、と思うと頭が痛くなってきたので、気分転換に近くを散歩することにした。大きな公園でキー、キーッという甲高い声が聞こえた。
我が物顔_e0167571_21441360.jpg
このあたりでは時々見かけるワカケホウセイインコだ。公園に面した家でヒマワリの種の入った餌籠を吊るしているのでやってきたのだ。
我が物顔_e0167571_21443425.jpg
我が物顔_e0167571_21444560.jpg
我が物顔_e0167571_21445534.jpg
我が物顔_e0167571_21451939.jpg
本来はインドやスリランカの鳥なので今年の寒さはさぞこたえるかと思いきや、野生化したのは1960年代というから、このくらいの寒さはへっちゃらだろう。鳥を撮るつもりはなかったので望遠がなく、急遽100mmマクロに1.4Xコンバーターで撮った。
今年の桜はウェザーマップの2月17日現在の予報では、「まだ寒波が来る時期はあるものの、暖かい時期も次第に増えて、平均した気温は平年並みに近づくでしょう。このため、桜の開花も、平年並みの所が多くなる」とのこと。昆虫の出現はどうなるだろうか。
Top▲ | by dragonbutter | 2012-02-19 21:50 | | Comments(2)
新年早々外しちゃいました
正月休みは富山の家内の実家に帰っていた。行きの上信越道は妙高付近で少し吹雪いたが、全体的に天候は比較的穏やかだった。写真は家内が助手席から携帯で撮った雪道。最近の携帯は侮れない。
新年早々外しちゃいました_e0167571_18535287.jpg
近所の池に白鳥を見に行った。
新年早々外しちゃいました_e0167571_18541026.jpg
大晦日の夕方短時間立山連峰が望めた(写真は射水市から300mmで撮った剣岳、どこから見ても格好いい)。
新年早々外しちゃいました_e0167571_1854331.jpg
元旦の帰路は安房トンネル越え。上高地に通ずる釜トンネルはもちろん閉鎖されており、下山の登山者をタクシーが待っていた。
新年早々外しちゃいました_e0167571_1856341.jpg
幸い雪は少なめだった。
さて、残りの休みはカメラいじり。昨年はブログ仲間や友人の多くの方がレンズを改造されて「ウルトラマクロレンズ」を作られていた。私も刺激されてトライしてみた。
手許にPENTAX-F 35-80mm F4-5.6なるズームレンズがころがっている。大昔PENTAX MZ-5というフィルム1眼を買ったとき、キットとして付いていたやつだ。小さくて軽いので山登りで重宝したが、今ではほとんど持ち出したことがない。することは、いわゆる前玉外しという技である。但しこれはどんなレンズでもうまくいくとは限らないようだ。ネットでもこのレンズから作ったという記事がないのでうまくいく保証はなかったが、これなら失敗しても後悔はない。虫林さんの記事に倣ってカメラオープナーというレンズ解体用のデバイスを購入。適当に壊すのなら要らないかもしれないが、せっかくだからきれいに作りたいし、できればまた組み立てられる状態で解体したい。
新年早々外しちゃいました_e0167571_1902771.jpg
1は適当にいじっていたらすぐ外れた(ちょっとだけ欠けたけど)。2+3はカメラオープナーで楽勝。4はゴムなので手で外した。5(前玉)は数分格闘して最後は何だかわからないうちにパコっと外れた。思ったより簡単だった。最後にもう一度フィルターを取り付けて完成。
新年早々外しちゃいました_e0167571_190493.jpg
物差しを写して計算すると、マクロレンズの拡大が等倍なのでこの「ウルトラマクロレンズ」は広角端で0.73倍、望遠端で1.68倍であった。これに1.4Xのテレコンをつけると最大2.35倍となった。
さて、肝心の写りは・・。次回掲載します。
Top▲ | by dragonbutter | 2012-01-07 19:05 | | Comments(4)
一足早い遅咲きのサクラ
息子に一年遅れのサクラが咲いた。国公立の発表はまだだが、自分の納得がいく私立に合格がもらえたので二浪は免れた。
親として素直にうれしいのはもちろんだが、今後の教育費の目処が立ってほっとしたというのも本音である。そこで言い訳が出来たので(ちょっと無理があるけど)以前から欲しかった300mm望遠レンズを物色した。あるカメラ店で3本限定の新品が中古美品とそう変わらない値段で売られているのを見つけた。価格.comの最安値よりずっと安い。気がついたらレンズの箱のはいった袋をぶら下げて新宿駅のホームに立っている自分がいた(笑)。私が買っても、何日たっても、限定3本は相変わらずというおちがあるわけだが・・・
今日は曇りという予報なので家でのんびり過ごそうと思っていたが、雲ひとつない春の陽気に誘われて新しいレンズの試写に近くの大きな公園にやって来た。
人出がすごい。バード・サンクチュアリーはいつもどおり鳥が遠すぎて300mmでも手が出ない。蝶も飛ばないし、帰ろうとして林の中の道を歩いていたら梅の木にメジロが吸蜜に来ていた。
一足早い遅咲きのサクラ_e0167571_23274055.jpg
一足早い遅咲きのサクラ_e0167571_23275478.jpg
早春らしい写真が撮れた。
少し行くと感じのいい陽だまりがあった。誰もいなくてとても静かだ。去年シジュウカラが水浴びに来たりミソサザイがいたりしたのは確かこのあたりだったろうか。しばらく待っていたら案の定シジュウカラの声が近づいてきた。目の前にとまる勇敢なやつもいる。
一足早い遅咲きのサクラ_e0167571_23282268.jpg
間もなく水浴びを始めた。頭を横に向けて水に突っ込んでいる。
一足早い遅咲きのサクラ_e0167571_23284642.jpg

さらにヤマガラがやって来た。
一足早い遅咲きのサクラ_e0167571_2330514.jpg
そして何とマヒワも!
一足早い遅咲きのサクラ_e0167571_2330291.jpg
シメの声がするが警戒心が強く水場にはなかなか降りて来ない。
一足早い遅咲きのサクラ_e0167571_23312255.jpg
少し離れてみると、あっという間にシジュウカラを追い払って水を飲み始めた。
当然ではあるが180mmマクロでの鳥撮よりはずっとよい画質だ(ほとんどがトリミングしてます)。最短距離近くでの昆虫の写りを試すにはもう少し暖かくなるのを待たねばならないようだ。
最後にべっぴんさんの写真を一枚。
一足早い遅咲きのサクラ_e0167571_23315655.jpg
近くにいた方によれば「チビ」という名のメス猫。この公園で生まれて6歳になるという。チャームポイントは青い瞳だそうだ。人見知りが激しいらしいが300mmなら平気だ。
Top▲ | by dragonbutter | 2011-02-27 23:37 | | Comments(12)
5日ぶりの冬晴れ
今日は予報どおり冬晴れ。久しぶりの好天なので、自宅から1時間余りの埼玉県の公園に出かけた。オリンピックモーグルの予選を見てから出かけたので、着いたらもう12時近い。晴れても現地の気温は3-4℃。でも身が引き締まっていい気分だ。
探鳥では有名らしく、鳥屋さんがいっぱい。ここの野鳥はみんなのマナーが良いせいか、近くまで寄ってきてくれる。写真は上からルリビタキ♂、ジョウビタキ♂、ジョウビタキ♀、タシギ。
5日ぶりの冬晴れ_e0167571_17565081.jpg
5日ぶりの冬晴れ_e0167571_175755.jpg
5日ぶりの冬晴れ_e0167571_17571915.jpg
5日ぶりの冬晴れ_e0167571_1758171.jpg
特にタシギは初めてしっかりと観察できてうれしかった。珍鳥も来ているようだが私のカメラでは雲の上の鳥だ。蝶はまだ飛んでいなかった。時期が来ればトンボ観察も面白いかもしれない。
Top▲ | by dragonbutter | 2010-02-14 17:59 | | Comments(2)
春はまだ・・・・・
すぐそこまでやって来ている筈の春がなかなか見えてこない。東京はここ二日間日が射さず、小雪やみぞれがちらついている。「この冬は暖冬だって言ってたやつ出て来い!」ってな感じである。
2週間ぶりの休める週末なので、みぞれの中を家内と近くのI公園へ出かけた。近くに住んでいるのに、散歩するのは何年ぶりだろうか。
池にはキンクロハジロが多い(写真はメス)。
春はまだ・・・・・_e0167571_21562373.jpg
オオバンも物欲しげに近づいてくる。
春はまだ・・・・・_e0167571_21563750.jpg
この公園は「オシドリ千羽計画」なるプロジェクトを推進中で、繁殖した雛を池に放しているそうだ。それでも他のカモに比べると人に対する警戒心は強いようだ。
春はまだ・・・・・_e0167571_2157290.jpg
春はまだ・・・・・_e0167571_21571988.jpg
春はまだ・・・・・_e0167571_21575015.jpg
春はまだ・・・・・_e0167571_2158172.jpg
かってアメリカ住んでいたとき、行ってしばらくは言葉がわからず落ち込むことも多かった。それでも週末は近くの自然保護区に出かけて、探鳥会に参加した。ある日(1991年春)、皆で沼の周りを歩いていると、指導員が「ほら、森の犬(ウッド・ドッグ)がいる。」という。森の犬?そんな動物いたっけ。と思って指差す方を捜すが見つからない。何となくしつこく聞けなくてその場は終わったが、あとで実はWood duckと言っていたんだと判明した。Wood duckはオシドリのアメリカ版である(日本のオシドリの方がかわいいけど)。
それにしても寒くてカメラもレンズも濡れてきた。益々暗くなってきたので引き上げようとしたら「キー、キー」という高い鳴き声が聞こえる。声のするほうを見ると、カワセミが近くのハンノキの枝にチョコンととまっている。
春はまだ・・・・・_e0167571_21583057.jpg
カワセミってこんなに近づけるの?って言うほど近い。なにしろ内蔵ストロボが有効なくらいだ。
春はまだ・・・・・_e0167571_21584956.jpg
「病気じゃないの」と家内が心配したが、ちゃんと飛んで行ったから大丈夫。
暖まろうと飛び込んだ喫茶店はレトロの雰囲気でいい感じだった。店を出たらすっかり夕暮れが訪れていた。
春はまだ・・・・・_e0167571_21591260.jpg
明日は久しぶりに晴れるが、やはり寒い一日となるそうだ。
Top▲ | by dragonbutter | 2010-02-13 22:03 | | Comments(2)
| ページトップ |