Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
最新の記事
どうしてわざわざそんなところに
at 2018-10-11 19:49
都会の傍で
at 2018-10-03 21:43
秋の訪れはマダラヤンマと共に
at 2018-09-25 22:37
彼岸花咲く河川敷
at 2018-09-17 21:07
身近な蝶2種
at 2018-09-11 23:40
蜂あれこれ
at 2018-09-02 21:23
再会(2)と驚きの出会い
at 2018-08-26 21:59
青い蜂と赤い蜂の楽園
at 2018-08-22 22:04
再会(1)
at 2018-08-19 10:25
神の島へ
at 2018-08-05 14:32
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
最新のコメント
fushiginomor..
by dragonbutter at 23:17
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:14
シルビアシジミは見つける..
by fushiginomori at 08:20
短時間でよくポイントを見..
by yurinBD at 07:27
タグ
(154)
(139)
(126)
(75)
(71)
(64)
(62)
(62)
(58)
(42)
(37)
(35)
(19)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:チョウとトンボ( 98 )
Top▲ |
神の島へ
広島でトンボ学会の後、ミヤジマトンボの保護地へのエクスカーションがあったので参加した。ミヤジマトンボは日本で最も分布が狭いトンボだ。
心配した台風も学会中に通過して、暑い一日となった。
フェリーで島に渡り、ビジターバースからチャーター船に乗り、生息地の沖まで行く。そこで小舟に跳び移って上陸。ちょっとしたアドベンチャー気分。撮影以上に楽しかった。
e0167571_14294079.jpg
e0167571_1429526.jpg

マーキングされた個体もいる。
e0167571_1430217.jpg

メスは少なかった。
e0167571_14301248.jpg

保護地で白いシジミチョウがちらちら飛んでいた。ピカピカのサツマシジミだった。
e0167571_14303086.jpg
e0167571_14304864.jpg
いいおまけ付きとなった。
貴重なルイスハンミョウも見られた。
e0167571_1431090.jpg

ビジターバースに戻り、温泉で汗を流して帰路についた。
企画していただいた実行委員長のK本さんをはじめ大勢の方のお世話になり、楽しい思い出になりました。大先輩の方々ともお話しできて光栄でした。
帰りの新幹線で「一人打ち上げ会」をしたのは言うまでもない(笑)。
神の島と崇められ、またミヤジマトンボ保護管理連絡協議会の地道な活動によって生息地が保護されてきたために生き残ったミヤジマトンボ。今後とも命を繋いでいくことを祈りたい。
風景写真をはじめ、いくつかの写真は掲載を自粛しました。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-08-05 14:32 | チョウとトンボ | Comments(6)
8年ぶりの雪辱
先週末は月曜まで休みをもらって西に遠征した。
滋賀県は気象庁の予報では台風接近で土、日とも暴風雨(泣)。
まあなるようになるだろうと、金曜に仕事を終えてから深夜に京都に着き、山科に宿をとる。
翌朝8時にレンタカーを借りて琵琶湖へ。電車ならもっと早く行けるのだが、猛暑の中、駅からてくてく歩くのはしんどいから。天気は予報に反して高曇り。
適当な場所に車を止め、速足で湖岸へ。歩き始めると波消しブロックにいくつもの羽化殻が見つかる。メガネサナエとオオサカサナエが半々だろうか(写真はメガネサナエ)。
e0167571_2320239.jpg
あと少数のオオヤマトンボ。
e0167571_2320232.jpg
15分くらい進んだところで見つけたオオサカサナエ。
e0167571_23204618.jpg
近づくと・・・中身がある!結局これが虎の子の1匹となった。
他にもいないか探している間に背中が割れて半分出てきてしまっていたが、そのあとは最後までゆっくり観察できた。
e0167571_23212214.jpg
e0167571_2321394.jpg
e0167571_23215455.jpg
e0167571_232278.jpg
e0167571_23222095.jpg
風に飛ばされそうになったり、波しぶきがかかったりでずいぶん心配したが、結局無事処女飛行に飛び立った。プレジャーボートでも沖を走られたらアウトだったろう。羽化に要した時間は1時間足らず。同じサイズのムカシトンボに比べてずいぶんと短い。過酷な条件で羽化するからか。
前回は9月に来てメガネサナエしかまともに撮れなかったので、8年ぶりのリベンジがかなった。
午後からは天気が崩れそうなので早いうちにもっと西に移動してもよかったが、できればちゃんと色づいた個体も撮りたいと欲が出て、場所を変えて粘ってみる。なんと午後から晴れてきて暑くなった。あてずっぽで急坂を登って高台へ。こんな場所に集まると聞いたから。
水域から離れていても意外にもウチワヤンマやコシアキトンボが飛び回っている。そんな中、大きめのトンボの交尾態が飛んできて少し高い葉にとまった。オオサカサナエの交尾だ!道の反対側の急斜面を滑りながらもよじ登り、遠いけど300mmで何とか撮ることができた(トリミングあり)。
e0167571_23225537.jpg
交尾は10数年通ってやっと撮ったという話もあるくらいなので、ふらっと立ち寄った場所で撮れたのは僕にしては珍しい強運だったと思う。
この後台風の進路を気にしながら更に西へ。
最後に強風の湖岸をホバリング気味に飛ぶウチワヤンマと近くの池で撮ったゴマダラチョウ。
e0167571_23231510.jpg
e0167571_23232863.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2018-07-31 23:30 | チョウとトンボ | Comments(2)
梅雨の晴れ間・・のはずが
日曜日はフリーとなった。雨マークが続く予報の中で、うまいことぽっかりとお日様マークが見えた。
しかし北関東は行ってみると、ずっと曇天で全く日が射さなかった。気温も20℃前後までしか上がらなかった。
グンバイトンボはいるにはいたけれど、この天候では生殖行動は見るのは無理の様だった。
e0167571_2353121.jpg

後にもう1匹オスがぼんやり写っている。
ヒメジャノメとコラボ。
e0167571_2355796.jpg
e0167571_2371139.jpg
メスには軍配がない。
e0167571_238297.jpg

思いがけずオジロサナエの羽化を観察することができた。
e0167571_2384552.jpg
今年はもうサナエトンボの羽化は諦めていたのでうれしかった。パカッと翅を開くと数分後に処女飛行に飛び立った。
e0167571_2385855.jpg

その後場所を変えてオオヒカゲを探した。しばらくは全く見つけることができなかったが、狭い範囲にすごい密度で発生していた。大げさに言えば、1m進むごとに新鮮個体が次々に飛び出した。一度に3匹飛びあがることも!。発生初期は羽化場所付近にかたまっているようだ。あとで点検するとオスメスほぼ半数撮影していた(上2枚がオス、下がメス)。
e0167571_2393174.jpg
e0167571_2394389.jpg
e0167571_2395678.jpg
機会があれば幼虫を撮りに行きたい。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-06-19 23:12 | チョウとトンボ | Comments(4)
絶滅から守る
西日本に行く機会があったので、ヒョウモンモドキの生息域外保全の様子を見せていただくことにした。
飼育ケージの中には食草のキセルアザミ、そして吸蜜源のノアザミのプランターが置かれ、数多くのヒョウモンモドキがノアザミの花にとまっていた。ケージは遺伝子の多様性に配慮して、生息地ごとに仕切りがされていた。保全の詳細はここで説明するより、今年できたパンフレットをご覧ください。
最初の3枚がオス、その後の2枚がメス、一番下の1枚は左がオスで右がメスだと思います。
e0167571_23331999.jpg
e0167571_23333624.jpg
e0167571_23334888.jpg
e0167571_2334164.jpg
e0167571_23341091.jpg
e0167571_23391818.jpg

キセルアザミの葉裏に産まれた卵も教えていただいた。ざっと280卵ほどある。時間をかけて産むのでしょうね。
e0167571_23343499.jpg

まだ蛹も見られた。
e0167571_2335913.jpg

天気が良ければ交尾、産卵も見られるようだが、ケージの中とはいえ多少は雨も入ってくるし、あの天気では仕方なかった。天候のせいか、ノアザミにとまっていてもストローは伸ばしていない。
この施設はいつ行っても中が見学できるわけではありません。また、原則、少しでも保全のお手伝いをすることが条件のようです。だた、この日は荒天のため免除されましたが。
ご案内していただいて、詳しくお話を聞かせてくださったN安さんに感謝いたします。
隣り合う湿地にはすごい数のハッチョウトンボがいた。
e0167571_23352651.jpg
e0167571_23354235.jpg
こちらも雨のため生殖行動が見られなくて残念だった。
雨の中でもノアザミで吸蜜するウラギンヒョウモンがいた。
e0167571_2336125.jpg

保全が順調に進んで、いつの日か野外を飛び交うヒョウモンモドキを見られる日が楽しみです。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-06-11 23:41 | チョウとトンボ | Comments(8)
ゼフ飛ぶ渓谷
東京西部の山は春蝶の賑わいも一段落して山ゼフの季節に入った。
今年は蝶の出現が早いようで、メスアカミドリシジミはかなりの数発生していた。
e0167571_220723.jpg
e0167571_2202282.jpg

なかなか近くで止まってくれず、証拠写真のオンパレード。
e0167571_2204511.jpg
皮肉にもこの角度だとすぐ近くにとまる(笑)。
e0167571_221482.jpg

そんな中で現地でお会いした霧島緑さんが、少し高い位置のとまった枝を手繰り寄せてくれた。ありがとうございました。カメラの設定間違えました(泣)。
e0167571_2211991.jpg

満足できる出来ではないけど、今までよりは少し前進。
ウラクロシジミも何とか証拠写真は撮れた。
e0167571_2214983.jpg
e0167571_2225784.jpg
これも霧島緑さんのおかげです。銀色にチカチカ光りながら夕方の渓谷を飛び回るウロクロを眺めていると時間が経つのも忘れてしまう。
これより1日前、産卵シーンを狙ったムカシヤンマだが、メス目当てにやって来たオスが撮れただけ。
e0167571_2232575.jpg
これも来年への宿題。ここではトンボ写真の大家であられるKさんにお会いできてゆっくりお話しできて光栄でした。
様々な程度にトリミングした写真が大部分です。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-06-03 22:06 | チョウとトンボ | Comments(8)
癒しの渓流
4月30日は職場で短い仕事を済ませてから山手に行く。
以前みつけたミスジチョウ幼虫のその後は、すっかり若葉が茂って確認できなかった。
渓流で休んでいると、ときどきムカシトンボのオスがやって来る。
e0167571_19294377.jpg
e0167571_19295483.jpg
e0167571_1930294.jpg
時には狭い場所を行きつ戻りつ、長いときは10分くらい短いホバリングを交えて飛び回る。しまいにはカメラを持つ左手首が痛くなって、「ちょっと休ませてくれよ」と言いたいくらい長かった。2匹めがやって来て格闘が始まることもあった。よっぽどメスのやって来そうな場所なのかな。しかしこの日は残念ながらメスは来なかった。比較的暗い場所なので、シャッタースピードを上げると被写界深度が浅くなり、体の一部にしかピントが合わず苦労した。
飛来の合間も、一人静かに渓流の音を聞きながらたたずんでいると、心が次第に落ち着いて、α波が満ちてくる気がした。
でもこれだけでは寂しいのでアオバセセリとサカハチチョウの写真を載せておきます。
e0167571_19302410.jpg
e0167571_19303620.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2018-05-04 19:32 | チョウとトンボ | Comments(2)
真夏のような週末 -1- シオヤ誕生
真夏のような暑さとなった週末、シオヤトンボの多い多摩東部の谷戸に行った。
羽化殻がたくさん残っていた。3匹重なっているものも!(笑)
e0167571_16483176.jpg

多数の成虫が飛び交う中、定位している黒いヤゴを見つけた(8:38)。
e0167571_16493671.jpg
シオヤトンボの羽化の始まりである。ここでじっと待ち構えていれば一部始終が観察できたのだが、他のトンボや蝶が気になって一回りして戻ったらここまで進行していた(9:00)。
e0167571_16495764.jpg

羽化はいつもここでしばらく休憩する。ちょっと目を離したすきに腹部を抜いていた(9:18)(腹部を抜くのはあっという間である)。
e0167571_16501681.jpg
10:11まで観察して先に進んだ。
e0167571_16512652.jpg
11時前に戻ると飛び立った後だった。
ツツジが見ごろでカラスアゲハが飛来した。
e0167571_16514325.jpg
e0167571_16515516.jpg
オナガアゲハも飛んでいた。
ウスバシロチョウが出始めだったが、気温が高くて飛び回るばかりだった。
e0167571_1652996.jpg

暗い林にいたクロコノマチョウ。黄色っぽい個体だった。
e0167571_1652216.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2018-04-22 16:53 | チョウとトンボ | Comments(8)
目覚める虫たち
自宅近辺では桜の季節も過ぎて、ハナミズキの季節となった。
山に入るとミスジチョウの幼虫が大きくなっていた。
e0167571_23281337.jpg
突起も顕著になっており、1回脱皮して終齢になったと思われる。この個体の周囲の新芽に食痕はなかったが、越冬から覚めると摂食前に脱皮することもあるらしい。
これは別個体。
e0167571_23235153.jpg
近くの若葉に食痕があった。ここまで足を延ばして食べたのだろう。
e0167571_2324964.jpg

しばらく様子を見たが、越冬巣から離れて食事に出かける気配はなかった。
ツマキチョウがたくさん飛んでいた。
e0167571_2324251.jpg
メスがタネツケバナに一瞬止まったので行ってみると卵があった。
e0167571_23243940.jpg

アカタテハもカラムシ(ヤブマオ?)の新芽に産卵した。
e0167571_23245846.jpg

スジグロシロチョウの吸水と吸蜜(花の名前不明)。
e0167571_23251474.jpg
e0167571_2325323.jpg

シオヤトンボとカワトンボ(多分アサヒナカワトンボ)を1匹ずつ見つけた。
e0167571_23255180.jpg
e0167571_2326594.jpg
いずれも個人的には初見の最早記録だと思う。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-04-09 23:34 | チョウとトンボ | Comments(0)
上北は秋の気配
青森出張があった。7年前の出張の後はカバイロシジミを探して下北半島の先端まで旅した。今回は既に8月も下旬なので半島の付け根(上北地方)をぶらついた。主として2か所回ったが、成果があったのは最初のポイントだった。
見たかったトンボの一つがマンシュウイトトンボ。北海道の道東を主とする限られた場所にしか生息しない。それがなぜか2000年にブラキストン線を超えて上北で見つかった。前回はだいぶ探したけど見つけられなかった。その後釧路で撮影が叶ったものの、夕方で条件が良くなかったので改めて撮りたかった。
大まかな情報やGoogleマップでめどをつけて行った場所は大きな湖の近くにある小規模の湿地。最初に目に飛び込んできたのは予想外のトンボ。
e0167571_22313143.jpg

どうみてもオオキトンボだ。関東では撮影はほとんど不可能なトンボ。四国の溜池で見て以来5年ぶりである。全く環境の異なるこんな湿地で観察できるとは思ってみなかった。発生数も半端ない。湿地を進むと次々と未熟な個体が飛び出した。
今思えば、時間をかけて注意深く探せば羽化殻につかまっている場面も撮れたのかもしれない。やはり時間が限定されるとうわべをなぞるだけで終わってしまう。飛び出すオオキはメスがほとんど。オスはこんな感じにとまって他のオスがくると排除しようとする。オスの方は羽化が早いようだ。
e0167571_22323413.jpg

見たかったマンシュウもまあまあの数いた。
e0167571_22325776.jpg
これはオス。何だ、アオモンそっくりじゃないかと言われそう。でもオスはアオモンより青っぽい。メスには多型がある。オス型は完璧にオスになりすましており、帰宅後PCで見るまでオスだと思い込んでいた。
e0167571_22333281.jpg

異色型にもピンクのものや褐色のものがいるが、これらは成熟度の違いによるのだろうか。
e0167571_22335588.jpg
e0167571_22341072.jpg

他にはセスジイトトンボとアジアイトトンボを少数確認できた。
e0167571_22342554.jpg
e0167571_22344434.jpg

これも撮影時に気付かなかったが、キトンボも混じっていたようだ(そうですよね)。
e0167571_2235229.jpg

その他はマユタテアカネ、コフキトンボ(メスはオビトンボ型)、モノサシトンボ。
マンシュウの生殖活動を見ることができなかったのは残念であるが、こんな湿地で過ごせただけでもう幸せ!
午後3時過ぎにもう一度立ち寄った時にはオオキトンボは影も形もなかった。最初に立ち寄ってよかった。
他の場所は空振り。撮った蝶はスジボソヤマキチョウ、オオヒカゲ(メス)、エゾミドリシジミ?(♀)(オスも少数飛んだ)といったところ。
e0167571_22353781.jpg
e0167571_22355862.jpg
e0167571_22361399.jpg

吹く風に秋の気配を感じる上北だった。
Top▲ | by dragonbutter | 2017-08-27 22:46 | チョウとトンボ | Comments(4)
普通種でも
天候不順の中17日は晴れ間がのぞくということだったのでお盆休みをとって神奈川県のポイントへ。しかし高曇りながら日はほとんど射さなかった。
暗い小川に沿って進む。コオニヤンマが縄張りを張っていた。
e0167571_18392720.jpg
一登りしたところの原っぱにはいつの間にか浅くて大きな池が造成されていた。そこでオオシオカラトンボを捕食中のコオニヤンマを目撃。
e0167571_18400331.jpg
迫力満点。近づいて触っても逃げようともせずひたすら食べ続けていた。遠くで交尾態らしい茶色の蝶に3匹目が絡んで飛んでいた。ペアの方は何とか撮影できるところに降りてくれた。サトキマダラヒカゲだった。
e0167571_18402508.jpg
普通種でも交尾は初撮影なのでうれしかった。上がメスかな。撮影時間は13時30分ころ。成立時も解けたところも見てないので持続時間は不明。ここはなぜかいつも思っても見ないシーンが撮れるので繰り返し来てしまう。
コシボソヤンマは今年も飛び回るオスしか撮れなかった。
e0167571_18404661.jpg
もう一つ、キツネノマゴにやって来たルリモンハナバチ。
e0167571_18410341.jpg
e0167571_18411593.jpg
誰が言いだしたかわからないが、幸せを呼ぶハチと言われている。しかし生態はそれとは裏腹に、他のハナバチの巣に寄生し、幼虫の餌を横取りして成長するんだとか。3年ぶりの撮影だった。そういえば前回の撮影もここだった。吸蜜植物も前回と同じキツネノマゴ。
例年は汗だくになりながらの撮影だが、今年はだいぶ楽だった。でも例年通りの暑さだったら成果はもっとあったのかもしれない。
Top▲ | by dragonbutter | 2017-08-19 18:44 | チョウとトンボ | Comments(2)
| ページトップ |