Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
最新の記事
真夏のような週末 -1- シ..
at 2018-04-22 16:53
嵐の前に
at 2018-04-15 09:58
目覚める虫たち
at 2018-04-09 23:34
なんでもありの産卵
at 2018-04-01 18:56
2年ぶりの春の女神
at 2018-03-25 18:50
早春の妖精たち
at 2018-03-18 19:55
生き延びた越冬幼虫
at 2018-03-11 21:28
菜の花にモンキ@横浜
at 2018-03-03 23:45
今年もモンキでシーズン始動
at 2018-02-12 18:29
人生最後の(?)ブルームーン..
at 2018-02-01 00:24
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
こんにちは。 トンボの..
by mikiosu at 04:38
トンボの羽化は時間がかか..
by banyan10 at 20:22
トンボの羽化は一度しか観..
by himeoo27 at 19:19
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 19:03
タグ
(146)
(132)
(120)
(72)
(66)
(62)
(61)
(59)
(54)
(41)
(36)
(33)
(18)
(16)
(12)
(12)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2017年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
コバネの秋
今年もコバネアオイトトンボを見に出かけた。My秋の風物詩のひとつである。
その前に寄ったナゴヤサナエのポイント。今年は水量が多くて、流れがもう少し速かったら川に入ることをためらっただろう。少し濁った水が音を立てず静かに流れている。
2013年にここを見つけた時はナゴヤサナエが多数飛び交い、両岸の木立によくとまってくれた。
その2年後は残念ながら1匹も見られなかった。
今年も飛ぶトンボのほとんどがノシメトンボだったが、ナゴヤも2-3回確認できた。撮影チャンスは1回。それもとまった位置が少し高くていい写真は撮れなかった。
e0167571_2213158.jpg
ちょっと時期的に遅かったかもしれない。
コバネは去年より多かった。
e0167571_2213534.jpg
3人ほど採集者にも出会った。どうやら目的は別のトンボのようだった。何とか繁殖活動を撮りたかったが、まだ少し未熟なのだろうか、草むらで見ることが多かった。それでもオスが接近すると軽く牽制しあった。
夕焼けと共にあたりが暗くなり始めた。
e0167571_22143614.jpg
e0167571_22144884.jpg
ちょうど5時、あまりいなかった池の岸辺でようやく連結を発見。
e0167571_2215666.jpg
交尾に至ってくれと願いながら見守る。オスが腹部を曲げて移精(精子を腹端から副性器に移すこと)を行おうとするけどうまくいかない。
e0167571_22152099.jpg
まだ成熟が進んでいないのだろうか。移精が済んでいないことを知っているのか、メスも腹端をオスの副性器にもっていこうとしない。時々小飛してすこしずつ奥に移っていく。結局20分以上たって、手前の枯れた茎をどけようとしたところオスが連結を解いて飛び去った。
以前静岡県で交尾までは撮影済みなのであまり進歩なしだった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-09-26 22:19 | トンボ | Comments(4)
マダラ詣で
今年もHさんをお誘いしてマダラヤンマ詣で。
沢山の飛翔写真が撮れた。
e0167571_22271356.jpg
e0167571_22272541.jpg

さすがヤンマの中ではホバリング・チャンピオンの座をサラサヤンマと争うだけあって、すぐ目の前でその腕前を披露してくれることも。これはトリミングなし。
e0167571_22273858.jpg

これは糞が落下する瞬間が写っている貴重な?写真(笑)。
e0167571_22275681.jpg

最後に交尾態の証拠写真も撮れ、ちょっとだけ進歩があった。青メスだった。
e0167571_22281187.jpg

また来年チャレンジすることになるかな。
昼間、マダラのお休み時間帯に行った高原では、山頂のマツムシソウにクジャクチョウやウラギンヒョウモンが集まっていた。
e0167571_22284778.jpg
e0167571_22298100.jpg
キベリも3度目撃したが撮影できなかった。
ウラギンヒョウモンが産卵態勢をとっていた。
e0167571_22292459.jpg
いくら探しても卵は見つからない。結局産んでいなかったのか卵の探し方が悪かったのか。
Hさん、今年もお疲れ様でした。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-09-13 22:33 | トンボ | Comments(4)
流水のアカネ
赤とんぼの仲間のヤゴは、ほとんどが水田、池、湿地といった止水域で育つ。しかしミヤマアカネだけは主として流水で育つという。しかしこの目で確認したことはない。以前産卵を撮影したのは小規模な池だった。
夏のサナエを観察しようと7月中旬に多摩西部の中規模河川に行った。河川敷の草むらに未熟なミヤマアカネを沢山見つけた。
e0167571_22463331.jpg
どこで発生したのだろう。河川敷のどこかかもしれないが、河川に沿って走る道路の反対側に感じのいい水田があったので行ってみると、灌漑用の用水路があった。
e0167571_22465154.jpg
持っていたザルで掬うとミヤマアカネのヤゴが複数入った(1匹を羽化させて確認)。
e0167571_22504643.jpg
一跨ぎできるほどの小さな水路であるが流れは結構早い。こんなところで産卵するのか、それとも上流から下って来たのか。
9月になってそろそろ生殖活動も始まっていると思い日曜日に再訪した。河川敷ではミヤマアカネは全く見つからなかった。用水路に行くと真っ赤に成熟したオスが流れでテリ張りしていた。
e0167571_22471576.jpg
そして連結ペアが何度かやってきて産卵していた。
e0167571_22474742.jpg
e0167571_22475915.jpg

卵から成虫までここを住み家としているようだ。もう少し季節が進めば産卵ペアの数も増えるのかもしれない。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-09-04 22:52 | トンボ | Comments(0)
| ページトップ |