Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
最新の記事
絶滅から守る
at 2018-06-11 23:41
ゼフ飛ぶ渓谷
at 2018-06-03 22:06
お休みをとって
at 2018-05-25 19:45
休耕田はハラビロ天国
at 2018-05-12 21:46
黒系アゲハ集団吸水
at 2018-05-06 21:22
癒しの渓流
at 2018-05-04 19:32
シーズン初遠征 –ギフ編-
at 2018-05-02 19:27
シーズン初遠征 –ヒメギフ編-
at 2018-05-01 18:55
真夏の様な週末 -2- 越冬..
at 2018-04-23 18:54
真夏のような週末 -1- シ..
at 2018-04-22 16:53
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ダンダラさんコメントあり..
by dragonbutter at 21:20
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 21:18
ヒョウモンモドキ、撮影で..
by ダンダラ at 09:55
ヒョウモンモドキ、裏翅も..
by yurinBD at 12:06
タグ
(148)
(135)
(123)
(72)
(69)
(62)
(61)
(60)
(56)
(41)
(36)
(33)
(19)
(16)
(12)
(12)
(10)
(10)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2017年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
冬間近
なかなか出かける機会が作れないが、土曜日に少し時間がとれたので多摩東部の公園を2か所覗いてみた。
最初の公園ではムラサキツバメがいたが降りて来てくれなかった。ウラギンシジミは秋遅く発生する個体ほど前翅端が尖るようだ。特にメスでその傾向がある気がする。
e0167571_22335659.jpg

2カ所目の公園。ネキトンボは姿を消し、コノシメとアキアカネがまだ元気に飛んでいた。
e0167571_2234368.jpg
e0167571_22344736.jpg
e0167571_22345793.jpg

アキアカネは初めて長めにホバリングするのを見た。今まで飛翔を撮るとすれば飛び立ちか止まる直前、あとは連結産卵時だった。
そろそろ東京周辺からも初霜の便りが届きそうだ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-11-15 22:37 | トンボ | Comments(0)
体育の日のサプライズ
体育の日のこと。
午前中限定で多摩東部の公園に出かけた。ネキトンボとコノシメトンボが多い都市公園だ。人工池ではこの日も多くの産卵が見られたが、ここの難点は順光で撮りづらい点だ。
e0167571_21222347.jpg
やはり満足のいく角度では撮れなくて、そろそろ引き上げようかと思ったとき、池に赤褐色の昆虫が飛来した。
最初は「キタテハ?」「テングチョウ?」あたりしか思い浮かばなかった。しかし追視するうち、トンボであること、そして信じられないけど、八重山諸島(石垣島以西)でしか記録のないアカスジベッコウトンボではないかと思えてきた。しかし冷静に考えると冗談としか思えない。幸い、ほどなくして池の傍の地面やベンチにとまった。やはりそのトンボは冗談ではなくアカスジベッコウのメスであった。宝石に例えたら間違いなくルビーである。
e0167571_21224785.jpg
e0167571_2123976.jpg

いったんは飛び去ったが、3回ほど戻ってきてくれた。図鑑でみる生態写真からは、強い飛翔能力を持ち、高速で飛び回る姿を想像していたが、意外に飛翔は緩やかで、「やや力強いチョウトンボ」といった感じだった。メスだからかもしれない。
フチドリベッコウトンボなどの近似種もいるので、トンボ学会のFさんに相談すると、何人かの研究者も交えて検討していただき、アカスジベッコウトンボでよいということになった。
本土初記録なので学会誌に発表することとなった。
台風18号の後でもあり、当初は飛来したと考えたが、どうも移入種の可能性が高そうである。水草に随伴してヤゴが入って来たか、八重山で愛好家に採集されたものが逃げ出したか・・・。
いずれにせよ、こんな場所で思いもよらない初撮影を果たすことができた。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-11-05 21:30 | トンボ | Comments(8)
| ページトップ |