Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
最新の記事
いよいよ終盤
at 2018-11-07 22:37
あちこちに
at 2018-10-30 22:25
「東京から一番近い南国」へ
at 2018-10-23 23:06
どうしてわざわざそんなところに
at 2018-10-11 19:49
都会の傍で
at 2018-10-03 21:43
秋の訪れはマダラヤンマと共に
at 2018-09-25 22:37
彼岸花咲く河川敷
at 2018-09-17 21:07
身近な蝶2種
at 2018-09-11 23:40
蜂あれこれ
at 2018-09-02 21:23
再会(2)と驚きの出会い
at 2018-08-26 21:59
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
最新のコメント
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:41
アキアカネ、マユタテアカ..
by yurinBD at 12:46
fushiginomor..
by dragonbutter at 23:17
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:14
タグ
(155)
(141)
(128)
(75)
(71)
(64)
(62)
(62)
(58)
(42)
(37)
(35)
(19)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2018年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
お休みをとって
2週連続で週末が完全につぶれてしまう代わりに、木曜日に有給休暇をとった。
以前Fさんに教えていただいた埼玉南部のポイント。ゼフの時期に行くのは多分9年ぶり。
平地ゼフの3種類がまあまあの数発生していた。
e0167571_19382419.jpg
e0167571_1939979.jpg
e0167571_19394141.jpg
e0167571_19395268.jpg
e0167571_1940763.jpg

ところで広角写真の3枚ははこんな仕掛けで撮影した。
e0167571_19401724.jpg

1脚に雲台をつけてそこにNikon1 V3を装着。手許に自転車用スマホホルダーを介してスマホ(僕の場合iPOD touch)をつけてWi-Fiで接続し、画面を見ながらリモート撮影。Wireless Mobile Utilityっていうアプリが原始的で、iPod touchからはシャッターを押すことと画像を取り込むことしかできない。なんか子供だましのような仕掛けだが、高いところにとまったゼフを1脚を伸ばして撮ってみた。今回は試し撮りであるが、どうしても使いたい場面がでてくるかもしれない。常に持ち歩くかは別の話だが(笑)。
ここは住宅地に囲まれた貴重な林である。しかし新しい老人ホームができたり、事業開発のための整地工事が入ったりで、先行きが怪しくて心配だ。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-05-25 19:45 | チョウ | Comments(4)
休耕田はハラビロ天国
横浜でハラビロトンボが多産する休耕田を見つけた。
オスは黄色⇒黒⇒青灰色と変化する。
先ず未熟オス。少し離れた林にいた。
e0167571_21425137.jpg

まだ黄色い部分が残る半成熟オス。
e0167571_21431123.jpg

メスは数がずっと少なく、休耕田の周辺にじっととまっているのを見つけた。
e0167571_21432761.jpg

それでも成熟したメスは休耕田の中に入っていくんだろう。交尾態を2-3度目撃した。ハラビロトンボの交尾は短い。20秒ほど飛び回った後、20秒ほど静止する。近づく前に解けてしまうことも多い。何とか2ペア撮影できた。
e0167571_21435241.jpg
e0167571_2144474.jpg

交尾を終えると短時間草にとまって休憩した後産卵が始まる。
e0167571_2144176.jpg
e0167571_21442517.jpg

草が被って撮影に苦労した。打水する瞬間を撮りたかったが・・。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-05-12 21:46 | トンボ | Comments(0)
黒系アゲハ集団吸水
いちばん楽しい5月後半にいろいろあってほとんどフィールドに出られないので、前半にできるだけ出歩こうと思っている。
連休後半は先ず多摩西部に出かけた。あるトンボの羽化が見たかったのだが、羽化殻を2個見つけた後、1匹気づく前に飛ばれてしまった(泣)。
e0167571_21151036.jpg

帰りの林道で前方に黒い塊が見えた。黒系アゲハの集団吸水だった。
e0167571_21165428.jpg
この規模の集団を見るのは初めてだった。最大で14匹だったかな。カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、オナガアゲハが大体同数。ミヤマカラスは色といい帯の広さといい個体差に富む。出来るだけきれいな個体をメインに撮ろうとした。
e0167571_21195182.jpg
e0167571_2120751.jpg
e0167571_21202211.jpg
今までにテングチョウとイシガケチョウの大集団に出くわしたことがあるが、その場の雰囲気をうまく撮ることはとても難しい。今回もやはり満足いくカットは撮れなかった。気温のせいなのか、吸水中ほとんど開翅してくれなかったのも残念。
不思議だったことが二つ。①全部が飛び立って完全にばらけても、再び集合する場所は全く同じ。何が気に入っているのだろうか。水場は道に沿って続いているのに。②ばらけてもふつうは2-3分で少しづく再集合するが、近くにカメラを置いて、広角でリモート撮影しようとすると、いつまで経っても飛び回るばかりで集まらない。「人工物は危険」と知っているかのようだ。
下手な動画もどうぞ。雰囲気はこちらの方がわかるかも。
もう一か所立ち寄ったポイントでは、渓流脇の岩でアオバセセリがコチャバネセセリと一緒に鳥の糞で吸汁していた。
e0167571_21152937.jpg

あっ、そういえばアミメオオエダシャクを見つけた。
e0167571_21154943.jpg
これだけ大きくてきれいだと蛾でもちょっと真剣に撮ろうと思う。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-05-06 21:22 | チョウ | Comments(10)
癒しの渓流
4月30日は職場で短い仕事を済ませてから山手に行く。
以前みつけたミスジチョウ幼虫のその後は、すっかり若葉が茂って確認できなかった。
渓流で休んでいると、ときどきムカシトンボのオスがやって来る。
e0167571_19294377.jpg
e0167571_19295483.jpg
e0167571_1930294.jpg
時には狭い場所を行きつ戻りつ、長いときは10分くらい短いホバリングを交えて飛び回る。しまいにはカメラを持つ左手首が痛くなって、「ちょっと休ませてくれよ」と言いたいくらい長かった。2匹めがやって来て格闘が始まることもあった。よっぽどメスのやって来そうな場所なのかな。しかしこの日は残念ながらメスは来なかった。比較的暗い場所なので、シャッタースピードを上げると被写界深度が浅くなり、体の一部にしかピントが合わず苦労した。
飛来の合間も、一人静かに渓流の音を聞きながらたたずんでいると、心が次第に落ち着いて、α波が満ちてくる気がした。
でもこれだけでは寂しいのでアオバセセリとサカハチチョウの写真を載せておきます。
e0167571_19302410.jpg
e0167571_19303620.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2018-05-04 19:32 | チョウとトンボ | Comments(2)
シーズン初遠征 –ギフ編-
ヒメギフの方が清楚な感じがするが、ギフの方が後翅にオレンジ色が1色加わることで優美さでは勝るようだ。まず飛翔と吸蜜。
e0167571_18222432.jpg
e0167571_18224496.jpg

初日に探し当てたポイントに翌日行ってみると、Mさんが「交尾していますよ」と教えてくれた。ベストタイミングでの到着だ。
e0167571_18232586.jpg
e0167571_1823429.jpg
ギフの交尾は以前2度ほど撮ったことがあるが、このようにすっきりした姿勢で撮れるのは初めて。これはやらせではなく、もっと下にとまった後、この位置に歩いて登って来たという。何とサービス精神旺盛なことか(笑)。
オスがリズミカルに動き始めたのでその様子を動画に撮ろうとしたら、偶然交尾を解くところが撮れた。ほんの4秒の動画ですが(笑)。

帰宅後モニターで見て初めて気づいたが、↓は後翅外縁の斑紋が山吹色である。ヒメギフの血が混じっているのだろうか。
e0167571_18242977.jpg

ピンポイントの情報はないまま行ってみたのだが、最初に辿り着いた場所が絶好のポイントだったようでよかった。theclaさん始め何人かの撮影者にお会いした。特に駒ケ根のMさんにはいろいろ教えていただいた。
「あずさ」の新型車両は乗り心地満点でした。
イエローバンドは次回の宿題。ゼフの頃にも行ってみたいがちょっと遠いな。
おまけは越冬後のシータテハ。とても敏感だった。
e0167571_18264453.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2018-05-02 19:27 | チョウ | Comments(6)
シーズン初遠征 –ヒメギフ編-
登山では何回か行ったことがあるが、ギフチョウとヒメギフチョウの両方が見られる白馬村にはかねてから蝶目的で行きたいと思っていた。
今回は連休の渋滞がうんざりなので、電車を使い、現地で安いレンタカーを借りて、B&Bに一泊した。
時系列は無視してまずは風景とヒメギフを。
e0167571_18424985.jpg
↑岩岳スキー場下から見た白馬鑓から五竜
e0167571_1843925.jpg
↑平川橋から見た白馬連邦
e0167571_18471074.jpg
↑白馬五竜かたくり苑
e0167571_18474564.jpg
↑ミツガシワの咲く親海湿原
e0167571_18491183.jpg
e0167571_18492351.jpg

撮れたヒメギフの写真は似たようなものばかりなのでこのくらいにしておきますね。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-05-01 18:55 | チョウ | Comments(2)
| ページトップ |