人気ブログランキング |
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
more...
最新の記事
小さな発見
at 2020-06-27 23:00
オオタカのヒナ
at 2020-06-22 22:32
宣言解除
at 2020-06-18 21:33
羽化直!東京のカラスシジミ
at 2020-06-14 23:00
サナエの羽化 –その4- ヒ..
at 2020-06-10 23:00
11年ぶり
at 2020-06-06 23:00
久々の挑戦
at 2020-06-02 23:00
サナエの羽化 –その3- ヤ..
at 2020-05-29 22:51
アゲハ4種混合の集団吸水
at 2020-05-25 17:17
サナエの羽化 –その2- ア..
at 2020-05-21 17:36
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
2020 浅間暮らし(ヤ...
最新のコメント
辺蟲憐さん、ご教示ありが..
by dragonbutter at 22:21
低地のシータテハなんです..
by 辺蟲憐 at 00:36
浅間の煙さん、コメントあ..
by dragonbutter at 21:56
辺蟲憐さんの交尾写真は常..
by dragonbutter at 21:52
タグ
(188)
(159)
(137)
(81)
(78)
(77)
(69)
(66)
(66)
(46)
(38)
(35)
(23)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
(11)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
秋の訪れはマダラヤンマと共に
先週末行きたいところは2箇所あったが、1箇所は難易度が高過ぎて一人で行っても自滅する可能性が高いので、信州のマダラヤンマを見に行くことにした。
着いてからしばらくは飛ぶ数も少なかったが、9時近くなると徐々に数が増え始め、8:57に交尾態を見つけた。しかし一部葉被りのうえピンボケ(泣)。後が続かず、今年もダメか、場所を変えようか、などと思い始めた10:58、交尾態が飛来し、リンゴの木の周りを飛び始めた。とまる場所を探しているようだ。願いが通じたのか、ほぼ理想の位置に静止した。リンゴとのコラボの一枚。
秋の訪れはマダラヤンマと共に_e0167571_22282493.jpg
もうこれが唯一のチャンスとばかり撮りまくる。
しかしその後あれほどの交尾ラッシュになるとは!
もう一度交尾を撮った後、車に引き上げしばらく昼休み。
秋の訪れはマダラヤンマと共に_e0167571_2228523.jpg
気持ちに余裕ができたし、かなり暑くなったから。
午後になっても交尾は続いた。私が観察しただけでも13:48、14:33、14:41、14:57、15:38,
16:06。
秋の訪れはマダラヤンマと共に_e0167571_22294075.jpg
秋の訪れはマダラヤンマと共に_e0167571_22295611.jpg
秋の訪れはマダラヤンマと共に_e0167571_2230829.jpg
秋の訪れはマダラヤンマと共に_e0167571_22302166.jpg
秋の訪れはマダラヤンマと共に_e0167571_22304010.jpg

交尾の持続時間は約15分。それくらい経つとメスが嫌がって動き始め、交尾が外れて単なる連結態となる。
秋の訪れはマダラヤンマと共に_e0167571_22311271.jpg
その後すぐに解けることもあるが、多くは連結態で飛び回り、水辺にとまってから解ける。
秋の訪れはマダラヤンマと共に_e0167571_22314025.jpg
その後すぐにメスが産卵に移行することもある。
その産卵は、植物の繁みに入り込むため難易度が高く、2度のチャンスは証拠写真止まり。
秋の訪れはマダラヤンマと共に_e0167571_22315859.jpg
これは今後の宿題。
尚、メスは斑紋と複眼の青い♂型が多かったが、6番目の交尾写真のメスは黄緑色の♀型。
最後の交尾写真は♂型と♀型の中間色の複眼をもつ美しいメスだった。成熟度の違いもあるのだろうか。
薄暗くなってから帰路に就いたので、帰宅は10時近かったけど、次の日ゆっくりできるし成果もあったので長い渋滞も気にならなかった。祝杯用にマツタケを少し買って帰りたかったが、昼の時点で売り切れていたのでマスカットにシメジにした。
現地でお会いした多くの撮影者の方々、お世話になりました。さすがに人が多いとチャンスも増えますね。でもこんな日はもう二度と来ないかも。
タグ:
Top▲ | by dragonbutter | 2018-09-25 22:37 | トンボ | Comments(2)
彼岸花咲く河川敷
3連休は月曜日に時間がとれたが、天気予報が良くないので遠出は諦めた。しかし起きてみると青空が広がっている。
そこで朝食をゆっくり食べてヒガンバナを見に行くことにした。この河川敷は初めての場所である。
彼岸花咲く河川敷_e0167571_2132819.jpg
ヒガンバナは5分咲きほどだったが、萎れて色褪せた花がないので清々しい。土手一面に咲いているが、人は少なく、ほとんど地元の方たちの様だった。
柑橘系の樹はないので黒系アゲハは最初から期待していなかった。キアゲハとアゲハが飛び回っていた。
彼岸花咲く河川敷_e0167571_2135765.jpg
彼岸花咲く河川敷_e0167571_214949.jpg
彼岸花咲く河川敷_e0167571_2142669.jpg
彼岸花咲く河川敷_e0167571_2143511.jpg
ジャコウアゲハが産卵に訪れた。
彼岸花咲く河川敷_e0167571_2145287.jpg
草の間に潜り込んで30秒ほどの間に5卵産んだ。
彼岸花咲く河川敷_e0167571_2151186.jpg
彼岸花咲く河川敷_e0167571_2152337.jpg

コムラサキとギンイチモンジセセリもいたけど撮れなくて残念だった。
彼岸花咲く河川敷_e0167571_2153839.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2018-09-17 21:07 | チョウ | Comments(6)
身近な蝶2種
今回も身近な蝶です。
キバナコスモスに来たアゲハ。
身近な蝶2種_e0167571_23375959.jpg
身近な蝶2種_e0167571_23381272.jpg

夏型のメスなのでかなり黒っぽかった。
身近な蝶2種_e0167571_23382353.jpg

寺に咲き始めたシラハギにツバメシジミとルリシジミが飛んでいた。
ルリシジミは蕾の根元に産卵していた。
唯一何とかピントが合った産卵シーンでは腹端が少し離れている(泣)。
身近な蝶2種_e0167571_23383555.jpg

卵は小さいけど拡大するとかなり美しい。
身近な蝶2種_e0167571_23384714.jpg

ルリシジミの仲間では網状の模様が最も細かいらしい。
早くもヒガンバナが咲き始めていた。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-09-11 23:40 | チョウ | Comments(2)
蜂あれこれ
このところ近場に出かけてもこれといった成果はないので、蜂の画像をアップします。素人なので同定に間違いがあればご指摘ください。場所と日付はバラバラです。
ヒメスズメバチ。ヒメといってもかなり大型。アシナガバチの巣を襲う。人に対する攻撃性は強くないそうだ。
蜂あれこれ_e0167571_2113175.jpg

ムモンホソアシナガバチ。攻撃的なため要注意らしい。
蜂あれこれ_e0167571_21133957.jpg

スズバチ。
蜂あれこれ_e0167571_21151551.jpg

ミカドトックリバチ。
蜂あれこれ_e0167571_21154281.jpg

キオビツチバチ。
蜂あれこれ_e0167571_2116780.jpg

ヤドリコハナバチの仲間。類似種が複数いるらしい。
蜂あれこれ_e0167571_21163512.jpg

おまけはコシロシタバ。新鮮な個体だった。
蜂あれこれ_e0167571_21165880.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2018-09-02 21:23 | その他の昆虫 | Comments(0)
| ページトップ |