人気ブログランキング |
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...
最新の記事
南信にて
at 2019-06-04 23:18
春のトンボの産卵 -3-
at 2019-05-22 23:32
春のトンボの産卵 -2-
at 2019-05-15 22:41
春のトンボの産卵 -1-
at 2019-05-11 20:15
富山のヒラサナエ
at 2019-05-08 22:23
3年ぶりの与那国・石垣 -4-
at 2019-05-01 14:02
ミツバウツギに来る春の蝶
at 2019-04-29 21:55
3年ぶりの与那国・石垣 -3-
at 2019-04-27 21:26
3年ぶりの与那国・石垣 -2-
at 2019-04-25 17:31
3年ぶりの与那国・石垣 -1-
at 2019-04-23 23:18
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
2019 浅間暮らし(ヤ...
最新のコメント
浅間の煙さん、コメントあ..
by dragonbutter at 23:06
banyanさん、コメン..
by dragonbutter at 23:04
ヒラサナエとヒロシマサナ..
by 浅間の煙 at 08:21
ヒラサナエがどれだけ貴重..
by banyan10 at 18:43
タグ
(165)
(144)
(132)
(76)
(73)
(68)
(65)
(62)
(62)
(42)
(38)
(35)
(19)
(18)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2019年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
南信にて
仕事で名古屋に行ったので日曜日は南信によって帰った。
土曜日に泊まった安宿から街灯もほとんどない暗い道を夕食を食べに向かう途中、田んぼからはうるさいほどのカエルの声と、どこからかコノハズクの「ブッキョッコー」という声が響いていた。
日曜日は一日中曇りで、特に午後は雲が厚くなって、期待通りに蝶やトンボは飛ばなかったけど、のんびり歩きまわることができた。
休耕田にできたと思われる湿地では無数のハッチョウトンボが発生していた。
e0167571_2385940.jpg

湿地を歩くと次々と虻のように飛び出した。まだ出始めのようで、赤く色づいたオスはいなかった。羽化すぐの個体は眼が白っぽいようだ。
e0167571_2394448.jpg
虫の神様は小さい昆虫も手を抜かない。拡大するとよくもこんなに、と驚くほど精密な形態、斑紋に驚く。しかしハッチョウトンボの翅はだいぶ手を抜いたようだ(笑)。他のトンボに比べて随分翅脈が粗いのだ。
e0167571_2310434.jpg

できるだけ持ち歩くことにしている調理用のざるで湿地を掬ってみるとすごい数のヤゴ!ほとんどがイトトンボのヤゴでアジアイトトンボのようだ。それに混ざってハッチョウのヤゴも見つかる。とにかく世界最小のトンボの一つなので、ヤゴもめっちゃ小さいことを予想していたせいか、まあこんなもんか、といった小ささ。
e0167571_2310498.jpg
これでも終齢だよ。いつまでも発生が続いてほしいものだ。
山あいの水田の脇で見ることのできる貴重なミヤマシジミのポイントにも行った(現在の生息地はほとんどが河川敷と火山礫地である)。一部除草剤がまかれていて心配したが、ミヤマシジミは少ないながら観察できた。
e0167571_23112489.jpg
メスがコマツナギの茎を歩きながら腹部を曲げている。
e0167571_23132187.jpg
実際には産んでいないこともあったが、産卵直後の卵も見つけることができた。
e0167571_23133790.jpg
スーパーマクロレンズをもっていなかったのが悔やまれる。
e0167571_23135378.jpg
e0167571_23141152.jpg

その他にはスジボソヤマキチョウの終齢幼虫(長いことこのように頭をもたげていた)やアサマイチモンジ(南信ではイチモンジチョウよりアサマの方が圧倒的に多い)が撮れた。
e0167571_23143395.jpg
e0167571_23145561.jpg

見かけたゴイシシジミはとても大きく、クロシジミかと思ってしまうほどだった。
e0167571_231646.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2019-06-04 23:18 | チョウとトンボ | Comments(0)
| ページトップ |