人気ブログランキング |
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
more...
最新の記事
小さな発見
at 2020-06-27 23:00
オオタカのヒナ
at 2020-06-22 22:32
宣言解除
at 2020-06-18 21:33
羽化直!東京のカラスシジミ
at 2020-06-14 23:00
サナエの羽化 –その4- ヒ..
at 2020-06-10 23:00
11年ぶり
at 2020-06-06 23:00
久々の挑戦
at 2020-06-02 23:00
サナエの羽化 –その3- ヤ..
at 2020-05-29 22:51
アゲハ4種混合の集団吸水
at 2020-05-25 17:17
サナエの羽化 –その2- ア..
at 2020-05-21 17:36
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
2020 浅間暮らし(ヤ...
最新のコメント
辺蟲憐さん、ご教示ありが..
by dragonbutter at 22:21
低地のシータテハなんです..
by 辺蟲憐 at 00:36
浅間の煙さん、コメントあ..
by dragonbutter at 21:56
辺蟲憐さんの交尾写真は常..
by dragonbutter at 21:52
タグ
(188)
(159)
(137)
(81)
(78)
(77)
(69)
(66)
(66)
(46)
(38)
(35)
(23)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
(11)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2019年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
蟻と共に -2-
標高を下げて今季2度目となるクロシジミのポイントへ。
オスの開翅が撮りたかったが、標高が低いし、時期的にきれいなオスは元々望み薄だった。
探し始めてすぐに最初のメスが飛び出した。
蟻と共に -2-_e0167571_2372844.jpg
しかしあとが続かず結局♀×2のみだった。
やはり出現末期と思われた。
密かに撮りたかったのが幼虫。時期的には孵化していてもおかしくない。ヨモギは大きく成長しており、前回産卵を撮影したあたりを探しても幼虫はおろか卵も見つからない。100株はチェックしたと思うが諦めムード。最後に今日メスが飛び出したあたりのヨモギをチェックしていたら卵のある株を見つけた。
蟻と共に -2-_e0167571_237583.jpg
すべて穴の空いた卵殻である(写真は隣のススキにあった卵殻)。どうせならみき♂さんに穴の開いてない卵をお見せしたかったな、でもひょっとしたら・・・などと思いながらその株をチェックしていると・・・。
何と小さな幼虫が育っていた。2齢か3齢だと思う。4匹かたまっているものも。
蟻と共に -2-_e0167571_2385121.jpg
小さなアリも写っている。
蟻と共に -2-_e0167571_239699.jpg
二人で喜んでバシバシ撮っていたら、近くでアリが幼虫を咥えて茎を下りているではないか。
蟻と共に -2-_e0167571_2392549.jpg
脇目もふらずに移動するので辛うじて何とか撮れたものは1カットのみ。
やったー、アリが幼虫を巣に運ぶところが撮れたぞ!
しかしちょっと待てよ。クロシジミを育てるのはクロオオアリではなかったか。これはずっと小さなアミメアリ(多分)(帰宅後判明)。アミメアリは定住巣を作らないという。だとするとこの幼虫の運命は?謎は深まるばかり。
可能性としては、①巣まで連れていかれるが、定住巣がないため早晩置いてきぼりを食らう。②途中で見捨てられる。③アリの餌となる。
いずれにしてもこの幼虫に幸せな未来はなさそうでかわいそうだ。
アミメアリに関しては面白い研究があり、ムラサキシジミの幼虫はアミメアリに蜜を与えることで、アリの脳内物質ドーパミンの働きを抑制し、ムラサキシジミの元に長くとどまり、しかもより攻撃的になって幼虫を天敵から防衛するのだという(Current Biology 25, 2260–2264, 2015)。
クロシジミの幼虫もクロオオアリに限らず、他の蟻の行動にも何らかの影響を与えているのかもしれない。
後日みき♂さんがもっと素敵な写真を載せられると思います。
蟻の同定が間違っていたら、またこんなシーンを見た方がおられましたらご教示ください。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-08-23 23:14 | チョウ | Comments(4)
晩夏の富士山麓
13日はみき♂さんと富士山の裾野へ出かけた。
見たかった蝶がいなかった一方で予想外の蝶に会えたりした。
ヤマキチョウを久しぶりに撮りたかったけど天気がいまいちで出現せず。
うれしい出会いも多かった。
ここではクロシジミを初めて見た。擦れたオス。
晩夏の富士山麓_e0167571_17572886.jpg

この後みき♂さんは新鮮個体を撮っておられる。
ヤマハギで吸蜜中のヒメシロチョウ。
晩夏の富士山麓_e0167571_17574938.jpg

湿った道路ではヤマトスジグロシロチョウやキチョウと共にヒメシロチョウも吸水に集まった。
晩夏の富士山麓_e0167571_17581050.jpg
晩夏の富士山麓_e0167571_17582060.jpg

ミヤマシジミの吸水は初めてかも。
晩夏の富士山麓_e0167571_17583333.jpg

食草のコマツナギでも吸蜜。
晩夏の富士山麓_e0167571_17585090.jpg

ミヤマチャバネセセリの吸い戻し。
晩夏の富士山麓_e0167571_17591368.jpg

これ、結構嬉しかった。
最後にゴマシジミが撮れた。
晩夏の富士山麓_e0167571_17593352.jpg

毎度のことですが、みき♂さんに見つけてもらったものが多いです。
この後転戦先でもちょっとした出会いがあった。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-08-17 18:01 | チョウ | Comments(4)
蟻と共に -1-
10、11日はまた南信に行った。
一番の目的は南信からほとんどいなくなったゴマシジミを見ることだったが残念ながら果たせず。いなくなったのかフライングだったか。後者であることを願いたい。
春ならギフチョウのいるポイントではオオムラサキが樹液に来ていた。
蟻と共に -1-_e0167571_12375825.jpg

ぼろぼろのオスが求愛していたので一応動画も撮ってみた。

しつこくまとわりついていたが、結局ふられて飛び去った。
翌日は某大学がミヤマシジミを中心とした生態調査をしているエリア。
水田や溜池の周りに沢山のミヤマシジミ。
蟻と共に -1-_e0167571_12384676.jpg

蟻と共に -1-_e0167571_1239522.jpg
コマツナギに幼虫もいる。
必ずクロヤマアリが集まっていた。最大で4匹。
蟻と共に -1-_e0167571_12393418.jpg
蟻と共に -1-_e0167571_12394583.jpg

こちらはより若齢幼虫。
蟻と共に -1-_e0167571_12395643.jpg

寄生バエと思われるハエも盛んに幼虫を探して飛び回っていたが、残念ながら敏感で撮れなかった。
ミヤマシジミとクロヤマアリは共生関係にあり、アリは幼虫の分泌する蜜をなめ、そのかわりに外敵を追い払う。
これもコマツナギと共生するコハナバチの仲間。
蟻と共に -1-_e0167571_12402129.jpg

これはコマツナギ専門に寄生するコマツナギアブラムシ。
蟻と共に -1-_e0167571_12403592.jpg

最後は知る人ぞ知るサナエのポイントに久しぶりに訪れた。背丈を優に超える草が生い茂り、いつもの場所から川に下りられなかった。かなり下流でなんとか下りられた。
メガネサナエはいなくなったのだろうか。オナガサナエが多かった。
蟻と共に -1-_e0167571_12405770.jpg

1匹だけちょっと雰囲気が違うサナエが。
蟻と共に -1-_e0167571_12411397.jpg

これはミヤマサナエ。背中に黄色い筋が入り、腹部7-9節が大きく膨らむ。
もっとねばればオナガの産卵も撮れたかもしれないが、渋滞が気になって帰路についた。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-08-14 12:46 | チョウとトンボ | Comments(0)
猛暑の里山
携帯電話の基地局の脇に泥がたまってわずかに水が流れていた。
そこにクロアゲハ、アゲハ、アオスジアゲハ、イチモンジチョウが吸水に来た。
クロアゲハは2匹来たが、赤斑に違いが見られた。吸った水分を勢いよく排出している瞬間がたまたま撮れていた。
猛暑の里山_e0167571_22183452.jpg
猛暑の里山_e0167571_22185099.jpg
猛暑の里山_e0167571_22185819.jpg

休耕田ではいまだにクロスジギンヤンマが産卵していた。もっとも以前10月16日に産卵を撮っているので驚くほどではない。
猛暑の里山_e0167571_22193690.jpg

日が傾いてマルタンヤンマの産卵を観察。今年はなぜかオスの黄昏飛翔がほとんど見られない。しかしメスはそこそこ産卵に入った。
休耕田の中心部の水深が深くて水生植物が密集したエリアが好みのようで、以前の写真を超えるものは撮れなかった。
猛暑の里山_e0167571_22195382.jpg

「夕焼け小焼け」の防災行政無線が流れ、少しずつ暗くなってきたので帰ることにした。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-08-08 22:31 | チョウとトンボ | Comments(0)
4年ぶりのぶら下がり
ヤンマのぶら下がりは卒業、なんて思っていたが、4年も経つとさすがに会いたくなって近場の公園へ出かけた。最寄りのアメダス観測点では6日続けての猛暑日。ぶら下がり観察にはもってこいの日が続いている。
結果は、猛暑の割には数が少なく、マルタン♂×2、ヤブ♂×1だった。今年も皆先達の見つけてくれたものだ(汗)。
4年ぶりのぶら下がり_e0167571_21551981.jpg
4年ぶりのぶら下がり_e0167571_21553869.jpg
4年ぶりのぶら下がり_e0167571_21555224.jpg
暗いのでいつも撮影には苦労する。いろいろ条件を試したが、結局すべてをマニュアルにして撮ったものがいちばん満足いく結果だった。ストロボを使わない写真は3脚を持参してないので撮れなかった。
どれも少しずつ傷んでおり、そろそろ終盤にさしかかりつつあるのかもしれない。
カラスアゲハに人気のコクサギの株に終齢幼虫がいた。
4年ぶりのぶら下がり_e0167571_2156751.jpg

アカボシゴマダラも多い。
4年ぶりのぶら下がり_e0167571_21562081.jpg

翅を閉じてとまったので久しぶりに裏面が撮れると思って撮影すると、エノキの幼木に産卵中だった。
4年ぶりのぶら下がり_e0167571_2156324.jpg
飛び去ってから見ると2卵見える。
4年ぶりのぶら下がり_e0167571_21564822.jpg
しかし一つは色が違うので以前に産み付けられたものらしい。縦に走る襞は、新しい方が18本、古い方が20。キタテハもそうだったけど、縦の襞の数にはばらつきがあるようだ。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-08-04 21:59 | チョウとトンボ | Comments(0)
| ページトップ |