人気ブログランキング |
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
more...
最新の記事
北のトンボのヤゴ達 -1-
at 2021-01-24 21:26
擬木柵の上で(その2)
at 2021-01-17 20:37
擬木柵の上で
at 2021-01-11 17:59
新年のご挨拶
at 2021-01-01 00:00
冬を越す蝶、越せぬ蝶
at 2020-12-27 21:44
小春日和に越冬蝶観察
at 2020-12-12 13:51
木枯らしに負けずに
at 2020-12-05 23:44
河川敷を歩く
at 2020-11-27 23:05
近場の公園巡り
at 2020-11-23 22:50
懲りずにアオタテハモドキ
at 2020-11-16 23:09
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2021 浅間暮らし
最新のコメント
himeooさん、あけ..
by dragonbutter at 20:21
ダンダラさん、あけまして..
by dragonbutter at 20:19
霧島緑さん、あけまして..
by dragonbutter at 20:15
cactussさん、あ..
by dragonbutter at 20:14
タグ
(199)
(167)
(142)
(87)
(78)
(78)
(73)
(70)
(69)
(49)
(38)
(36)
(24)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(11)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
小春日和に越冬蝶観察
先週末はダンダラさんが観察を続けておられる埼玉の公園へ越冬蝶を見に行った。現地には既にダンダラさんご夫婦の他に霧島緑さんbanyanさんがお集まり。
以下全部教えていただいたものです。クヌギの枯葉で越冬中のムラツの集団。
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13392097.jpg
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13394118.jpg
何頭いるだろう?10頭以上は確実。久しぶりに見る集団だ。
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13401340.jpg
気温が上がって飛び回る個体も。
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13404734.jpg
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13430576.jpg
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13441123.jpg
あまりいい角度で捕えられない。
マテバシイで越冬中の4頭のムラシ。ちゃんと茶色くなった場所に集まっている。
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13444566.jpg
サザンカの葉裏でウラギンシジミが3頭越冬中。
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13455729.jpg
逆方向に回り込むとサザンカの花を背景に撮れた。
小春日和に越冬蝶観察_e0167571_13463198.jpg
短い時間であったが楽しい撮影会だった。皆さんお世話になりました。

Top▲ | # by dragonbutter | 2020-12-12 13:51 | チョウ | Comments(8)
木枯らしに負けずに
先週の土曜日は木枯らしの吹く1日だったが、関東地方にはまだ寒気は届いていないようで、気温はそこそこ上がってくれた。久しぶりに行く公園で、コナラの林をクロスジフユエダシャクのオスがメスを探してあちこちで飛び回っている。発生のピークのようだ。
木枯らしに負けずに_e0167571_23394761.jpg
木枯らしに負けずに_e0167571_23401468.jpg
枯葉の積もる地面をしきりに気にしているオスがいる。メスが隠れているに違いない。しばらくすると落ち葉の間にメスが顔を出した。
木枯らしに負けずに_e0167571_23404609.jpg
もう2匹オスが集まってきた。そのうちようやく1匹がメスとカップルになった。
木枯らしに負けずに_e0167571_23411070.jpg
木枯らしに負けずに_e0167571_23412269.jpg
ヒトを怖がらないアオサギが原っぱで何か探している。じっとしていると人のすぐそばまでやってくる。
木枯らしに負けずに_e0167571_23421580.jpg
何度かアキアカネをゲットした。
木枯らしに負けずに_e0167571_23423599.jpg
狩りのうまさには脱帽。ほとんど失敗がなかった!

Top▲ | # by dragonbutter | 2020-12-05 23:44 | その他の昆虫 | Comments(2)
河川敷を歩く
連休最終日はロケハンを兼ねて河川敷でポイントを探す。干上がりかけた水辺でアキアカネとマユタテアカネが最後の力を振り絞って産卵していた。
河川敷を歩く_e0167571_22574432.jpg
河川敷を歩く_e0167571_22582287.jpg
河川敷を歩く_e0167571_22585276.jpg
河川敷を歩く_e0167571_22590161.jpg
自宅からさほど遠くない撮影しやすい場所が見つかったので来年が楽しみ。
ムラサキツバメや生き残りのヒメウラナミジャノメもいた。
河川敷を歩く_e0167571_22592394.jpg
もっと幻光を捉える角度を探そうとしたら飛ばれた(泣)
11月下旬というのに比較的綺麗なカトリヤンマのオスがいてびっくり。
河川敷を歩く_e0167571_22595124.jpg
調べるとMy終見日は12月4日だったが、その時はくたびれたメスだった。

Top▲ | # by dragonbutter | 2020-11-27 23:05 | トンボ | Comments(0)
近場の公園巡り
新型コロナウイルスの感染拡大がとまらない。すぐ近くの小学校や病院でもクラスターが発生し、ひたひたと身近に迫っていると実感する。連休は3日とも好天に恵まれたので、感染予防に注意しつつ近場の屋外を楽しんだ。
近くの公園で経過観察中のイチモンジセセリの幼虫は残念ながら姿を消してしまったが、すぐ近くでもう1つ巣を見つけた。
近場の公園巡り_e0167571_22341480.jpg
少しだけ開いて撮らせていただく。
近場の公園巡り_e0167571_22355728.jpg
別の公園ではいつものユキヤナギにホシミスジの越冬巣を4巣見つけた。まだ緑色の残っている巣もある。
近場の公園巡り_e0167571_22360838.jpg
翌日は更に別の公園へ。去年と代わり映えしないけど、ツワブキに来た蝶達。上からアゲハ、ウラナミシジミ、キタキチョウ、チャバネセセリ、ツマグロヒョウモン、ヤマトシジミ。
近場の公園巡り_e0167571_22413608.jpg
近場の公園巡り_e0167571_22415478.jpg
近場の公園巡り_e0167571_22421341.jpg
近場の公園巡り_e0167571_22422430.jpg
近場の公園巡り_e0167571_22423529.jpg
近場の公園巡り_e0167571_22424665.jpg
近場の公園巡り_e0167571_22425508.jpg

最後は白斑の小さなウラギンシジミ雌。
近場の公園巡り_e0167571_22434194.jpg
図鑑によれば秋型で翅表の斑紋が発達するとあるが・・・(原色日本蝶類図鑑)?。
Top▲ | # by dragonbutter | 2020-11-23 22:50 | チョウ | Comments(0)
懲りずにアオタテハモドキ
アオタテハモドキのその後を確認したくてもう一度だけ行ってみることにした。別の場所でロケハンをしてからだったので到着が12時過ぎとなった。banyanさんが来ているはずなので携帯に電話して合流。撮影出来たという南向きの斜面にもう一度戻っていただく。前回撮った場所からは直線で500m以上離れた所だった。
懲りずにアオタテハモドキ_e0167571_22565071.jpg
懲りずにアオタテハモドキ_e0167571_22570942.jpg
やはり擦れたオスだったけど今回は閉翅が撮れた。
懲りずにアオタテハモドキ_e0167571_22572829.jpg
翅を閉じると枯葉そっくりの色なので目を離すと見失ってしまう。成虫はかなり冷え込んでも生き残れるようだ。でもどの発育段階でも越冬は無理だろうからそろそろ見納め。
家の近くの公園に寄ってから帰った。8日前にイチモンジセセリと思われる幼虫を見つけてその後が気になったので。前回はヨシの葉でこんな巣をつくっており、開くと若齢幼虫がいた。
懲りずにアオタテハモドキ_e0167571_22574980.jpg
懲りずにアオタテハモドキ_e0167571_22580402.jpg
懲りずにアオタテハモドキ_e0167571_23062119.jpg
まだ顔の模様が未熟で、同定に少し不安があった。幸い生き残っていて、中齢になっていた。繭のような巣を作っていた。
懲りずにアオタテハモドキ_e0167571_22591390.jpg
体長2cm程だろうか。イチモンジセセリ特有の顔になっていた。
懲りずにアオタテハモドキ_e0167571_23065559.jpg
東京の平地なら少数は越冬可能と思うので、出来れば今後観察を続けたい。ちなみに非越冬幼虫の終齢は5齢であるが、越冬幼虫では6-8齢という過剰脱皮が起きるそうだ(原色日本蝶類生態図鑑)。
Top▲ | # by dragonbutter | 2020-11-16 23:09 | チョウ | Comments(4)
| ページトップ |