人気ブログランキング |
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
more...
最新の記事
北のトンボのヤゴ達 -1-
at 2021-01-24 21:26
擬木柵の上で(その2)
at 2021-01-17 20:37
擬木柵の上で
at 2021-01-11 17:59
新年のご挨拶
at 2021-01-01 00:00
冬を越す蝶、越せぬ蝶
at 2020-12-27 21:44
小春日和に越冬蝶観察
at 2020-12-12 13:51
木枯らしに負けずに
at 2020-12-05 23:44
河川敷を歩く
at 2020-11-27 23:05
近場の公園巡り
at 2020-11-23 22:50
懲りずにアオタテハモドキ
at 2020-11-16 23:09
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2021 浅間暮らし
最新のコメント
himeooさん、あけ..
by dragonbutter at 20:21
ダンダラさん、あけまして..
by dragonbutter at 20:19
霧島緑さん、あけまして..
by dragonbutter at 20:15
cactussさん、あ..
by dragonbutter at 20:14
タグ
(199)
(167)
(142)
(87)
(78)
(78)
(73)
(70)
(69)
(49)
(38)
(36)
(24)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(11)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
最後の砦?
オガサワラシジミが絶滅とのニュースが報道されました。
域外保全に携わってこられた日本チョウ類保全協会をはじめとする関係者の方々は断腸の思いであろうと思います。あの青く輝く翅をもつシジミチョウが地球から消滅したと思うと言葉もありません。
しかし人知れず絶滅に追いやられている生物はたくさんいるのでしょうね。
素人の妄想ですが、保護区のどこかで、また調査の行き届いていない無人島で辛うじて命を繋いでいてくれることを祈ります。
やはり絶滅が危惧されている蝶のひとつがゴマシジミ。子供の頃、私の育った南信では、お盆の頃、少し山手に入ると労せず見られたものだ。1970年代までは・・・。
しかし生息地は次々と消失し、知る限り信州では松本市、長野市、木曽町に残るのみのようだ(八方尾根・白山亜種、いわゆる山ゴマは別として)。
しかし残存する産地とは飛び離れた南信の某所で、辛うじて行き残っていると聞いていた。ここのゴマは発生が遅いようで、去年は8月10日に行ったが未発生だった。
今年は発生情報を確認して22日に出かけた。出来れば朝の開翅が撮りたかったので朝4時過ぎに自宅を出る。
ここのゴマは全て青ゴマ。まだかなり新鮮な個体もいる。
最後の砦?_e0167571_212912.jpg

暑い日であったが、9時近くまでは開翅が見られた。
最後の砦?_e0167571_21291066.jpg
最後の砦?_e0167571_2129186.jpg
最後の砦?_e0167571_21292874.jpg
最後の砦?_e0167571_2132522.jpg

産卵中のメス。
最後の砦?_e0167571_21293758.jpg

卵はワレモコウの蕾の奥深くに産まれているので見にくい。
最後の砦?_e0167571_21294855.jpg

オスは翅表外縁の黒帯が狭く、青色部との境界が鮮明。
最後の砦?_e0167571_21301612.jpg

発生地はとても狭く、いつ消滅してもおかしくない。孤立化による遺伝的多様性の低下も心配である。来年以降もゴマシジミの飛ぶ風景が続くことを祈っている。
場所を変えて溜池の脇で発生のミヤマシジミをとって終了。
最後の砦?_e0167571_2131294.jpg

Top▲ | # by dragonbutter | 2020-08-30 21:36 | チョウ | Comments(4)
奥能登へ –後編-
奥能登には魅力的な滝がいくつかある。
海に直接落ちる垂水の滝。
奥能登へ –後編-_e0167571_17445379.jpg

巨岩に丸く空いた穴から流れ落ちる桶滝。
奥能登へ –後編-_e0167571_1745789.jpg

夫婦のように寄り添って流れ落ちる男女滝(なめたき)。
奥能登へ –後編-_e0167571_17451851.jpg

奥能登といえば撮りたい蝶はクロコムラサキと並んでシルビアシジミ。北限のシルビア、そして海辺に生息するから海ビアとも呼ばれる。シルビアシジミ能登半島北西部亜種(Zizina emelina terukoae Kimura)とする論文も出ている(バタフライ・ サイエンス. 2016, 4, 20–33)。
撮影適期は秋口なのでちょっと厳しいかなと思っていた。
最初の場所ではミヤコグサが点々と咲いていたが、カタバミの方が多かった。飛んでいる青いシジミはなかなかとまってくれない。確認した限りヤマトばかり。小さく感じる中には少数のシルビアがいるのかもしれないが、暑い中これ以上ちょこまか飛び回るシジミを追い回す意欲がなくなって移動。
移動先の海辺ではミヤコグサがまとまって生えていた。飛んでいるシジミのほとんどがシルビア!新鮮個体も少数いる。
奥能登へ –後編-_e0167571_17471762.jpg
奥能登へ –後編-_e0167571_17472812.jpg
高温で開翅は期待できないので飛び立ちを狙う。ピカピカのオスだった。
奥能登へ –後編-_e0167571_1747419.jpg

卵はすぐに見つかったが幼虫はダメだった。
奥能登へ –後編-_e0167571_17475461.jpg

海背景の広角も撮れたが、差し支えなさそうなカットだけを。気にしすぎかもしれないけど。
奥能登へ –後編-_e0167571_174894.jpg
奥能登へ –後編-_e0167571_1748199.jpg

曇天なので夕日を入れての広角シーンは断念。
里山や里海の原風景を見るようで、とても心落ち着く旅だった。
奥能登へ –後編-_e0167571_17483219.jpg

Top▲ | # by dragonbutter | 2020-08-23 17:51 | チョウ | Comments(4)
奥能登へ –前編-
富山にある妻の実家に帰省を予定していた。春の連休は緊急事態宣言で中止した。お盆はだいぶ迷ったけど、某県では帰省した実家玄関先に心無い貼り紙をされたという記事を見て、やはり延期することとした。
もともと帰省時に足を延ばそうと計画していた奥能登には予定通り行くことに決めた。
真垣の里
奥能登へ –前編-_e0167571_9221757.jpg

輪島の朝市。
奥能登へ –前編-_e0167571_9223317.jpg
さすがに閑散としていた。おばあちゃんの勢いに押されて輪島塗の箸を買ってしまう。お椀なんぞは高くて手が出ません!
奥能登といえばクロコムラサキが有名。100%クロコムラということであるが、通常型も1頭見たので全てというわけではないようだ。
教えていただいた集落周辺で柳の多い場所を見つけたが数は多くない。コンクリートや柳の幹に焼酎やポカリ等を仕込んで飛来を待つ。敏感に反応したのがスミナガシ。輝くような新鮮個体が時々飛来した。
奥能登へ –前編-_e0167571_9231745.jpg

結局コムラサキは幹と地面に1回ずつ下りたのみだった。
奥能登へ –前編-_e0167571_9233674.jpg
奥能登へ –前編-_e0167571_923431.jpg
奥能登へ –前編-_e0167571_9235022.jpg
奥能登へ –前編-_e0167571_9235857.jpg

黒紫の妖しい幻光は捉えるのが難しく、満足度の高いカットは得られなかった。もう少し数が多ければ新鮮個体や輝きの強い個体を選べたのかもしれないが、言い訳になってしまうね。
300mmで何とか写せる自然の酒場にもやって来たが、見上げる角度での撮影条件は厳しかった。
奥能登へ –前編-_e0167571_9241729.jpg
奥能登へ –前編-_e0167571_9242671.jpg
メスと思われるこの個体はオスより一回り大きくて、酒場ではオスより優位だった。
奥能登へ –前編-_e0167571_9244417.jpg

いい感じの広角が撮れたけど掲載は自粛します。
次回はシルビアシジミです。
Top▲ | # by dragonbutter | 2020-08-20 09:27 | チョウ | Comments(0)
39℃になった日
多分今年の最高気温を記録するであろう日、近場の公園で撮影。
ここでも少数のムスジイトトンボが発生していた。
39℃になった日_e0167571_16584952.jpg

チョウトンボの飛翔撮影を試みるもほとんどピンボケ。
39℃になった日_e0167571_1659124.jpg
たまにピントが合っても光線の具合がいまいち。
びっくりするほど低い位置にマルメスとヤブオスがぶら下がっていた。
39℃になった日_e0167571_16591626.jpg
39℃になった日_e0167571_16592456.jpg
39℃になった日_e0167571_16593159.jpg

この日の練馬の最高気温は39℃!危険を感じるほどの暑さだった。
Top▲ | # by dragonbutter | 2020-08-15 23:00 | トンボ | Comments(0)
交尾中に揃って吸水!
東京がこの夏2度目の猛暑日を記録した日、千葉県に向かった。目的のネアカヨシヤンマはメスが下りたが落ち着かず、産卵は撮れなかった。左後翅が破損したオス。
交尾中に揃って吸水!_e0167571_9511442.jpg

未熟なカトリヤンマが枝にとまった。
交尾中に揃って吸水!_e0167571_9513043.jpg

ヒメウラナミジャノメの交尾を6年ぶりに観察した。
交尾中に揃って吸水!_e0167571_9514351.jpg
何度か小飛して交尾はしばらく続いた。湿った地面にとまったシーンでは2頭とも吸水している。
交尾中に揃って吸水!_e0167571_9521015.jpg
交尾中に揃って吸水!_e0167571_9522076.jpg
なんとしたたかなペアだろう(笑)。
交尾中に揃って吸水!_e0167571_9522556.jpg

Top▲ | # by dragonbutter | 2020-08-13 09:54 | チョウとトンボ | Comments(0)
| ページトップ |