人気ブログランキング |
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
more...
最新の記事
北のトンボのヤゴ達 -1-
at 2021-01-24 21:26
擬木柵の上で(その2)
at 2021-01-17 20:37
擬木柵の上で
at 2021-01-11 17:59
新年のご挨拶
at 2021-01-01 00:00
冬を越す蝶、越せぬ蝶
at 2020-12-27 21:44
小春日和に越冬蝶観察
at 2020-12-12 13:51
木枯らしに負けずに
at 2020-12-05 23:44
河川敷を歩く
at 2020-11-27 23:05
近場の公園巡り
at 2020-11-23 22:50
懲りずにアオタテハモドキ
at 2020-11-16 23:09
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2021 浅間暮らし
最新のコメント
himeooさん、あけ..
by dragonbutter at 20:21
ダンダラさん、あけまして..
by dragonbutter at 20:19
霧島緑さん、あけまして..
by dragonbutter at 20:15
cactussさん、あ..
by dragonbutter at 20:14
タグ
(199)
(167)
(142)
(87)
(78)
(78)
(73)
(70)
(69)
(49)
(38)
(36)
(24)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(11)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:アゲハチョウ科 ( 78 ) タグの人気記事
Top▲ |
アゲハ4種混合の集団吸水
蜻蛉の写真が続いたのでここらで蝶の写真を。
林道で2年ぶりにアゲハの集団吸水を観察できた。全く同じ場所であった。
アゲハ4種混合の集団吸水_e0167571_1783318.jpg
アゲハ4種混合の集団吸水_e0167571_1784436.jpg
今年の同時吸水の最大は7匹。2年前は14匹の大集団だったので規模ははるかに及ばないが、クロアゲハが加わったため4種混合(クロ、オナガ、カラス、ミヤマカラス)の吸水が撮れた(前回は3種)。近くでサカハチも吸水してたけどね。前回より9日も遅い観察だったのに、蝶はむしろ新鮮だった。花の開花も遅れ気味だった。
4種とも入ったカット。
アゲハ4種混合の集団吸水_e0167571_178582.jpg

ミヤマカラスアゲハは日本の蝶の人気度ランキングでは大差で1位だったそうだ(神戸県民センター主催の投票結果)。
これは標準的な個体。
アゲハ4種混合の集団吸水_e0167571_1791245.jpg

これは派手さはないが緑っぽい個体。
アゲハ4種混合の集団吸水_e0167571_1792389.jpg

そして下がこの日屈指の美麗個体。
アゲハ4種混合の集団吸水_e0167571_1794040.jpg
赤斑の発達具合も見事で、個人的にはトップレベル。寒冷地に行けばこんなもんではないらしいが。
角度と光線の具合で後翅全体が光り輝く。
アゲハ4種混合の集団吸水_e0167571_17101383.jpg

別の谷では今年もアオバセセリが大量発生していた。
アゲハ4種混合の集団吸水_e0167571_1712366.jpg

最後に嬉しかったのはミスジチョウの蛹が撮れたこと。越冬巣で蛹化していた。
アゲハ4種混合の集団吸水_e0167571_1713930.jpg
実はこの日より20日ほど前に幼虫を2個体見つけており、そのうちの一つと思われる。
アゲハ4種混合の集団吸水_e0167571_17132526.jpg

都県境を越えなくても十分楽しめた。
おまけは電車。この日よりだいぶ前のこと、五日市線沿線で今年初めてのピカピカのヤマトシジミを撮っていたら近くの踏切がカンカン鳴り始めた。ふとみると見たこともない電車が来たので慌ててマクロレンズのままカメラを向けた。
アゲハ4種混合の集団吸水_e0167571_1714382.jpg
これはE491系電車(愛称East i-E)という検測車らしい。3両編成が1本しかないということなので見られて運がよかったのかも。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-05-25 17:17 | チョウ | Comments(8)
2年ぶりのギフ
3月中にもう1日有給をとらなくてはいけない。
そこでみき♂さん、公園昆虫記のおはるさんと天気のよさそうな木曜日に2年ぶりとなる神奈川のギフを見に出かけた。ウィークデイだから撮影者も少ないかと思ったが、週末の予報が悪いせいか、それとも週末の外出自粛要請のせいか、特に麓のポイントは大変賑わっていた。
山の尾根筋では9時前から飛び始めた。maximiechanさんらと一緒に撮影した。モミジイチゴには2,3回飛来したが、300mmレンズでは近すぎてしっかり距離をとれなかった(泣)。
2年ぶりのギフ_e0167571_18533234.jpg

小ピークでは沢山のオスが上がってきていた。
2年ぶりのギフ_e0167571_18535165.jpg

実は山で撮れたベストショットは以下のカットである。
2年ぶりのギフ_e0167571_18542582.jpg
2年ぶりのギフ_e0167571_18543687.jpg
ご相伴にあずかって撮らせていただいた。この山にこんな桜あったっけ・・・?
麓に下りてしばらくは手持ち無沙汰な時間が過ぎた。1時半過ぎからチョウジザクラに(上4枚)、2時前からマメザクラに(下3枚)下りてきてくれた。
2年ぶりのギフ_e0167571_18554163.jpg
2年ぶりのギフ_e0167571_18555523.jpg
2年ぶりのギフ_e0167571_18563099.jpg
2年ぶりのギフ_e0167571_18563854.jpg
2年ぶりのギフ_e0167571_1857390.jpg
2年ぶりのギフ_e0167571_18585638.jpg
2年ぶりのギフ_e0167571_185988.jpg
トリミングしまくりです。チャンスは多かったが満足できるカットは撮れなかった。なかなか難しいね。ご同行頂いたみき♂さん、おはるさん他、現地でお会いした多くの方々、お世話になりました。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-03-28 19:03 | チョウ | Comments(2)
玄関先でつなぐ命
我が家の玄関先で発生した蝶はルリタテハとホシミスジ。食草のホトトギスもユキヤナギも蝶を呼ぼうとして植えたわけではない。ホトトギスは以前住んでいた借家の庭に生えていて、秋になるときれいな花を咲かせるので、引っ越しの際、一株持って来たらだいぶ増えた。以後、数年に一度ルリタテハが発生する。ユキヤナギは狭い花壇にもともと植えてあったもの。越して来たときにはこの株でいずれホシミスジが発生するなんて夢にも思わなかった。
もう一種類がヤマトシジミ。日によっては玄関を開けると新鮮な成虫が数匹飛び交っていることもある。わざわざレンズを向けることもないけれど、そういえば卵も幼虫も未撮影であった。しかしなかなか探す気にならない。地面に貼りついてカメラを向けていたらご近所から白い眼てみられそうだし、すぐに蚊にぼこぼこにされてしまう。
Fさんから蝶を呼ぶために頂いたブッドレアの鉢にたくさんのカタバミが生えていることに最近気付いた。
玄関先でつなぐ命_e0167571_22261085.jpg
さっそく一時的に屋内に運んで探してみると・・・。葉裏に卵はすぐに見つかった。
玄関先でつなぐ命_e0167571_2226395.jpg
玄関先でつなぐ命_e0167571_22281269.jpg
複数みつかり、孵化済みのものも多かった。
しかし幼虫はなかなか見つからない。公園とかで探したらさぞ大変だろうと思う。やっとのこと葉裏で若齢幼虫を見つけた。
玄関先でつなぐ命_e0167571_22284914.jpg
小さい!しかし隣に脱皮殻があるので2齢だろう。
玄関先でつなぐ命_e0167571_22291339.jpg

別の日に落ち葉の裏にもう1匹いた。食痕のある株の下だった。
玄関先でつなぐ命_e0167571_22301196.jpg
更に後日、少し色のついた幼虫も。
玄関先でつなぐ命_e0167571_22304189.jpg
これもまだ2齢だと思う。実はこの写真は葉裏を舐めるように食べているところである。
玄関先でつなぐ命_e0167571_22305633.jpg

秋が深まればもっと成長した幼虫が見つかるのだろうか?
最後にアザミに来たアゲハ。上はノハラアザミで下はタイアザミだと思う。これは都区部の公園で撮ったもの。
玄関先でつなぐ命_e0167571_223285.jpg
玄関先でつなぐ命_e0167571_22321973.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2019-10-21 22:35 | チョウ | Comments(2)
猛暑の里山
携帯電話の基地局の脇に泥がたまってわずかに水が流れていた。
そこにクロアゲハ、アゲハ、アオスジアゲハ、イチモンジチョウが吸水に来た。
クロアゲハは2匹来たが、赤斑に違いが見られた。吸った水分を勢いよく排出している瞬間がたまたま撮れていた。
猛暑の里山_e0167571_22183452.jpg
猛暑の里山_e0167571_22185099.jpg
猛暑の里山_e0167571_22185819.jpg

休耕田ではいまだにクロスジギンヤンマが産卵していた。もっとも以前10月16日に産卵を撮っているので驚くほどではない。
猛暑の里山_e0167571_22193690.jpg

日が傾いてマルタンヤンマの産卵を観察。今年はなぜかオスの黄昏飛翔がほとんど見られない。しかしメスはそこそこ産卵に入った。
休耕田の中心部の水深が深くて水生植物が密集したエリアが好みのようで、以前の写真を超えるものは撮れなかった。
猛暑の里山_e0167571_22195382.jpg

「夕焼け小焼け」の防災行政無線が流れ、少しずつ暗くなってきたので帰ることにした。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-08-08 22:31 | チョウとトンボ | Comments(0)
4年ぶりのぶら下がり
ヤンマのぶら下がりは卒業、なんて思っていたが、4年も経つとさすがに会いたくなって近場の公園へ出かけた。最寄りのアメダス観測点では6日続けての猛暑日。ぶら下がり観察にはもってこいの日が続いている。
結果は、猛暑の割には数が少なく、マルタン♂×2、ヤブ♂×1だった。今年も皆先達の見つけてくれたものだ(汗)。
4年ぶりのぶら下がり_e0167571_21551981.jpg
4年ぶりのぶら下がり_e0167571_21553869.jpg
4年ぶりのぶら下がり_e0167571_21555224.jpg
暗いのでいつも撮影には苦労する。いろいろ条件を試したが、結局すべてをマニュアルにして撮ったものがいちばん満足いく結果だった。ストロボを使わない写真は3脚を持参してないので撮れなかった。
どれも少しずつ傷んでおり、そろそろ終盤にさしかかりつつあるのかもしれない。
カラスアゲハに人気のコクサギの株に終齢幼虫がいた。
4年ぶりのぶら下がり_e0167571_2156751.jpg

アカボシゴマダラも多い。
4年ぶりのぶら下がり_e0167571_21562081.jpg

翅を閉じてとまったので久しぶりに裏面が撮れると思って撮影すると、エノキの幼木に産卵中だった。
4年ぶりのぶら下がり_e0167571_2156324.jpg
飛び去ってから見ると2卵見える。
4年ぶりのぶら下がり_e0167571_21564822.jpg
しかし一つは色が違うので以前に産み付けられたものらしい。縦に走る襞は、新しい方が18本、古い方が20。キタテハもそうだったけど、縦の襞の数にはばらつきがあるようだ。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-08-04 21:59 | チョウとトンボ | Comments(0)
春のトンボの産卵 -2-
土曜日は多摩の渓流へ。
ミツバウツギには例年通り数多くのアオバセセリが来ていた。
春のトンボの産卵 -2-_e0167571_22385476.jpg

アゲハはほとんどがオナガアゲハ。
求愛シーンが見られた。
春のトンボの産卵 -2-_e0167571_22392959.jpg
春のトンボの産卵 -2-_e0167571_22394015.jpg

ムカシトンボは産卵にやって来なかったが、クロサナエの産卵が撮れた。
春のトンボの産卵 -2-_e0167571_22395383.jpg
春のトンボの産卵 -2-_e0167571_2240458.jpg

このようにホバリングしながら卵を産み落とす。その際、ナツアカネなどのように腹部で空を打って卵をばらまくのではなく、パラパラと産み落とす珍しい産卵法で、ダビドサナエ属独特のものである。停滞飛翔型放卵と呼んでいる図鑑もある。
残念ながら落下する卵は写っていない。
1分足らずで梢に消えてしまった。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-05-15 22:41 | チョウとトンボ | Comments(0)
ミツバウツギに来る春の蝶
もう一回分八重山が残っていますが一休み。
埼玉の春の蝶を。
ミツバウツギに来た蝶達。
上からウスバシロチョウオス、ウスバシロチョウメス(スフラギスが付いている)、ベニシジミ、ミヤマセセリ、ホソオチョウメス
ミツバウツギに来る春の蝶_e0167571_21514457.jpg
ミツバウツギに来る春の蝶_e0167571_2152250.jpg
ミツバウツギに来る春の蝶_e0167571_21523075.jpg
ミツバウツギに来る春の蝶_e0167571_21524538.jpg
ミツバウツギに来る春の蝶_e0167571_21525977.jpg

2匹のウスバシロが並んで吸蜜。
ミツバウツギに来る春の蝶_e0167571_21531097.jpg

久しぶりにジャコウアゲハもじっくり撮れた。
ミツバウツギに来る春の蝶_e0167571_21532387.jpg
ミツバウツギに来る春の蝶_e0167571_21534346.jpg

産卵も撮れた。3卵産んであった。
ミツバウツギに来る春の蝶_e0167571_21535790.jpg
ミツバウツギに来る春の蝶_e0167571_2154818.jpg

ダンダラさん、maximiechanさん、お世話になりました。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-04-29 21:55 | チョウ | Comments(2)
彼岸花咲く河川敷
3連休は月曜日に時間がとれたが、天気予報が良くないので遠出は諦めた。しかし起きてみると青空が広がっている。
そこで朝食をゆっくり食べてヒガンバナを見に行くことにした。この河川敷は初めての場所である。
彼岸花咲く河川敷_e0167571_2132819.jpg
ヒガンバナは5分咲きほどだったが、萎れて色褪せた花がないので清々しい。土手一面に咲いているが、人は少なく、ほとんど地元の方たちの様だった。
柑橘系の樹はないので黒系アゲハは最初から期待していなかった。キアゲハとアゲハが飛び回っていた。
彼岸花咲く河川敷_e0167571_2135765.jpg
彼岸花咲く河川敷_e0167571_214949.jpg
彼岸花咲く河川敷_e0167571_2142669.jpg
彼岸花咲く河川敷_e0167571_2143511.jpg
ジャコウアゲハが産卵に訪れた。
彼岸花咲く河川敷_e0167571_2145287.jpg
草の間に潜り込んで30秒ほどの間に5卵産んだ。
彼岸花咲く河川敷_e0167571_2151186.jpg
彼岸花咲く河川敷_e0167571_2152337.jpg

コムラサキとギンイチモンジセセリもいたけど撮れなくて残念だった。
彼岸花咲く河川敷_e0167571_2153839.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2018-09-17 21:07 | チョウ | Comments(6)
身近な蝶2種
今回も身近な蝶です。
キバナコスモスに来たアゲハ。
身近な蝶2種_e0167571_23375959.jpg
身近な蝶2種_e0167571_23381272.jpg

夏型のメスなのでかなり黒っぽかった。
身近な蝶2種_e0167571_23382353.jpg

寺に咲き始めたシラハギにツバメシジミとルリシジミが飛んでいた。
ルリシジミは蕾の根元に産卵していた。
唯一何とかピントが合った産卵シーンでは腹端が少し離れている(泣)。
身近な蝶2種_e0167571_23383555.jpg

卵は小さいけど拡大するとかなり美しい。
身近な蝶2種_e0167571_23384714.jpg

ルリシジミの仲間では網状の模様が最も細かいらしい。
早くもヒガンバナが咲き始めていた。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-09-11 23:40 | チョウ | Comments(2)
黒系アゲハ集団吸水
いちばん楽しい5月後半にいろいろあってほとんどフィールドに出られないので、前半にできるだけ出歩こうと思っている。
連休後半は先ず多摩西部に出かけた。あるトンボの羽化が見たかったのだが、羽化殻を2個見つけた後、1匹気づく前に飛ばれてしまった(泣)。
黒系アゲハ集団吸水_e0167571_21151036.jpg

帰りの林道で前方に黒い塊が見えた。黒系アゲハの集団吸水だった。
黒系アゲハ集団吸水_e0167571_21165428.jpg
この規模の集団を見るのは初めてだった。最大で14匹だったかな。カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、オナガアゲハが大体同数。ミヤマカラスは色といい帯の広さといい個体差に富む。出来るだけきれいな個体をメインに撮ろうとした。
黒系アゲハ集団吸水_e0167571_21195182.jpg
黒系アゲハ集団吸水_e0167571_2120751.jpg
黒系アゲハ集団吸水_e0167571_21202211.jpg
今までにテングチョウとイシガケチョウの大集団に出くわしたことがあるが、その場の雰囲気をうまく撮ることはとても難しい。今回もやはり満足いくカットは撮れなかった。気温のせいなのか、吸水中ほとんど開翅してくれなかったのも残念。
不思議だったことが二つ。①全部が飛び立って完全にばらけても、再び集合する場所は全く同じ。何が気に入っているのだろうか。水場は道に沿って続いているのに。②ばらけてもふつうは2-3分で少しづく再集合するが、近くにカメラを置いて、広角でリモート撮影しようとすると、いつまで経っても飛び回るばかりで集まらない。「人工物は危険」と知っているかのようだ。
下手な動画もどうぞ。雰囲気はこちらの方がわかるかも。
もう一か所立ち寄ったポイントでは、渓流脇の岩でアオバセセリがコチャバネセセリと一緒に鳥の糞で吸汁していた。
黒系アゲハ集団吸水_e0167571_21152937.jpg

あっ、そういえばアミメオオエダシャクを見つけた。
黒系アゲハ集団吸水_e0167571_21154943.jpg
これだけ大きくてきれいだと蛾でもちょっと真剣に撮ろうと思う。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-05-06 21:22 | チョウ | Comments(10)
| ページトップ |