Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
最新の記事
今年もモンキでシーズン始動
at 2018-02-12 18:29
人生最後の(?)ブルームーン..
at 2018-02-01 00:24
草津白根
at 2018-01-28 21:28
かいぼり2018
at 2018-01-14 23:16
あけましておめでとうございます
at 2018-01-01 00:00
年末の公園にて
at 2017-12-24 21:18
スーパーマクロレンズ
at 2017-12-14 07:00
初冬のルーミス
at 2017-12-04 23:09
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
霧島緑さん、先日は楽しい..
by dragonbutter at 23:46
先日はお世話になりました..
by 霧島緑 at 01:35
banyanさん、コメン..
by dragonbutter at 23:54
お疲れさまでした。 吸..
by banyan10 at 16:17
タグ
(144)
(128)
(118)
(72)
(62)
(61)
(59)
(59)
(52)
(40)
(36)
(33)
(18)
(16)
(12)
(12)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:エゾトンボ科 ( 33 ) タグの人気記事
Top▲ |
終演間近
今日は秩父のキトンボを見に行った。風任せ自由人のmaximiechanさんの記事から、まあまあの発生状況であることはわかっていた。確かに2年前ほどではないが、そこそこの数が飛んでいた。
e0167571_21222210.jpg
静止と飛翔が撮れると産卵場面が撮りたくなる。単独産卵のメスが初めて撮れた。
e0167571_2123299.jpg
逆光であるが、反射する光がいい雰囲気ともいえる。今日は渋滞を避けて電車で行ったので長靴を持参せず、なかなかいい角度に回り込めない。上からの写真で見られるものが1枚あった。
e0167571_2123481.jpg
その後、絶好の産卵場面に出くわしたが、何とか単なる連結飛翔でなく、メスが打水した瞬間にこだわったら全滅だった(笑)。このペアーは元気がよく上下動が大きくてうまく捉えられなかった。副産物はマユタテアカネの交尾、ミヤマアカネの産卵、そしてメスのネキトンボ(単独では初撮影)といったところか。
e0167571_21241573.jpg
e0167571_21243038.jpg
e0167571_21244931.jpg

午後からはカトリヤンマがやってくるのを待ったが、飛来しても超高速で飛び回るだけで、去年のようなホバリングを全くしてくれない。何が違うんだろうか。タカネトンボもやってきたが、飛翔はこれまた全滅。腕以外にも動体視力、さらに暗いところでの視力が衰えているのかもしれない。時々休憩するが1-2分で飛び立つため撮影条件を修正できず満足いくものは撮れなかった。
e0167571_21251392.jpg
肉眼では胸がメタリックグリーンに輝いてとてもきれいだったんだけどね。エゾトンボの仲間をきれいに撮るのはむずかしい。
帰りの電車で一人ビールで乾杯、というほどの成果ではなかったが、天気も良くて楽しい1日だった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-10-10 21:34 | トンボ | Comments(4)
初夏の清流
日曜日は天気がもちそうだったので初めての川の中流域に出かけた。
水はきれいで主に砂底だ。何といってもうれしいのが、これほどきれいな川なのにバーベキューをする団体がいないことだ(決して川原のバーベキューがダメというわけではないが)。
目的はある希少種だったが空振り。一人だけ出合ったトンボ屋さんの話では今年は少し遅れているしトンボの数も少ないという。
それでもアオハダトンボの最盛期。求愛から交尾、産卵まで一通り観察できた。水に流されるところを見せてメスの気を引こうとする場面も初めて見たが一瞬で撮影できなかった。
何か去年も似たような写真をアップしたような・・・(汗)。上から「オスの求愛」→「メスの捕獲」→「移精(均翅類はメスを捕まえてから移精行動をとる)」→「交尾」→「産卵」
e0167571_23173710.jpg
e0167571_23175474.jpg
e0167571_23181712.jpg
e0167571_23182950.jpg

e0167571_23213118.jpg
ホンサナエもたくさんいた。これはメスが卵塊をつくっているところ。
e0167571_2321578.jpg
このあと数回打水産卵して飛び去った。撮り逃がしました(泣)。複眼が凹んだ悲しいオスもいたりする。
e0167571_23221968.jpg

コヤマトンボも多いが飛翔写真は難関を極める。産卵に来たメス(下)と合わせてこんな程度の写真しか撮れない。
e0167571_23332736.jpg
e0167571_2323282.jpg

ぴっかぴかのキアゲハが川原に吸水にやってきた。
e0167571_23335741.jpg

最後に四足を2種。カジカガエルは鳴いているところも。
e0167571_23342039.jpg
e0167571_23343516.jpg
e0167571_2334553.jpg

副産物で満足な一日だった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-06-13 23:36 | トンボ | Comments(12)
信州でもガサ
この週末はいくつか用事があって信州の実家に帰った。全ての用件が終了した日曜日の昼から、帰京の前に2ヶ所昔のポイントに立ち寄った。
まずは山の中にある神社の池とそこに流れ込む小さな流れ。このあたりは以前、チャマダラセセリ、ヤマキチョウ、ツマグロキチョウ、クロヒカゲモドキ、ゴマシジミなどがいた所だが今となっては夢物語だ。トンボでは今でも夏はオニヤンマが飛び、少なくとも以前はルリボシヤンマもいた。暗い池をガサると、すぐに足の長いヤゴが採れた。
e0167571_232534.jpg
まるでクモのような格好はエゾトンボ科の特徴だ。この仲間は成虫同様ヤゴの鑑別も困難を極めるが、背中の棘と環境からタカネトンボのようだ。そういえば昔この池で飛んでいたことを思い出した。サングラスをかけたギャングの風貌。
少し南下した2ヶ所目は、その昔チャマダラセセリやホシチャバネセセリがいた所。着くなりモンキチョウが飛んだ。今年の初蝶の目撃は信州のモンキチョウ。残念ながら車から目撃し、あわてて追ったが撮影はできず。
かなり急なきれいな流れがある。ミヤマカワトンボがいそうな流れだ。水生昆虫は多いがヤゴは少ない。結局ミルンヤンマとオニヤンマが採れただけ。ミルンヤンマの足にある縞模様のきれいなこと。
e0167571_2332541.jpg
e0167571_2333336.jpg
オニヤンマはもっと水量が少なくて緩やかな細流にいるイメージだったが、生息環境は広そうだ。ミルンヤンマは本流とは別の増水時に出来たと思われる水溜りのような所の落ち葉に隠れていた。
帰りはそこそこ渋滞したが、交通情報で聞いた関越自動車道のものすごさに比べたらかわいいものだと観念した。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-03-07 23:13 | トンボ | Comments(4)
今年の出会い
今年もあっという間に終わろうとしている。
今年最後の更新となるので、1年を振り返ってみた。今年も感動的な出会いがいくつもあったが、殊に思い出深いものが四つ。6月の大井川源流で見たクモマツマキチョウ、8月に下北半島で出会ったカバイロシジミ、同じ8月のハネビロエゾトンボ産卵(千葉県)、そして9月のナニワトンボ(兵庫県)である。虫たちとの出会いがうれしかったのはもちろんであるが、出会った舞台もそれぞれ素晴らしかった。環境写真に蝶とトンボの未掲載写真を重ねてみた。
e0167571_2312098.jpg
e0167571_23122434.jpg
e0167571_23123829.jpg
むせるような新緑と青い渓谷、ひなびた海岸線、薄暗く神秘的な森の中の小さな流れ、そして木立に囲まれ心癒される里山のため池。このような豊かで多様な環境があって初めて貴重な蝶やトンボが生きながらえているのだと思う。ただナニワトンボの池はうっかり環境写真を撮り損ねたようで、捜しても見つからない。しかたなく下手な広角写真で代用。
e0167571_23125856.jpg
これからは風景も忘れずに撮らないといけないね。
いずれも貴重な情報を頂いた方、同行していただいた方なくしては撮れなかった写真であり、ありがたいことであった。
さて、来年はどんな出会いが待っていてくれるだろう。
明日から2-3日信州の実家に早めの帰省をして来ます。スノータイヤもつけて準備OK。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-12-27 23:22 | チョウとトンボ | Comments(4)
関西トンボ散策 -番外編-
今回初撮影だったもう1種類がタイワンウチワヤンマ。名前からわかるように南方系の種類だが、地球温暖化の影響か、最近北上著しいトンボだ。蝶で言ったらツマグロヒョウモンやナガサキアゲハのように。
ナニワトンボの池にも数年前から進出し、今ではウチワヤンマと完全に入れ替わったという。腹端の「ウチワ」が黒いのが特徴だ。
e0167571_222862.jpg

更にこの池ではマイコアカネ(ピンボケですが)やマユタテアカネの産卵も見られた。
e0167571_22284926.jpg

e0167571_2229237.jpg
サナエのポイントではオオサカサナエがなかなか現れず、めげて駅近くにある池でオオヤマトンボの飛翔をねらった。
e0167571_22292855.jpg
飛んでいるとオニヤンマを少し小さくしたように見えるけれど、胸に金属光沢がありエゾトンボの仲間であることに納得がいく。
以上で関西トンボ散策はおしまいです。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-10-01 22:36 | トンボ | Comments(8)
道南にて
先週23日から26日まで道南に出張があった。今回はフリーの日がなかったが、25日の午後、2時間余り時間がとれたので近くを散策した。
牧場の中を渓流が流れている。あちこちに帰化植物であるオオハンゴンソウの群落があり、たくさんのヒョウモン類が訪れていた(写真はウラギンスジヒョウモンのメス、この他にオオウラギンスジヒョウモン、メスグロヒョウモン)。
e0167571_1819118.jpg
ミドリヒョウモンが樹幹に産卵していた。
e0167571_18193223.jpg

薄暗い池でタカネトンボが縄張りを張っていた。
e0167571_18195853.jpg
ものすごい蚊の攻撃を受けて、これ以上写真が撮れなかった。
草原では北海道でしか見られないアカマダラが飛んでいた。今まで何度か北海道に行ったことがある。図鑑には「山地・平地共に普通」なんて書いてあるが、今まで会うことが出来なかった。これこそは、と思ってもサカハチだったりして。しかし出会ってみると想像以上に小さな蝶だった。特にオスは小さくて、初めは北海道では稀なダイミョウセセリかと思ったほどだ(上からオス、オス、メス)。
e0167571_18203159.jpg
e0167571_18204370.jpg
e0167571_18205363.jpg
オスはどれも新鮮な個体だったので、第3化なのではないだろうか。
短い散策だったが、アカマダラに会えてうれしかった。他の連中はこんな魚を釣っていた。
e0167571_18211524.jpg
唐揚げが実に美味しかった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-08-29 18:25 | チョウ | Comments(8)
ハネビロエゾ再び -2-
メスが撮れた後、少し上流でお待ちかねのオスに会えた。先週メスが産卵していた場所で流れの上を飛んでいた。ミスターホバリングと言われるだけあって、今まで見たどのエゾトンボの仲間より飛翔時間に占めるホバリングが長い。
e0167571_6423613.jpg
e0167571_6424987.jpg
しかし暗いのでフォーカスしづらいのと、メスの産卵と違って接近した背景がないため、どうしても暗い中に浮かび上がっている写真になってしまい満足いくものは撮れなかった。上から覗き込むように撮るべきだったかもしれない。10分ほど飛び続けた後、低い所にある蔓状の枝にとまった。
e0167571_6431472.jpg
「あと30分は飛びませんよ」と尾園さんがおっしゃったとおり、我々が現場を去るまで少なくとも20分はどんなに近づいて撮影しても飛ぶ気配がなかった。おかげで広角写真まで撮れてしまった。
e0167571_6433994.jpg
そのほかにこの日はミルンヤンマ(この日は撮影できず)の他に2種類のヤンマに会えた。
小さめのヤンマが流れの上を飛んできて枝にとまった。小さなギンヤンマのように見えるカトリヤンマだった(恥ずかしながら初撮影)。
e0167571_644511.jpg
もう1種類はオニヤンマと追いかけっこしている翅が茶色く煙ったヤンマだった。かなり大きい!飛翔の先を必死に目で追うと、流れの向こうの高い枝にとまったようだ。最短距離まで近づいてもまだ10mほど先で、これ以上近づけない。確かに大きめのヤンマがとまっているが、肉眼では何だかわからない。シグマの180mmマクロで撮って拡大すると、、怪しく輝く青い眼に寸胴のトンボ。
e0167571_6442550.jpg
憧れのネアカヨシヤンマだ!Hさんに場所を教えようとするが、枝が入り組んでいて何とも教えようがない。一回目を離すと見失ってまた見つけるまでしばらく時間がかかる始末。Hさんの300mmのついたK-xを借りて撮ってみると、驚くべき明瞭な画像が得られた。DA★300mmF4恐るべしである。いずれもトリミングしてます。
e0167571_6444632.jpg

最後に立ち寄ったよさげな湿地ではネアカのメスと思われるヤンマが産卵したそうに飛んできたが、もう一歩のところで産卵せずに飛び去った。
ビロエゾにネアカ、何とも贅沢な一日だった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-08-28 06:53 | トンボ | Comments(4)
ハネビロエゾ再び -1-
1週間前はビロエゾの産卵に立ち会えたが、撮れた写真は思わしくなかった。どうしてももう一度チャレンジしたくてHさんを誘って今日また行ってきた。
今日は前回より更に早く起きて出発したため、ポイントに着いたのは7時前。いくらなんでも早すぎたのか、ビロエゾはいっこうに現れなかった。池の下流もチェックしたが、いそうな環境ではなかった。最初のポイントに戻った9時45分、前回より少しだけ下流の苔むした岩に産卵中のメスがいた!接近して撮影開始する直前、付近をパトロール中のオニヤンマに見つかってしまった。もうこれまで、と諦めかけたが、彼女はしたたかで、適当にオニヤンマをあしらうと、すぐにもとの石に戻ってきた。今回も正味約3分、夢中になって撮影した。前回よりはまともな写真が撮れた。
e0167571_2145162.jpg
e0167571_215061.jpg
e0167571_215919.jpg
e0167571_2151746.jpg

一心不乱に苔に腹部を打ち付けて産卵する様子からは子孫を残すひたむきさが伝わってきた。最初の写真では、産卵の際付着したと思われる小さな葉が腹端に付いている。今日撮ったメスは複眼がオレンジに輝いた。ストロボのせいだと思うが、先週のメスはそんなことはなかったし、次回掲載するオスもこれほど著明ではない。メスの、それも特定の成熟期に特有の色なのだろうか。
このポイントでは湘南虫日記の昆虫写真家尾園さんと偶然お会いすることが出来、いろいろトンボのお話を伺うことが出来てとてもうれしかった。
この後ビロエゾのオスの他に、憧れのヤンマとも会えたのだが、後日掲載します。明日から出張があるため、金曜日以降になりますが。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-08-22 21:08 | トンボ | Comments(4)
ハネビロエゾを捜す
今日はハネビロエゾトンボ(ビロエゾ)狙いで某所に行ってきた。南関東で見られるエゾトンボの中ではもっとも少ない種である。
もちろんまだ見たことはない。車を置いて小さな山を越えると池があった。その先に、池に流れ込む小さな流れがある。薄暗くてじめじめした場所だ。
e0167571_22185145.jpg
マムシ、スズメバチ、ヒルといった会いたくない生き物もいそうな、、。
こういった場所にビロエゾはいるというので流れに沿って捜すことにする。今までの経験ではこんな所はミルンヤンマがいそうだ。オニヤンマのオスが何度も飛んでくる。暗いと色や大きさがよくわからず、遠くで飛ぶとビロエゾか、とドキッとする。メスが産卵に来た。お決まりの写真を撮る。
e0167571_22191782.jpg
そこにオスがアタックをかけて連結して飛び去った。黒系のアゲハ(主にモンキアゲハ、写真はジャコウアゲハ)がたくさん飛んでいる。
e0167571_22193344.jpg
眼状紋がバカでかいコジャノメの2化もいた。
e0167571_22194870.jpg
20分ほどたった頃、ちょっと上流をのぞいたらなんとエゾトンボの仲間が苔むした石に産卵している。このような環境にいるエゾトンボはビロエゾに違いない。それまではホバリングするオスばかりを念頭に探していた。いきなり夢にまで見たメスの産卵である。あわてて(でもゆっくりと)近づいて何枚か撮る。写真の記録によると2-3分の出来事であった。最初から見ることができたらもう少し長かったかも知れない。
特定の石がお気に入りらしく、その周りをあわただしく飛び回って腹を打ち付けて産卵していた。ホバリングは全くせず、暗いためピントが合わせづらい。とりあえず石にピントを合わせてバシャバシャ撮ったが、ほとんどピンボケで、加工してもこんなものが2-3枚撮れただけ。
e0167571_22203413.jpg
e0167571_2220414.jpg
e0167571_22204953.jpg

産卵管が長く、腹部に黄色い斑紋もないのでビロエゾに違いない。初撮影だからこれで満足しないと。エゾトンボの仲間は複眼を後ろから見ると赤茶色をしていることも知った。
立秋が過ぎたら急に虫の声が賑やかになった。でも今日は東京は久しぶりに猛暑日だった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-08-15 22:39 | チョウとトンボ | Comments(10)
青森に蝶とトンボを追う -3-
カバイロシジミを撮った後、途中ひなびた食堂でマグロ漬け丼を食べて、半島を東に向かい、虫林さんお勧めのポイントを目指した。
最初のポイントは河口が沼のようになっている感じの場所で川に沿って歩道がある。歩き始めてすぐにモンシロチョウがとまっていた。大きくてきれいなので近づいてみるとちょっと変だ。
e0167571_981912.jpg
これは去年北海道で捜したけど見られなかったオオモンシロチョウではなかろうか。この蝶のことは全く頭になかったが、北海道の他に青森にも進出していると読んだことを思い出した。後で開翅写真が撮れたのでオオモンシロチョウと確認できた。
e0167571_984062.jpg
この蝶は元々日本にはいなかった蝶。ユーラシア大陸から野菜等に蛹などが付着して侵入したとも、ロシア沿海州から直接飛来したともいわれている。ここではモンシロとオオモンシロは半々といったところかな。
のっけからあまり歓迎すべきでない蝶を見てしまったが、川沿いの歩道に入ってすぐにエゾトンボの仲間が飛んでいた。時々2秒ほどの短いホバリングをするので飛翔写真をねらった。
e0167571_99067.jpg
腹部の7節あたりの前縁に小さな黄色斑があること、上付属器がひげのように細長いことからエゾトンボだろう。
e0167571_991338.jpg
青森にはキバネモリトンボもいるようだが、残念ながら翅は完全に透明だ。エゾトンボは、学生の頃行った北海道でいくらでもいた記憶があるが、撮影できたのは初めて。
先に進むとゴマシジミが飛んでいる。
e0167571_9103884.jpg
パスト連写で飛翔をねらった。翅表の青がきれいだ。
e0167571_9124058.jpg
他にジャノメチョウの交尾も撮れた。
e0167571_9125554.jpg

最後となるポイントは尻屋崎近くの湿地。ここでもゴマシジミを探す。数は少ないがどれも新鮮だった。
e0167571_9131711.jpg
何とこんな本州最北端で撮影者に会った。とても真剣に撮られていたので挨拶しかしなかったが、広角で飛翔をねらったベストショットには何とその彼がしっかり納まっている。飛翔写真ではよくあることだ。
e0167571_9134265.jpg
ヒョウモンチョウも飛んでいた。
e0167571_913572.jpg

下北は素晴らしい撮影スポットに溢れていた。まだまだ素晴らしい場所があるだろう。ただ帰りの時間を気にしながらの撮影が残念だった。次回訪れることがあれば(あるかなー)、もっとのんびりと廻ってみたいものだ。
いろいろご教示いただいた虫林さんに感謝いたします。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-08-12 09:16 | チョウとトンボ | Comments(8)
| ページトップ |