人気ブログランキング |
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
more...
最新の記事
北のトンボのヤゴ達 -1-
at 2021-01-24 21:26
擬木柵の上で(その2)
at 2021-01-17 20:37
擬木柵の上で
at 2021-01-11 17:59
新年のご挨拶
at 2021-01-01 00:00
冬を越す蝶、越せぬ蝶
at 2020-12-27 21:44
小春日和に越冬蝶観察
at 2020-12-12 13:51
木枯らしに負けずに
at 2020-12-05 23:44
河川敷を歩く
at 2020-11-27 23:05
近場の公園巡り
at 2020-11-23 22:50
懲りずにアオタテハモドキ
at 2020-11-16 23:09
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2021 浅間暮らし
最新のコメント
himeooさん、あけ..
by dragonbutter at 20:21
ダンダラさん、あけまして..
by dragonbutter at 20:19
霧島緑さん、あけまして..
by dragonbutter at 20:15
cactussさん、あ..
by dragonbutter at 20:14
タグ
(199)
(167)
(142)
(87)
(78)
(78)
(73)
(70)
(69)
(49)
(38)
(36)
(24)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(11)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:サナエトンボ科 ( 78 ) タグの人気記事
Top▲ |
緑色に光るオツネントンボ 他
7月上旬、スミナガシの幼虫のその後を見に出かけたが食痕のある葉からはいなくなっていた。どこかで蛹になったのならいいのだけど。
次にコムラサキの幼虫のいた公園へ。しばらく探すと3齢と思われる幼虫が1匹だけ見つかった。
緑色に光るオツネントンボ 他_e0167571_22354449.jpg
緑色に光るオツネントンボ 他_e0167571_2236035.jpg
やはり無事羽化に至るには多くの難関を超えないといけないようだ。前回初齢だったものの1匹だろう。背面の突起も生えてきた。
ここで雨が降り始めたので帰るつもりで車に避難したが、途中空が明るくなったので3つ目の公園を目指す。池ではイトトンボが産卵していた。
緑色に光るオツネントンボ 他_e0167571_223618100.jpg
アオモンイトトンボとアジアイトトンボのメスの区別は難しい。特に成熟から老熟したメスは。どちらも単独産卵なので連結相手のオスで鑑別するわけにはいかない。これは胸部前面の黒色斑の外側に淡色条が見える点などからアオモンである。
これはオツネントンボのメス。
緑色に光るオツネントンボ 他_e0167571_22363230.jpg
羽化後間もない個体は成熟個体で銅色斑になる部分が緑に輝くことを初めて知った。このメスは冬を生き延びて来年春まで長い命を生きることとなる。
夏型のホソミイトトンボも発生していた。
緑色に光るオツネントンボ 他_e0167571_22364794.jpg
日本のトンボのなかで唯一明らかな二型があるトンボ。夏型は小柄で緑色がかっている。その他肩黒条が太めであり、複眼上部が黒色となる。
最後にとっさに名前が出てこなかったこのトンボ。
緑色に光るオツネントンボ 他_e0167571_22365932.jpg
この個体は羽化不全気味で元気がなく、小飛を繰り返して飛び去ったけどこの先が不安である。実はこれを撮りに来たのだが、こんな弱々しい状態で出くわすとは思っていなかった。
これでどうでしょう。
緑色に光るオツネントンボ 他_e0167571_2237395.jpg

そう、タイワンウチワヤンマのメスです。メスは「うちわ」が申し訳程度。関東でも近年見られるようになったトンボのひとつ。真夏には数が増えているだろうか。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-07-20 22:40 | チョウとトンボ | Comments(2)
宣言解除
多摩東部にあるこの公園は新型コロナウイルス緊急事態宣言の解除に伴い駐車場が解放された。
見たかった蝶やトンボのうち撮影できたものはコサナエだけ。それでも都下のコサナエは貴重なので喜んで撮影。都内では2か所目の撮影となった。
宣言解除_e0167571_21305599.jpg

湿地に生える3m程のヤナギ(ネコヤナギ?(ジャヤナギという標識があった)にコムラサキがやって来た。緩慢な飛び方から産卵に来たに違いない。まもなく地上2-3mの高さの葉裏で産卵を始めた。
宣言解除_e0167571_21311724.jpg
角度が悪く、葉の影が映り、頭部にピントが合うと腹端がピンボケとなってしまう。2分ほどかけて11卵産んだ(産卵後枝を手繰り寄せて撮影)。
宣言解除_e0167571_21312974.jpg
コムラサキは1卵ずつ産むことが多いらしいので、このメスはよく頑張ったのだと思う(原色日本蝶類生態図鑑によると、最高で38卵という記録があるらしい!)。下の組み写真は左上、右上、左下、右下の順に1卵、3卵、5卵、7卵産んだところ(不明瞭でお恥ずかしい)。
宣言解除_e0167571_21314514.jpg

それほど近くではないが機会があれば幼虫を見に行きたいな。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-06-18 21:33 | チョウとトンボ | Comments(0)
サナエの羽化 –その4- ヒメサナエとオジロサナエ
5月下旬、夏のサナエの羽化でも見られたらと思って出かけた。とっくにアオハダトンボのシーズンなんだけど、今年は驚くほど少ない。やはり去年の台風のせいかな。30分ほど探して7:29にヒメサナエ(オス)の羽化を見つける。既に翅を伸ばしているところだった。
サナエの羽化 –その4- ヒメサナエとオジロサナエ_e0167571_2242473.jpg
サナエの羽化 –その4- ヒメサナエとオジロサナエ_e0167571_2243167.jpg
ヒメサナエは河川上流域のサナエだが、羽化はずっと下流で見られる。
翅を広げて1分余りで飛び立った。
下の動画では腹部背側に腹端方向に移動する体液がわかる(YouTubeでは判りづらいかも)。肛門水の排出も写っている。

そろそろ転戦しようと思っていたら護岸壁に上陸したヤゴを発見。これですぐには次のポイントに移動できなくなった(笑)。これもヒメサナエかと思ったが今度はオジロサナエ(メス)だった。
サナエの羽化 –その4- ヒメサナエとオジロサナエ_e0167571_22485120.jpg
サナエの羽化 –その4- ヒメサナエとオジロサナエ_e0167571_2249413.jpg
サナエの羽化 –その4- ヒメサナエとオジロサナエ_e0167571_2249191.jpg

動画の最初でヤゴがしきりに脚を動かしているのは、しっかりと爪がひっかかる位置を探しているんだと思う。羽化の途中で水に落ちたくないもんね。結局ここは気に入らなかったようで、もう少し上ったところで定位した。また殻が割れる前にもしきりに体を動かしている。殻から脱出後には頻回に肛門水を排出しているのもわかる。こちらも体液の流れが透けて見えるが、今度は腹側である。

発見 8:09
定位 8:22
開裂 8:38
いったん休憩 8:44
腹部脱出 8:53
飛び立ち 9:28(開裂から飛び立ちまで1時間4分)
時間差で2種類のサナエの羽化が見られた。この後移動先では蝶とのうれしい出会いがあった。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-06-10 23:00 | トンボ | Comments(0)
サナエの羽化 –その3- ヤマサナエ
春のサナエの羽化はこれが最後です。
4月下旬、この日は8時頃ポイントに到着。10分ほど探して上陸ヤゴを発見。ヤマサナエのようだ。これで定位したかに見えたが再び横に歩き始める。あまり近くで人影が動くと羽化をあきらめて水に戻ってしまう可能性を考え、少し距離を置いて観察。50cmほど横に移動して本当に定位。
サナエの羽化 –その3- ヤマサナエ_e0167571_22405081.jpg
アオサナエと違って水際で羽化するようだ。体の4/1くらい水に浸っている。
20分あまりして開裂した。
サナエの羽化 –その3- ヤマサナエ_e0167571_22412659.jpg
サナエの羽化 –その3- ヤマサナエ_e0167571_2241384.jpg
サナエの羽化 –その3- ヤマサナエ_e0167571_22414752.jpg
サナエの羽化 –その3- ヤマサナエ_e0167571_22415718.jpg
サナエの羽化 –その3- ヤマサナエ_e0167571_2242594.jpg

最後はほんの10秒ほどカメラを操作している間に飛び立ってしまった。この個体は開翅するとほぼ同時に飛び立ったようだ。
下の動画で肛門水を腹端から排出する様子が見られます。

発見 8:13
定位 8:50
開裂 9:13
いったん休憩 9:21
腹部脱出 9:30
飛び立ち 10:17(開裂から飛び立ちまで1時間4分)
Top▲ | by dragonbutter | 2020-05-29 22:51 | トンボ | Comments(2)
サナエの羽化 –その2- アオサナエ
この日も羽化を見つけたのは諦める直前だった。
護岸壁でアオサナエのメスが既に羽を伸ばしていた。
サナエの羽化 –その2- アオサナエ _e0167571_17273059.jpg
サナエの羽化 –その2- アオサナエ _e0167571_17274318.jpg

あまりフォトジェニックな場所ではなかった(右にちょっとだけ川が写っている)。
サナエの羽化 –その2- アオサナエ _e0167571_17275897.jpg

まだ体色は緑色でなく黄色っぽかった。
サナエの羽化 –その2- アオサナエ _e0167571_17281366.jpg

ちょっと他を見て廻っている間に翅を開いていた。
サナエの羽化 –その2- アオサナエ _e0167571_17283187.jpg

細かく翅を震わせた後旅立った。

廻る順路を逆にしたら殻から出てくるところを観察できただろうに(泣)。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-05-21 17:36 | トンボ | Comments(0)
サナエの羽化 –その1- ダビドサナエ
コロナの長いトンネルの先に出口の明かりがほのかに見えてきたような気がする。しかし生活は元通りには戻れないのかもしれない。
この間都県境は超えないようにして、人の少ないフィールドで細々と観察をしてきた。全くタイムリーではないが少しずつ紹介したい。
この日サナエトンボの羽化観察を目的に出かけた川は2日前に降った雨で、まだ普段より30cmほど増水しており、ヤゴが上がって来そうな川床ブロックは顔を出していない。仕方なく護岸ブロックを見て回る。1時間以上往復するが羽化殻すら見つからず、そろそろ川から上がろうかと思ったとき、護岸を登って来たヤゴを見つけた(9:56)。
サナエの羽化 –その1- ダビドサナエ_e0167571_18573820.jpg
少し大きめだがダビドサナエのようだ。動きを止める度にここで定位か、と思うが何が気に入らないのか、あるいは私の気配がして落ち着かないのか、いったん溝に落下して垂直の壁を登り始めたところでやっと定位した。水面から約3mも離れたところだった。
サナエの羽化 –その1- ダビドサナエ_e0167571_1857594.jpg

定位後10分ほどで背中が割れて成虫の翅胸が顔を出す。
サナエの羽化 –その1- ダビドサナエ_e0167571_18583328.jpg

この姿勢でしばらく休止する(約7分)。
サナエの羽化 –その1- ダビドサナエ_e0167571_185963.jpg

素早く腹部を脱出させる。
サナエの羽化 –その1- ダビドサナエ_e0167571_18592087.jpg

オスだった。
サナエの羽化 –その1- ダビドサナエ_e0167571_18593414.jpg
後は腹部と翅を伸ばして飛行可能となると翅をカパッと開き1分以内で処女飛行に飛び立った(11:12)。
サナエの羽化 –その1- ダビドサナエ_e0167571_18594834.jpg

付近にはセグロセキレイがいたので、羽化の際、かなりの数が犠牲になっていると思われる。
下手な動画を繋ぎ合わせてみた(ブラウザーによっては表示されない場合があります)。

羽化の一部始終を見ることができてよかった。
発見 9:56
定位 10:17
開裂 10:27
いったん休憩 10:31
腹部脱出 10:38
飛び立ち 11:12(開裂から飛び立ちまで45分)
Top▲ | by dragonbutter | 2020-05-17 19:11 | トンボ | Comments(0)
蟻と共に -1-
10、11日はまた南信に行った。
一番の目的は南信からほとんどいなくなったゴマシジミを見ることだったが残念ながら果たせず。いなくなったのかフライングだったか。後者であることを願いたい。
春ならギフチョウのいるポイントではオオムラサキが樹液に来ていた。
蟻と共に -1-_e0167571_12375825.jpg

ぼろぼろのオスが求愛していたので一応動画も撮ってみた。

しつこくまとわりついていたが、結局ふられて飛び去った。
翌日は某大学がミヤマシジミを中心とした生態調査をしているエリア。
水田や溜池の周りに沢山のミヤマシジミ。
蟻と共に -1-_e0167571_12384676.jpg

蟻と共に -1-_e0167571_1239522.jpg
コマツナギに幼虫もいる。
必ずクロヤマアリが集まっていた。最大で4匹。
蟻と共に -1-_e0167571_12393418.jpg
蟻と共に -1-_e0167571_12394583.jpg

こちらはより若齢幼虫。
蟻と共に -1-_e0167571_12395643.jpg

寄生バエと思われるハエも盛んに幼虫を探して飛び回っていたが、残念ながら敏感で撮れなかった。
ミヤマシジミとクロヤマアリは共生関係にあり、アリは幼虫の分泌する蜜をなめ、そのかわりに外敵を追い払う。
これもコマツナギと共生するコハナバチの仲間。
蟻と共に -1-_e0167571_12402129.jpg

これはコマツナギ専門に寄生するコマツナギアブラムシ。
蟻と共に -1-_e0167571_12403592.jpg

最後は知る人ぞ知るサナエのポイントに久しぶりに訪れた。背丈を優に超える草が生い茂り、いつもの場所から川に下りられなかった。かなり下流でなんとか下りられた。
メガネサナエはいなくなったのだろうか。オナガサナエが多かった。
蟻と共に -1-_e0167571_12405770.jpg

1匹だけちょっと雰囲気が違うサナエが。
蟻と共に -1-_e0167571_12411397.jpg

これはミヤマサナエ。背中に黄色い筋が入り、腹部7-9節が大きく膨らむ。
もっとねばればオナガの産卵も撮れたかもしれないが、渋滞が気になって帰路についた。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-08-14 12:46 | チョウとトンボ | Comments(0)
洗礼の日
天気予報は芳しくなかったが、みき♂さんが未撮影というグンバイトンボをご一緒して見に出かけた。去年はオス、メスとも複数観察できたが、今年は残念ながらメスのみだった。
洗礼の日_e0167571_23163163.jpg
今年数は少ないようだ。少し時期が遅いのと天気が良くなかったせいもあるかもしれない。
しかしみき♂さんにオニヤンマの羽化シーンを見つけていただいた。
洗礼の日_e0167571_2317350.jpg
初撮影だった。晴天ならとっくに飛び立っていたかもしれないので、何が幸いするかわからない。大きいだけに迫力がある。発見が9:00頃、処女飛行が10:30だった。
洗礼の日_e0167571_2317175.jpg
飛び立つ前にしばらく翅を震わせ、直前に前脚で顔を掻く仕草はムカシトンボやオオサカサナエと共通していた。
流れの近くでサナエトンボがとまっていた。ダビドサナエだろうかと思って1カットだけ撮ったら飛ばれた。
洗礼の日_e0167571_23174044.jpg
その後真剣に探さなかったが、帰宅後見るとヒメサナエ。証拠写真しかなかったのでもっと真剣に撮るべきだった。
転戦したポイントでは新鮮なミヤマシジミがいた。
洗礼の日_e0167571_2317563.jpg
擦れたメスが地面にとまったので指でちょっかいを出したら、コマツナギに移動して産卵した。前回信州での観察では花序が伸びていなくて茎に産卵したが、今回は花序の先の蕾への産卵だった。
洗礼の日_e0167571_23181558.jpg
洗礼の日_e0167571_2323762.jpg

ツマグロキチョウはまだ芽吹いて間もないカワラケツメイに産卵していた。
洗礼の日_e0167571_2318425.jpg
2卵観察したが、いずれも葉軸(羽軸)に産まれていた。
洗礼の日_e0167571_2319361.jpg
洗礼の日_e0167571_23191870.jpg

みき♂さん、お世話になりました。
この先は読まない方がいいかも知れません(笑)。

トンボ撮影では思わぬおまけ(!)があった。撮影中どうも「うなじ」に違和感を覚えて手をやると、ぬるっとしたものが触れる。摘まんでみると!!。指から剥がそうとしてもなかなか離れなかった。痛みや痒みは一切感じなかったが、出血がしばらく止まらなかった。そうこうするうちに、もう一度うなじに違和感(ゾーッ)。またやられた。足から登って来たのか、木の枝にいたものがサッと取りついたのか。いずれにせよ人生初めて蛭の洗礼を受けた日だった。帰ってからシャワーを浴びるとき体を点検するのが恐ろしかった(笑)。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-07-09 23:29 | チョウとトンボ | Comments(4)
モイワの楽園 –おまけ編-
モイワの成果にはまだおまけがあった。ここでは以前から浅間の煙さんが斑紋異常の個体を観察されている。この日も斑紋異常、それもハイレベルのやつがいた。いたといっても気が付いたのは帰宅後にPCで確認中のこと(笑)。
モイワの楽園 –おまけ編-_e0167571_22335966.jpg

翅胸前面の「ハ」の字斑が胸部前縁の黄条につながり、まるでコサナエの様。
モイワの楽園 –おまけ編-_e0167571_22341474.jpg
しかし翅胸側面や腹部10節の形状からはやはりモイワサナエ。前方からしっかり撮るべきだった(翌日浅間の煙さんがしっかり撮られてます)。
おまけのおまけ。
モイワの楽園 –おまけ編-_e0167571_22351826.jpg
モイワのフィールドではイケマにアサギマダラの卵。一回成虫も見かけた。
モイワの楽園 –おまけ編-_e0167571_22354191.jpg

これはみき♂さんが見つけたミドリヒョウモンの終齢幼虫。棘が長ーい。蛹化場所を求めて彷徨っているところか。
近くの開けた池ではエゾイトトンボ。
モイワの楽園 –おまけ編-_e0167571_22355590.jpg

エゾイトトンボは腹部第2節背面の黒斑がスペード状であることが特徴であるが(下)、上に様に矢頭状というか半円状のものも見られる。
モイワの楽園 –おまけ編-_e0167571_22365067.jpg

そして帰りに立ち寄った高原ではゼフには早かったけどクモガタヒョウモンのメスが撮れた。
モイワの楽園 –おまけ編-_e0167571_22372141.jpg
まともにメスが撮れたのは2回目。
といったわけでお陰様で充実した一日になった。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-06-21 22:39 | チョウとトンボ | Comments(2)
モイワの楽園
以前から浅間の煙さんにモイワサナエのポイントをご案内頂けることになっていた。
しかし悪天候で1週間延期した日曜日も、北関東の天気予報は良くなかった。しかしきっと回復するだろうと信じ、みき♂さんをお誘いして群馬県西部へ。現地で浅間の煙さんと待ち合わせ。少し風が強かったけど曇り時々晴れのまずまずの天気になってくれた。
環境は樹林内の緩やかな流れのある湿地。いかにもモイワがいそうな素晴らしい環境(写真は自粛します)。タイミングが良かったのか多数のモイワサナエを見ることができた(上♂、下♀)。
モイワの楽園_e0167571_2314531.jpg
モイワの楽園_e0167571_232125.jpg

モイワに混ざって少数のヒメクロサナエも観察された。
モイワの楽園_e0167571_2324677.jpg

そしてうれしいことにモイワサナエの交尾も撮る機会が2回あった!
モイワの楽園_e0167571_233482.jpg
モイワの楽園_e0167571_2331545.jpg

みき♂さん、お疲れ様でした。
そして浅間の煙さん、長い時間お付き合いのうえご案内頂いてありがとうございました。決行を決断して正解でした。キトンボの頃また行ってみたいです。
その他の写真は次回に。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-06-19 23:06 | トンボ | Comments(4)
| ページトップ |