Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
最新の記事
ホシチャと遊ぶ
at 2018-07-16 20:47
炎天下のイトトンボ
at 2018-07-08 18:19
ultramarinusの輝き
at 2018-06-25 23:20
梅雨の晴れ間・・のはずが
at 2018-06-19 23:12
絶滅から守る
at 2018-06-11 23:41
ゼフ飛ぶ渓谷
at 2018-06-03 22:06
お休みをとって
at 2018-05-25 19:45
休耕田はハラビロ天国
at 2018-05-12 21:46
黒系アゲハ集団吸水
at 2018-05-06 21:22
癒しの渓流
at 2018-05-04 19:32
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
悠凜さん、コメントありが..
by dragonbutter at 21:57
banyanさん、コメン..
by dragonbutter at 21:54
ジョウザンミドリシジミの..
by yurinBD at 12:59
今年はゼフも発生が早くて..
by banyan10 at 19:58
タグ
(150)
(135)
(123)
(72)
(69)
(63)
(62)
(61)
(57)
(42)
(37)
(33)
(19)
(17)
(12)
(12)
(10)
(10)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:シジミチョウ科 ( 150 ) タグの人気記事
Top▲ |
ホシチャと遊ぶ
海の日の3連休は初日だけ北関東に遠出した。
最初の林は初めての場所で、何がいるかは事前情報なし。
ジョウザンミドリシジミ?と思われるゼフが活動していた。
e0167571_20394776.jpg
e0167571_2040247.jpg

ここではアイノミドリシジミもいてこちらの方が新鮮だった。
e0167571_20402389.jpg

いずれも開翅のいいものは撮れなかったけど、数が多そうなので機会があれば来年また訪れたい。
場所を変えた高原に着いたのは正午過ぎ。カシワやナラガシワを叩いて回ってもゼフはほとんど飛び出さない。前回とはえらい違いだ(泣)。
夕刻になってボロボロのメスアカミドリシジミとエゾミドリシジミが活動を開始した。
e0167571_20405364.jpg
e0167571_2041710.jpg

ゼフの収穫は乏しかったが、他に期待していた蝶がこれ。
e0167571_20412818.jpg

4年ぶりの撮影(関東では初)。いつもは飛び出さないと気付かないのだが、今回はススキにちょこんととまっているのを運よく見つけた。ホシチャバネセセリは極小なので飛ばれると見失うことが多いが、時期があたったのか、何回も見つけるチャンスがあった。オス同士の卍飛翔をすることもあった(数秒間ですが)。ほかに誰もいないので、見つけると独り占めでゆっくり撮影できた。
e0167571_20414957.jpg
e0167571_20415827.jpg

平地では内陸は体温を超える猛暑だったようだが、高原は爽やかだった。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-07-16 20:47 | チョウ | Comments(4)
ultramarinusの輝き
Fさんがハヤシを撮りに行くというので、ご一緒させていただいた。
途中で雨が降り出したが、曇りのち晴れの予報を信じてポイントに向かう。
そこではbanyanさん、Kさん、Wさんが雨宿りしていた。既にオスの開翅が撮れた様で、余裕のご様子。ウラミスジシジミとウスイロオナガシジミも出たとのこと。
カシワを叩くとそれなりにハヤシが飛び出すが、低い位置に下りなかったり遠かったりでなかなか証拠写真以上のものが撮れない。
ようやく撮れたのがメス。全開翅の初撮影だった。新鮮できれいだ。
e0167571_23151138.jpg
e0167571_23152353.jpg

オスもようやく何とかなりそうなところに降りてきてくれた。角度が浅いのは残念だが、全開翅なので去年より前進かな。
e0167571_2316452.jpg
e0167571_23165852.jpg
この個体は特に輝きが強くて少し緑っぽかったような気がする。
そろそろ引き上げようかと移動し始めたら、横浜から来られたご夫妻がウラミスジがとまっていると教えてくれた。
e0167571_23171899.jpg
e0167571_23173214.jpg

4人で順番に枝を手繰り寄せて思う存分撮影。開翅の願いはとどかなかった。
現地でお会いした皆様、お疲れ様でした。一人では到底得られない成果でした。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-06-25 23:20 | チョウ | Comments(4)
ゼフ飛ぶ渓谷
東京西部の山は春蝶の賑わいも一段落して山ゼフの季節に入った。
今年は蝶の出現が早いようで、メスアカミドリシジミはかなりの数発生していた。
e0167571_220723.jpg
e0167571_2202282.jpg

なかなか近くで止まってくれず、証拠写真のオンパレード。
e0167571_2204511.jpg
皮肉にもこの角度だとすぐ近くにとまる(笑)。
e0167571_221482.jpg

そんな中で現地でお会いした霧島緑さんが、少し高い位置のとまった枝を手繰り寄せてくれた。ありがとうございました。カメラの設定間違えました(泣)。
e0167571_2211991.jpg

満足できる出来ではないけど、今までよりは少し前進。
ウラクロシジミも何とか証拠写真は撮れた。
e0167571_2214983.jpg
e0167571_2225784.jpg
これも霧島緑さんのおかげです。銀色にチカチカ光りながら夕方の渓谷を飛び回るウロクロを眺めていると時間が経つのも忘れてしまう。
これより1日前、産卵シーンを狙ったムカシヤンマだが、メス目当てにやって来たオスが撮れただけ。
e0167571_2232575.jpg
これも来年への宿題。ここではトンボ写真の大家であられるKさんにお会いできてゆっくりお話しできて光栄でした。
様々な程度にトリミングした写真が大部分です。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-06-03 22:06 | チョウとトンボ | Comments(8)
お休みをとって
2週連続で週末が完全につぶれてしまう代わりに、木曜日に有給休暇をとった。
以前Fさんに教えていただいた埼玉南部のポイント。ゼフの時期に行くのは多分9年ぶり。
平地ゼフの3種類がまあまあの数発生していた。
e0167571_19382419.jpg
e0167571_1939979.jpg
e0167571_19394141.jpg
e0167571_19395268.jpg
e0167571_1940763.jpg

ところで広角写真の3枚ははこんな仕掛けで撮影した。
e0167571_19401724.jpg

1脚に雲台をつけてそこにNikon1 V3を装着。手許に自転車用スマホホルダーを介してスマホ(僕の場合iPOD touch)をつけてWi-Fiで接続し、画面を見ながらリモート撮影。Wireless Mobile Utilityっていうアプリが原始的で、iPod touchからはシャッターを押すことと画像を取り込むことしかできない。なんか子供だましのような仕掛けだが、高いところにとまったゼフを1脚を伸ばして撮ってみた。今回は試し撮りであるが、どうしても使いたい場面がでてくるかもしれない。常に持ち歩くかは別の話だが(笑)。
ここは住宅地に囲まれた貴重な林である。しかし新しい老人ホームができたり、事業開発のための整地工事が入ったりで、先行きが怪しくて心配だ。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-05-25 19:45 | チョウ | Comments(4)
2年ぶりの春の女神
春になり、好天の週末とあって皆さんのブログも更新ラッシュですね。
私は日曜日の朝起きて迷った末、神奈川のギフにした。来週末が最盛期だろうが、なんとか撮ることができた。
9時前には山頂に着いてしまった、それまで蝶1匹飛ばなかった。9時半過ぎにようやくミヤマセセリが飛び始めた。メスがでていた。
e0167571_18445456.jpg
撮影者が3人になった9時50分頃、1匹がヒルトップにやってくると、10分後くらいには最大4匹が飛び交った。
e0167571_18455534.jpg

目をつけていたタチツボスミレで2度ほど吸蜜してくれた。さすがにどれも完品。
e0167571_18461165.jpg
e0167571_18462751.jpg
e0167571_18464033.jpg

撮影者が増えたので別ポイントに移ったが、山頂以外ではとても少なく、花もほとんどなかったのでもう少し山頂で我慢すればよかったかもしれない。
実はギフチョウは2年ぶり(汗)。去年は同じ場所で天気が悪くて敗退している。遠征もしなかったし。おまけに神奈川のギフは6年ぶりで、多分吸蜜のまともな写真は神奈川では初めてだろうから行ってよかった。
ふもとの里にはスギタニが沢山いた。こいつは翅を開きっぱなしだったけどどこか具合が悪いのかな。
e0167571_1846562.jpg

馬酔木と梅にやってきたテングチョウとアカタテハ。麓ではギフは見られなかった。
e0167571_18471563.jpg
e0167571_18473089.jpg

今日は山道を17,000歩歩きました。足が痛い!
Top▲ | by dragonbutter | 2018-03-25 18:50 | チョウ | Comments(6)
早春の妖精たち
土曜日は気温が低そうだったので仕事に充て、日曜日に比企丘陵に春の蝶を撮りに行った。
着くとすぐにヒメオオさんと出会ってご一緒させていただいた。
ベニシジミとミヤマセセリを今季初撮影。ベニシジミが絡み合っていたがオス同士なのか求愛かわからない。
e0167571_19504562.jpg
e0167571_1951341.jpg

10時半を過ぎると馬酔木ポイントにコツバメがやって来た。去年より数は多いみたいだ。
e0167571_19511789.jpg
e0167571_19513088.jpg
e0167571_19514126.jpg

ここにはルリシジミもやって来て、時々コツバメとバトルを演じていた。
e0167571_19515722.jpg

カミキリはさっぱりだが、クリストフコトラカミキリのようだ。
e0167571_19525167.jpg

ヒメオオさん、お世話になりました。またお会いしたらよろしく。
他にも大勢の方が来ておられた。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-03-18 19:55 | チョウ | Comments(4)
年末の公園にて
12月16日は暖かい日となった。
近くの公園へ。
去年より少ないようだが、ユキヤナギにはホシミスジの越冬幼虫の巣が数個。
e0167571_21162496.jpg

コデマリでも初見となる越冬巣が1こみつかった。
e0167571_21165489.jpg

長く伸びた枝の先端付近だった。
ムラサキシジミのオスが下りてきてくれた。
e0167571_21171220.jpg

多分今年の最後の更新でしょう。皆様良いお年を。
Top▲ | by dragonbutter | 2017-12-24 21:18 | チョウ | Comments(0)
初冬のルーミス
日曜日はbanyanさんと房総へルーミスシジミを撮りに出かけた。
ここに行くのは4年ぶり4回目のこと。
ポイントに着くと見慣れたお二人。theclaさんと千葉のNさんだ。すでに越冬個体を見つけておられ、教えていただく。
e0167571_22581668.jpg

11時近くなるとチラチラと飛び始める。しばらくの間冬の日差しを浴びて開翅するルーミスに遊んでもらった。
e0167571_231031.jpg
e0167571_2311320.jpg
e0167571_2312710.jpg

湿った地面から吸水する個体もいた。
e0167571_2314140.jpg

午後になってお休み体勢の個体。
e0167571_2325270.jpg
葉の枯れた部分の模様にすっかり溶け込んでいる。これなら天敵にも見つりにくかろう。
開翅写真を検討したところ、少なくとも6頭の個体を撮影していた。他にねぐらから動かない個体が複数いた。
banyanさん、theclaさん、Nさん大変お世話になりました。4年前は開翅が撮れてないので、まともな撮影ができたのは実に6年ぶりでした。
e0167571_2383411.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2017-12-04 23:09 | チョウ | Comments(4)
北国ならでは

ルリイトトンボは中部地方では際立った青さから識別は容易であるが、北海道に行くと様々な程度に黒化するため慣れないと判定に戸惑ってしまう。以前はエゾルリイトトンボという亜種として扱われていたこともある。

ある湿地状の沼にいた青いイトトンボ。

e0167571_18063501.jpg
↑はセスジイトトンボ。やや緑がかっている。
e0167571_18074430.jpg
↑は見てしばらくはルリイトトンボと思って撮影していた。しかし考えるうちエゾイトトンボのようにも思えてきた。エゾイトだと一通り生態は撮影済みなので少しテンションが下がる。一応交尾と連結を撮る。メスには青色型と緑色型がいた。
e0167571_18125151.jpg
e0167571_18123989.jpg
しかし家でPCに取り込んで確認するとやはりルリイトだった。眼後斑とか腹部第1節の黒斑とかは個体差があってあまり当てにならない。他にいくつか鑑別点はあるが、決定的なのは腹端。
e0167571_18130419.jpg
オスの突き出た下部付属器とメスの第8節のささくれ状の突起。これでルリイトに決定。もっとも北海道のトンボに慣れた方なら全体の印象で即座に同定可能なのだろうけど。

結局出現しなかった他のトンボを探して時間切れになったが、もう少し真剣に産卵シーンも探して撮っておくべきだった。

近くのカシワ林にいた擦れたゼフ。

e0167571_18242641.jpg
ハヤシミドリシジミと思うが自信はない。後翅肛角の橙色斑の中の黒斑が消えているのは北海道ならではだろうか。


Top▲ | by dragonbutter | 2017-08-12 18:33 | チョウとトンボ | Comments(2)
ジョウザンの2化
札幌出張があった。
仕事が終わって少し足をのばしてみた。
ジョウザンシジミは春型に人気があるが、場所によって暑い夏には夏型が発生するという。
崖沿いの廃道を少し進むとまず出会ったのがウラキンシジミだった。
e0167571_22304027.jpg

その先、ジョウザンがたくさん飛び回る場所があった。岩場に生えるキリンソウが食草である。
e0167571_22261110.jpg
飛び回るシジミはほとんどがジョウザン。
e0167571_2228015.jpg
断崖の足場の良くないな場所であるが、ジョウザン天国である。
e0167571_22281152.jpg

夏型は黒いということであるが、真っ黒ではなく青い鱗粉が少しのっている個体が多かった。
e0167571_22284376.jpg
e0167571_2228586.jpg
e0167571_22291348.jpg
e0167571_22292495.jpg
e0167571_22294881.jpg

以前十勝で撮った春型は不活発で撮り放題だったけど、夏型は違った。晴天で気温が高いせいか飛び回ってなかなかとまらない。撮影チャンスは数の割に少なかった。もっと楽しみたかったけど時間切れで撤収。
きれいなベニヒカゲが崖の上から時々舞い降りたが残念ながらとまってくれなかった。
初めてなので比較できないけど、思った以上の数だった。7月の北海道が記録的な暑さだったからだろうか。
しかしそれ以上に多かったのがアブ!。何回も刺されながらの撮影となった。
Top▲ | by dragonbutter | 2017-08-08 22:33 | チョウ | Comments(4)
| ページトップ |