Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
最新の記事
真夏のような週末 -1- シ..
at 2018-04-22 16:53
嵐の前に
at 2018-04-15 09:58
目覚める虫たち
at 2018-04-09 23:34
なんでもありの産卵
at 2018-04-01 18:56
2年ぶりの春の女神
at 2018-03-25 18:50
早春の妖精たち
at 2018-03-18 19:55
生き延びた越冬幼虫
at 2018-03-11 21:28
菜の花にモンキ@横浜
at 2018-03-03 23:45
今年もモンキでシーズン始動
at 2018-02-12 18:29
人生最後の(?)ブルームーン..
at 2018-02-01 00:24
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
こんにちは。 トンボの..
by mikiosu at 04:38
トンボの羽化は時間がかか..
by banyan10 at 20:22
トンボの羽化は一度しか観..
by himeoo27 at 19:19
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 19:03
タグ
(146)
(132)
(120)
(72)
(66)
(62)
(61)
(59)
(54)
(41)
(36)
(33)
(18)
(16)
(12)
(12)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:シロチョウ科 ( 62 ) タグの人気記事
Top▲ |
海の日の思い出
この週末は法事で長野に帰っていた。3000m級の山々は既に真っ白だった。
e0167571_1615953.jpg
e0167571_16264856.jpg
というわけで新しい虫の写真はないが、7月の海の日に撮ったものが未掲載だった。この日は朝早くから富士山の近くに出かけた。かろうじて聞き取れるテレビ電波を頼りになでしこジャパンのW杯決勝戦の生中継に耳を傾けていた。インターを下りたあたりでPK戦となり、途切れ途切れに中継のアナウンスと歓声が入って優勝を知った。あまりに見事な逆転劇に目頭が熱くなった(最近涙腺がゆるみがち)。
虫の成果はブログに掲載しなかっただけにたいしたことはなかった。長いこと遠くからの写真しかなかったコフキトンボを間近で撮れた。
e0167571_162413100.jpg
メスのオビ型も撮れるとうれしかったが、この日は見かけなかった。別の場所でも初撮影となる種は採れなかった。
e0167571_16245145.jpg
e0167571_1625789.jpg
e0167571_16252161.jpg
富士山を背景にコフキトンボを狙ったが、なかなか敏感でこれが限界だった。
e0167571_16253987.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-12-11 16:33 | チョウとトンボ | Comments(6)
悲しい産卵
明日は雨が降りそうだし、来週末は土日とも仕事なので今日はプチ遠征をした。とはいってもたいした成果はなかった。水が抜かれた池でアキアカネがいっぱい産卵していたが、撮れたのは似たような写真だ。
e0167571_19191541.jpg
e0167571_19193077.jpg
ノシメトンボが産卵に来た。産卵写真は撮れてないので「よし」と気合を入れたが何か変だ。メスがだいぶ弱っており、オスにぶら下っているだけといった状態。2,3回産卵したら泥に体をとられて飛び上がれなくなった。オスはしばらくもがいていたが連結を解いて飛び去った。薄情な奴め。でもしかたないか。
e0167571_1920695.jpg
季節外れの暖かさと言ってもトンボの加齢は進むのだろう。産卵中水面で力尽きるアキアカネのペアもいた。
e0167571_1920512.jpg
自分もいずれは次世代に後を託してこうなるんだろうなあと思うとしみじみしてしまう。
別の池ではまだマイコアカネがたくさんいた。私のザックにもとまった。
e0167571_19221514.jpg
この青白い顔から「舞妓」アカネという名前が付いたわけだが、こうなるのはオスだけだ。とまっているオスを別のオスが攻撃する瞬間が撮れた。
e0167571_19273566.jpg
腹部を持ち上げて追い払おうとしているが、次の瞬間両者とも飛び上がった。交尾も初めて撮れたがもっといい角度から撮ろうとしたら逃げられた。
e0167571_19312370.jpg
色あせたモンキチョウが求愛飛翔をしていた。
e0167571_19275885.jpg
やはりオスがメスの前を飛んでいる。
ちょっと暗い写真が多かったけどそんな季節なんですね。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-11-05 19:40 | トンボ | Comments(6)
上信の山へ
3連休初日、Fさんがミヤマモンキを撮りに行くというので私も同行させていただくことにした。ここは3度目。1度目は10年以上前、フィルムカメラでミヤマモンキを初撮影した。2年前に来たときは時期も遅く、山の上が霧に包まれて敗退。
渋滞が心配で3時半前には家を出たが、幸い高速はスムースで、登り口には6時半前に着いた。すぐにFさんも到着。空はピーカンだ。さっそくゆっくりと登り始める。半分ほど登った所で行く手を白い蝶が飛ぶ。ミヤマシロチョウだ。運良く近くにとまってくれた。
e0167571_2172493.jpg

標高差は400m足らずだが、考えてみると去年は山に登っていなかった。日頃の運動不足の体が悲鳴をあげ始めたころミヤマモンキが迎えてくれた。登るにつれて次第に数が増えてくる。天気がいいとあたりを飛び回り撮影が難しいと聞いていたが、思ったより緩やかに飛び、すぐ訪花するので撮影自体は困難ではない。黄色いオスにはやや遅かったが、白いメスはどれも新鮮だった。ピンクの産毛が何とも言えず美しい。以下山の花を訪れたミヤマモンキ。上から順に[ミヤマシグレ、ウスユキソウ、ネバリノギラン、シャジクソウ、ハクサンフウロ、タカネニガナ]
e0167571_2194011.jpg
e0167571_2194944.jpg
e0167571_2195922.jpg
e0167571_21101578.jpg
e0167571_21115585.jpg
e0167571_2112742.jpg

山頂のナナカマドにゼフが登ってきていた。
e0167571_21123452.jpg
帰ってからよく見るとオオミドリシジミのようだ。
山頂を越えるとミヤマモンキは一層数を増す。先の方に撮影者が二人。近づくと一人はフィールドノートのtheclaさん。フィールドでばったりお会いするのは4度目くらいになるかな。
e0167571_211326.jpg
こんな感じで主に広角撮影をしておられた。私も試みたがほとんどが背景にピントがいっていた(泣)。
e0167571_21132419.jpg
とまると絶対羽を開かないので飛翔をねらった。広角でないので雰囲気がでないが、オスメスとも少しは見られるものがあった。
e0167571_21135062.jpg
e0167571_21135980.jpg
運良く産卵も見ることができた。
e0167571_21142095.jpg
たっぷりとミヤマモンキに遊んでもらって、満足して下り始めた。(続く)
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-07-17 21:24 | チョウ | Comments(12)
今年の出会い
今年もあっという間に終わろうとしている。
今年最後の更新となるので、1年を振り返ってみた。今年も感動的な出会いがいくつもあったが、殊に思い出深いものが四つ。6月の大井川源流で見たクモマツマキチョウ、8月に下北半島で出会ったカバイロシジミ、同じ8月のハネビロエゾトンボ産卵(千葉県)、そして9月のナニワトンボ(兵庫県)である。虫たちとの出会いがうれしかったのはもちろんであるが、出会った舞台もそれぞれ素晴らしかった。環境写真に蝶とトンボの未掲載写真を重ねてみた。
e0167571_2312098.jpg
e0167571_23122434.jpg
e0167571_23123829.jpg
むせるような新緑と青い渓谷、ひなびた海岸線、薄暗く神秘的な森の中の小さな流れ、そして木立に囲まれ心癒される里山のため池。このような豊かで多様な環境があって初めて貴重な蝶やトンボが生きながらえているのだと思う。ただナニワトンボの池はうっかり環境写真を撮り損ねたようで、捜しても見つからない。しかたなく下手な広角写真で代用。
e0167571_23125856.jpg
これからは風景も忘れずに撮らないといけないね。
いずれも貴重な情報を頂いた方、同行していただいた方なくしては撮れなかった写真であり、ありがたいことであった。
さて、来年はどんな出会いが待っていてくれるだろう。
明日から2-3日信州の実家に早めの帰省をして来ます。スノータイヤもつけて準備OK。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-12-27 23:22 | チョウとトンボ | Comments(4)
冬のアカネ - その四 -  - 記録更新 -
まだ同じネタで引っ張ります。
今日は低気圧が三陸沖に去って、強い寒気が流れ込む直前の貴重な一日。運良くその日が休日となった。この時期のマイブームは生き残りアカネ探し。このところ横浜北部と町田に交互に行っているが、今日は横浜。まだいるだろうと確信してポイントをのぞくと・・・、いたっ。
e0167571_17513031.jpg
生き残ったアキアカネ。今日の発見は自分にとって重要なもの。2年前の記録12月20日を塗り替える新記録。しかも冬至を越えて生き残った貴重なトンボだ。もちろん随分減ってしまって、見た限りでは3匹を確認したのみ。これが終見日となる可能性が高い。見納めにしっかり撮らせていただく。
e0167571_1752112.jpg
e0167571_17522464.jpg
記念に腕時計との2ショットという難易度の高い(?)証拠写真も(笑)。
e0167571_17524436.jpg

今日は蝶も思ったより飛んでいた。
e0167571_1753246.jpg
このベニシジミやけに新鮮でないか?この個体は確実に年を越しそうだ。昼過ぎには気温が17℃にもなり越冬蝶もいろいろ飛んでいた。
e0167571_17533054.jpg
e0167571_17535057.jpg
e0167571_1754216.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-12-23 17:57 | チョウとトンボ | Comments(6)
いたずら坊主?
このいたずら坊主が笑ったような模様の持ち主は何でしょう?
e0167571_2032646.jpg

最近真っ青な秋晴れがない。今日も雲が多い上に季節外れの黄砂がやってきて、ぱっとしない天気だった。
小金井市にある公園へ行った。このあたりは調布市、府中市が複雑に入り組んでいるが、写真を撮った所は小金井市。ビジターセンターの情報では、今年このあたりでホシミスジが発生して話題になったとか。
リンドウが一株咲いていたが、自生かどうかは判らない。
e0167571_2072524.jpg
蝶の多い一角があった。キチョウ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミのまだ新鮮な個体が多数飛んでいた。
e0167571_2011433.jpg
e0167571_20112181.jpg
e0167571_2012178.jpg
e0167571_20124682.jpg
e0167571_2013062.jpg
ベニシジミは青い鱗粉がのった美人にくたびれたオスが言い寄っていたが当然ふられてしまった。
e0167571_20132062.jpg
エノキの枝で(アカボシ)ゴマダラの幼虫を探したがみつからず。そのかわりこんな美しいカメムシがいた。
e0167571_20134960.jpg
e0167571_20135972.jpg
アカスジキンカメムシの5齢幼虫のようだ(もし違っていたら教えてください)。成虫は「歩く宝石」ともいわれるほど美しいカメムシであるが、幼虫も虹色に光ってなかなか渋い美しさがある。栴檀は二葉より芳し、である。このまま越冬して来春成虫になるようだ。別の枝では3匹集まっていた。集団越冬するのかな。
e0167571_20143351.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-11-13 20:21 | その他の昆虫 | Comments(4)
迷蝶カバマダラ@三浦半島
3連休の最後の月曜日は見事な秋晴れ。この好天が仕事のあった土曜日でなくて良かった。(笑)
今日は横浜のIさんに案内していただき、banyanさんと三浦半島に飛来した迷蝶カバマダラを見に出かけた。カバマダラは元々南方系の蝶。学生の頃、初めて奄美大島に行ったとき、まず目に飛び込んできた記念すべき蝶だ。今年はカバマダラの当たり年らしく、浜松では数千頭も飛んでいたらしい。数は少ないと聞いていたので果たして見つけることができるか心配であったが、空き地に着くとすぐに1頭オスを発見。これは幸先がいいぞ。とにかく証拠写真を何枚か撮り一安心。
e0167571_19315491.jpg
e0167571_1932553.jpg
e0167571_19321773.jpg
しかしこの後がさっぱり続かない。採りやさんも来ているそうなので、ほとんどが採集済みなのだろうか。ガガイモらしい植物の葉をチェックしてみる。食痕はあるものの幼虫や蛹はみつからない。副産物はヒガンバナに新鮮なナガサキアゲハが飛来したくらい。
e0167571_19323534.jpg
このあと、何でもいいから広角で海をバックに撮ろうということになり、海岸に移る。富士山もきれいに見えている。何とか絵になりそうに撮れたのはモンキチョウとアキアカネ(肝心の富士山は小さくてわからない)。
e0167571_1933460.jpg
e0167571_19331896.jpg

穏やかな秋の日をのんびりと楽しんだ一日だった。Iさん、banyanさん、ありがとうございました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-10-11 19:35 | チョウ | Comments(8)
瑠璃星兄弟
今週前半は空き家になっている信州の実家に帰ってきた。帰省先ではいろんな用事で撮影どころではなかったが、行きと帰りにちょっとだけ寄り道した。
湿原ではお目当てのトンボにはさすがにちょっと遅いようだった。ルリボシヤンマのオスがたくさん飛んでいた。日が当たると滑るように飛翔するが、日がかげると比較的長くホバリングしてマダラヤンマやサラサヤンマくらい写真は撮りやすかった。
e0167571_18163290.jpg
e0167571_18164450.jpg
産卵も目撃したが飛ばれてしまった。
少し下った小さな湖ではオニヤンマ、オオヤマトンボ、ネキトンボ、クロイトトンボなどがいた。岸辺ではたくさんのオオルリボシヤンマが産卵していた。岸から急に水深が増していることと、草や枝でごちゃごちゃした所で好んで産卵するので撮影は楽ではなかった。
e0167571_18173668.jpg
e0167571_18175428.jpg
雌には多型があり、オスのような青いメスの産卵も撮りたかったが叶わなかった。
このような開放的な池や湖ではルリボシヤンマは見かけないようだ。
帰りの寄り道では珍しい(かな?)モンキチョウの吸水を撮った。これも今年の猛暑がなせる業か?
e0167571_18181760.jpg
それにしてもこの猛暑はいつまで続くのだろう。これが秋のチョウやトンボの活動にどんな影響を与えるか見どころである。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-09-07 18:20 | トンボ | Comments(8)
青森に蝶とトンボを追う -3-
カバイロシジミを撮った後、途中ひなびた食堂でマグロ漬け丼を食べて、半島を東に向かい、虫林さんお勧めのポイントを目指した。
最初のポイントは河口が沼のようになっている感じの場所で川に沿って歩道がある。歩き始めてすぐにモンシロチョウがとまっていた。大きくてきれいなので近づいてみるとちょっと変だ。
e0167571_981912.jpg
これは去年北海道で捜したけど見られなかったオオモンシロチョウではなかろうか。この蝶のことは全く頭になかったが、北海道の他に青森にも進出していると読んだことを思い出した。後で開翅写真が撮れたのでオオモンシロチョウと確認できた。
e0167571_984062.jpg
この蝶は元々日本にはいなかった蝶。ユーラシア大陸から野菜等に蛹などが付着して侵入したとも、ロシア沿海州から直接飛来したともいわれている。ここではモンシロとオオモンシロは半々といったところかな。
のっけからあまり歓迎すべきでない蝶を見てしまったが、川沿いの歩道に入ってすぐにエゾトンボの仲間が飛んでいた。時々2秒ほどの短いホバリングをするので飛翔写真をねらった。
e0167571_99067.jpg
腹部の7節あたりの前縁に小さな黄色斑があること、上付属器がひげのように細長いことからエゾトンボだろう。
e0167571_991338.jpg
青森にはキバネモリトンボもいるようだが、残念ながら翅は完全に透明だ。エゾトンボは、学生の頃行った北海道でいくらでもいた記憶があるが、撮影できたのは初めて。
先に進むとゴマシジミが飛んでいる。
e0167571_9103884.jpg
パスト連写で飛翔をねらった。翅表の青がきれいだ。
e0167571_9124058.jpg
他にジャノメチョウの交尾も撮れた。
e0167571_9125554.jpg

最後となるポイントは尻屋崎近くの湿地。ここでもゴマシジミを探す。数は少ないがどれも新鮮だった。
e0167571_9131711.jpg
何とこんな本州最北端で撮影者に会った。とても真剣に撮られていたので挨拶しかしなかったが、広角で飛翔をねらったベストショットには何とその彼がしっかり納まっている。飛翔写真ではよくあることだ。
e0167571_9134265.jpg
ヒョウモンチョウも飛んでいた。
e0167571_913572.jpg

下北は素晴らしい撮影スポットに溢れていた。まだまだ素晴らしい場所があるだろう。ただ帰りの時間を気にしながらの撮影が残念だった。次回訪れることがあれば(あるかなー)、もっとのんびりと廻ってみたいものだ。
いろいろご教示いただいた虫林さんに感謝いたします。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-08-12 09:16 | チョウとトンボ | Comments(8)
オニとヤブ
今日も暑い中、東京近郊を回ったが、これといった収穫なし。
アカトンボの仲間が随分増えてシーズン後半に入った感が強かった。
どれも似たような場面を既に掲載済みですが・・・・・
オニヤンマ♂
e0167571_21212189.jpg

オニヤンマ♀
e0167571_21214433.jpg
オニヤンマ産卵。水中に腹端を突き刺して産卵する瞬間。第7-10節が水面下にある。
e0167571_21241762.jpg
オニヤンマのように大きいトンボで、しかも暗いところにいると全体にフォーカスするのが難しい。
ヤブヤンマ♂。何度も撮ったトンボだけど、今日の写真は少しはましかもしれない。
e0167571_21243768.jpg
クロスジギンヤンマ 普通は春のトンボであるが、夏にもしばしば見られるという。
e0167571_21245443.jpg
スジグロシロチョウ。オスの求愛飛翔(左)とメスの交尾拒否(右)
e0167571_21251495.jpg
この後、無理やり交尾に至ろうとするが、この体勢からは無理である。
e0167571_21252825.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-07-25 21:31 | トンボ | Comments(8)
| ページトップ |