Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
最新の記事
ホシチャと遊ぶ
at 2018-07-16 20:47
炎天下のイトトンボ
at 2018-07-08 18:19
ultramarinusの輝き
at 2018-06-25 23:20
梅雨の晴れ間・・のはずが
at 2018-06-19 23:12
絶滅から守る
at 2018-06-11 23:41
ゼフ飛ぶ渓谷
at 2018-06-03 22:06
お休みをとって
at 2018-05-25 19:45
休耕田はハラビロ天国
at 2018-05-12 21:46
黒系アゲハ集団吸水
at 2018-05-06 21:22
癒しの渓流
at 2018-05-04 19:32
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
悠凜さん、コメントありが..
by dragonbutter at 21:57
banyanさん、コメン..
by dragonbutter at 21:54
ジョウザンミドリシジミの..
by yurinBD at 12:59
今年はゼフも発生が早くて..
by banyan10 at 19:58
タグ
(150)
(135)
(123)
(72)
(69)
(63)
(62)
(61)
(57)
(42)
(37)
(33)
(19)
(17)
(12)
(12)
(10)
(10)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:トンボ科 ( 123 ) タグの人気記事
Top▲ |
絶滅から守る
西日本に行く機会があったので、ヒョウモンモドキの生息域外保全の様子を見せていただくことにした。
飼育ケージの中には食草のキセルアザミ、そして吸蜜源のノアザミのプランターが置かれ、数多くのヒョウモンモドキがノアザミの花にとまっていた。ケージは遺伝子の多様性に配慮して、生息地ごとに仕切りがされていた。保全の詳細はここで説明するより、今年できたパンフレットをご覧ください。
最初の3枚がオス、その後の2枚がメス、一番下の1枚は左がオスで右がメスだと思います。
e0167571_23331999.jpg
e0167571_23333624.jpg
e0167571_23334888.jpg
e0167571_2334164.jpg
e0167571_23341091.jpg
e0167571_23391818.jpg

キセルアザミの葉裏に産まれた卵も教えていただいた。ざっと280卵ほどある。時間をかけて産むのでしょうね。
e0167571_23343499.jpg

まだ蛹も見られた。
e0167571_2335913.jpg

天気が良ければ交尾、産卵も見られるようだが、ケージの中とはいえ多少は雨も入ってくるし、あの天気では仕方なかった。天候のせいか、ノアザミにとまっていてもストローは伸ばしていない。
この施設はいつ行っても中が見学できるわけではありません。また、原則、少しでも保全のお手伝いをすることが条件のようです。だた、この日は荒天のため免除されましたが。
ご案内していただいて、詳しくお話を聞かせてくださったN安さんに感謝いたします。
隣り合う湿地にはすごい数のハッチョウトンボがいた。
e0167571_23352651.jpg
e0167571_23354235.jpg
こちらも雨のため生殖行動が見られなくて残念だった。
雨の中でもノアザミで吸蜜するウラギンヒョウモンがいた。
e0167571_2336125.jpg

保全が順調に進んで、いつの日か野外を飛び交うヒョウモンモドキを見られる日が楽しみです。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-06-11 23:41 | チョウとトンボ | Comments(8)
休耕田はハラビロ天国
横浜でハラビロトンボが多産する休耕田を見つけた。
オスは黄色⇒黒⇒青灰色と変化する。
先ず未熟オス。少し離れた林にいた。
e0167571_21425137.jpg

まだ黄色い部分が残る半成熟オス。
e0167571_21431123.jpg

メスは数がずっと少なく、休耕田の周辺にじっととまっているのを見つけた。
e0167571_21432761.jpg

それでも成熟したメスは休耕田の中に入っていくんだろう。交尾態を2-3度目撃した。ハラビロトンボの交尾は短い。20秒ほど飛び回った後、20秒ほど静止する。近づく前に解けてしまうことも多い。何とか2ペア撮影できた。
e0167571_21435241.jpg
e0167571_2144474.jpg

交尾を終えると短時間草にとまって休憩した後産卵が始まる。
e0167571_2144176.jpg
e0167571_21442517.jpg

草が被って撮影に苦労した。打水する瞬間を撮りたかったが・・。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-05-12 21:46 | トンボ | Comments(0)
真夏の様な週末 -2- 越冬トンボの産卵コンプリート
去年ホソミイトトンボの産卵を観察した多摩東部の池。角度的に苦しい位置だったが、複数のペアが産卵していた。
e0167571_1849434.jpg
e0167571_18492142.jpg

メスが次第に水中に潜っていく。
e0167571_1850620.jpg
e0167571_18501519.jpg
e0167571_1850264.jpg

合間にシオカラトンボの羽化が撮れた。
e0167571_18503950.jpg

オツネントンボの産卵も教えていただいた。
e0167571_18505353.jpg

産卵痕は列をなしている。
e0167571_1851768.jpg

そしてこの池では初観察であるホソミオツネントンボの産卵を家内が見つけた。
e0167571_18512984.jpg

成虫越冬する3種類の産卵を同じ日に同じ池で観察できた!
しかしこの日は長靴なしで出かけたのが失敗で、撮影時に2回足を滑らせて両足首とも水に浸かってしまった(泣)。
とても暑かったけど、公園で飲んだ生ビールは最高でした!
Top▲ | by dragonbutter | 2018-04-23 18:54 | トンボ | Comments(4)
真夏のような週末 -1- シオヤ誕生
真夏のような暑さとなった週末、シオヤトンボの多い多摩東部の谷戸に行った。
羽化殻がたくさん残っていた。3匹重なっているものも!(笑)
e0167571_16483176.jpg

多数の成虫が飛び交う中、定位している黒いヤゴを見つけた(8:38)。
e0167571_16493671.jpg
シオヤトンボの羽化の始まりである。ここでじっと待ち構えていれば一部始終が観察できたのだが、他のトンボや蝶が気になって一回りして戻ったらここまで進行していた(9:00)。
e0167571_16495764.jpg

羽化はいつもここでしばらく休憩する。ちょっと目を離したすきに腹部を抜いていた(9:18)(腹部を抜くのはあっという間である)。
e0167571_16501681.jpg
10:11まで観察して先に進んだ。
e0167571_16512652.jpg
11時前に戻ると飛び立った後だった。
ツツジが見ごろでカラスアゲハが飛来した。
e0167571_16514325.jpg
e0167571_16515516.jpg
オナガアゲハも飛んでいた。
ウスバシロチョウが出始めだったが、気温が高くて飛び回るばかりだった。
e0167571_1652996.jpg

暗い林にいたクロコノマチョウ。黄色っぽい個体だった。
e0167571_1652216.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2018-04-22 16:53 | チョウとトンボ | Comments(8)
目覚める虫たち
自宅近辺では桜の季節も過ぎて、ハナミズキの季節となった。
山に入るとミスジチョウの幼虫が大きくなっていた。
e0167571_23281337.jpg
突起も顕著になっており、1回脱皮して終齢になったと思われる。この個体の周囲の新芽に食痕はなかったが、越冬から覚めると摂食前に脱皮することもあるらしい。
これは別個体。
e0167571_23235153.jpg
近くの若葉に食痕があった。ここまで足を延ばして食べたのだろう。
e0167571_2324964.jpg

しばらく様子を見たが、越冬巣から離れて食事に出かける気配はなかった。
ツマキチョウがたくさん飛んでいた。
e0167571_2324251.jpg
メスがタネツケバナに一瞬止まったので行ってみると卵があった。
e0167571_23243940.jpg

アカタテハもカラムシ(ヤブマオ?)の新芽に産卵した。
e0167571_23245846.jpg

スジグロシロチョウの吸水と吸蜜(花の名前不明)。
e0167571_23251474.jpg
e0167571_2325323.jpg

シオヤトンボとカワトンボ(多分アサヒナカワトンボ)を1匹ずつ見つけた。
e0167571_23255180.jpg
e0167571_2326594.jpg
いずれも個人的には初見の最早記録だと思う。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-04-09 23:34 | チョウとトンボ | Comments(0)
冬間近
なかなか出かける機会が作れないが、土曜日に少し時間がとれたので多摩東部の公園を2か所覗いてみた。
最初の公園ではムラサキツバメがいたが降りて来てくれなかった。ウラギンシジミは秋遅く発生する個体ほど前翅端が尖るようだ。特にメスでその傾向がある気がする。
e0167571_22335659.jpg

2カ所目の公園。ネキトンボは姿を消し、コノシメとアキアカネがまだ元気に飛んでいた。
e0167571_2234368.jpg
e0167571_22344736.jpg
e0167571_22345793.jpg

アキアカネは初めて長めにホバリングするのを見た。今まで飛翔を撮るとすれば飛び立ちか止まる直前、あとは連結産卵時だった。
そろそろ東京周辺からも初霜の便りが届きそうだ。
Top▲ | by dragonbutter | 2017-11-15 22:37 | トンボ | Comments(0)
体育の日のサプライズ
体育の日のこと。
午前中限定で多摩東部の公園に出かけた。ネキトンボとコノシメトンボが多い都市公園だ。人工池ではこの日も多くの産卵が見られたが、ここの難点は順光で撮りづらい点だ。
e0167571_21222347.jpg
やはり満足のいく角度では撮れなくて、そろそろ引き上げようかと思ったとき、池に赤褐色の昆虫が飛来した。
最初は「キタテハ?」「テングチョウ?」あたりしか思い浮かばなかった。しかし追視するうち、トンボであること、そして信じられないけど、八重山諸島(石垣島以西)でしか記録のないアカスジベッコウトンボではないかと思えてきた。しかし冷静に考えると冗談としか思えない。幸い、ほどなくして池の傍の地面やベンチにとまった。やはりそのトンボは冗談ではなくアカスジベッコウのメスであった。宝石に例えたら間違いなくルビーである。
e0167571_21224785.jpg
e0167571_2123976.jpg

いったんは飛び去ったが、3回ほど戻ってきてくれた。図鑑でみる生態写真からは、強い飛翔能力を持ち、高速で飛び回る姿を想像していたが、意外に飛翔は緩やかで、「やや力強いチョウトンボ」といった感じだった。メスだからかもしれない。
フチドリベッコウトンボなどの近似種もいるので、トンボ学会のFさんに相談すると、何人かの研究者も交えて検討していただき、アカスジベッコウトンボでよいということになった。
本土初記録なので学会誌に発表することとなった。
台風18号の後でもあり、当初は飛来したと考えたが、どうも移入種の可能性が高そうである。水草に随伴してヤゴが入って来たか、八重山で愛好家に採集されたものが逃げ出したか・・・。
いずれにせよ、こんな場所で思いもよらない初撮影を果たすことができた。
Top▲ | by dragonbutter | 2017-11-05 21:30 | トンボ | Comments(8)
親子そろって美しい
せっかくの週末も仕事や天候不順でフィールドに出られない。そこでだいぶ前に撮った画像から。
美しいトンボでも幼虫はほとんどが茶色系で地味である。しかし親子そろって美しいトンボもいる。そのうち2種を紹介する。
まずベニトンボ。南西諸島ではどんな池でも見られる普通種。
e0167571_22491687.jpg
オスはこの様に目の醒めるようなショッキング・ピンクなので、初見の時は胸躍らせて撮影するが、次第にカメラを向けなくなる(笑)。
さすがにピンク色とはいかないが、ツートンカラーの斑点や縞模様のあるヤゴもとてもきれいだ(終齢)。
e0167571_22494639.jpg

次がアオサナエ。
e0167571_22504263.jpg
これも特別希種ではないが、緑色が美しいサナエトンボだ。敏感なので近づくのに苦労する。
こちらはヤゴも緑色!
e0167571_22505863.jpg

腹側からみるともっとすごい(いずれも終齢ではありません)(色には個体差があります)。
e0167571_2251947.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2017-10-23 22:54 | トンボ | Comments(0)
ネキとコノシメの産卵ショー
先週末、多摩東部の公園へ行った。池のほとりで複数のネキトンボとコノシメトンボを見かけた。曇っていたので所在なげにとまっているだけだったが、晴れていたらもしかして・・・と思って土曜日に再訪した。
夕方から仕事なので短時間だった。予報ほどには天気が良くなくて、時々日が射す程度だった。それでも日が当たると素晴らしい産卵ショーが見られた。
e0167571_21201894.jpg
e0167571_21203367.jpg
e0167571_21204797.jpg
e0167571_2121347.jpg
e0167571_21211497.jpg
e0167571_21212685.jpg

ネキトンボはメスの単独産卵も多かった。
e0167571_21195045.jpg

5-6ペアが同時に産卵に降りることも。太陽が雲に隠れると一斉にいなくなった。
街中の都市公園なのでコノシメは好きそうな環境であるが、ネキトンボがこれほどみられるとは思わなかった。
チャンスは沢山あったのに当たりが少な過ぎた。自宅からそう遠くないのでいずれまた。
Top▲ | by dragonbutter | 2017-10-01 21:24 | トンボ | Comments(0)
流水のアカネ
赤とんぼの仲間のヤゴは、ほとんどが水田、池、湿地といった止水域で育つ。しかしミヤマアカネだけは主として流水で育つという。しかしこの目で確認したことはない。以前産卵を撮影したのは小規模な池だった。
夏のサナエを観察しようと7月中旬に多摩西部の中規模河川に行った。河川敷の草むらに未熟なミヤマアカネを沢山見つけた。
e0167571_22463331.jpg
どこで発生したのだろう。河川敷のどこかかもしれないが、河川に沿って走る道路の反対側に感じのいい水田があったので行ってみると、灌漑用の用水路があった。
e0167571_22465154.jpg
持っていたザルで掬うとミヤマアカネのヤゴが複数入った(1匹を羽化させて確認)。
e0167571_22504643.jpg
一跨ぎできるほどの小さな水路であるが流れは結構早い。こんなところで産卵するのか、それとも上流から下って来たのか。
9月になってそろそろ生殖活動も始まっていると思い日曜日に再訪した。河川敷ではミヤマアカネは全く見つからなかった。用水路に行くと真っ赤に成熟したオスが流れでテリ張りしていた。
e0167571_22471576.jpg
そして連結ペアが何度かやってきて産卵していた。
e0167571_22474742.jpg
e0167571_22475915.jpg

卵から成虫までここを住み家としているようだ。もう少し季節が進めば産卵ペアの数も増えるのかもしれない。
Top▲ | by dragonbutter | 2017-09-04 22:52 | トンボ | Comments(0)
| ページトップ |