人気ブログランキング |
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
more...
最新の記事
北のトンボのヤゴ達 -1-
at 2021-01-24 21:26
擬木柵の上で(その2)
at 2021-01-17 20:37
擬木柵の上で
at 2021-01-11 17:59
新年のご挨拶
at 2021-01-01 00:00
冬を越す蝶、越せぬ蝶
at 2020-12-27 21:44
小春日和に越冬蝶観察
at 2020-12-12 13:51
木枯らしに負けずに
at 2020-12-05 23:44
河川敷を歩く
at 2020-11-27 23:05
近場の公園巡り
at 2020-11-23 22:50
懲りずにアオタテハモドキ
at 2020-11-16 23:09
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2021 浅間暮らし
最新のコメント
himeooさん、あけ..
by dragonbutter at 20:21
ダンダラさん、あけまして..
by dragonbutter at 20:19
霧島緑さん、あけまして..
by dragonbutter at 20:15
cactussさん、あ..
by dragonbutter at 20:14
タグ
(199)
(167)
(142)
(87)
(78)
(78)
(73)
(70)
(69)
(49)
(38)
(36)
(24)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(11)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:トンボ科 ( 142 ) タグの人気記事
Top▲ |
北のトンボのヤゴ達 -1-
久しぶりにヤゴの話題です。
去年の北海道遠征では天候に恵まれず、雨の日はヤゴを掬って観察した。今頃北のヤゴ達は凍てついた池の底で眠っていることだろう。
北海道特産のエゾカオジロトンボ。
北のトンボのヤゴ達 -1-_e0167571_21233093.jpg
北のトンボのヤゴ達 -1-_e0167571_21235504.jpg
北のトンボのヤゴ達 -1-_e0167571_21241844.jpg
ヤゴの密度はものすごかった。形体はアカネ属にそっくり。腹部背面の2本の黒条が特徴。場所によってはカオジロトンボと混生するが、この有無で鑑別可能。カオジロトンボ属は複数年1世代である。
同所にいたキタイトトンボ。
北のトンボのヤゴ達 -1-_e0167571_21245500.jpg
北のトンボのヤゴ達 -1-_e0167571_21250645.jpg
これも本州以南にはいない。これは採取場所の情報がないと他のイトトンボのヤゴとは僕にはちょっと識別不可能。尾鰓が太短い、先が尖らない、黒斑がない、中央分節が不明瞭といった点が手掛かりになるが、これは羽化まで待って確定した。

Top▲ | by dragonbutter | 2021-01-24 21:26 | ヤゴ | Comments(0)
河川敷を歩く
連休最終日はロケハンを兼ねて河川敷でポイントを探す。干上がりかけた水辺でアキアカネとマユタテアカネが最後の力を振り絞って産卵していた。
河川敷を歩く_e0167571_22574432.jpg
河川敷を歩く_e0167571_22582287.jpg
河川敷を歩く_e0167571_22585276.jpg
河川敷を歩く_e0167571_22590161.jpg
自宅からさほど遠くない撮影しやすい場所が見つかったので来年が楽しみ。
ムラサキツバメや生き残りのヒメウラナミジャノメもいた。
河川敷を歩く_e0167571_22592394.jpg
もっと幻光を捉える角度を探そうとしたら飛ばれた(泣)
11月下旬というのに比較的綺麗なカトリヤンマのオスがいてびっくり。
河川敷を歩く_e0167571_22595124.jpg
調べるとMy終見日は12月4日だったが、その時はくたびれたメスだった。

Top▲ | by dragonbutter | 2020-11-27 23:05 | トンボ | Comments(0)
立冬のアオタテハモドキ
以前よく通った都下の里山でアオタテハモドキが発生したらしい。10年ほど前にも多摩東部で発生している。今日は曇り時々雨との予報だったが、遅めの朝食後空を見ると晴れ間が覗いているので行ってみることにした。立冬に南国の蝶ということでダメもとで出撃。
着くとドン曇り。それでもキタキチョウやウラナミシジミはそこそこ飛んである。ほぼ諦めて最初の場所に戻ったら稲刈りの終わった田んぼで飛び出した。
立冬のアオタテハモドキ_e0167571_21375738.jpg
紅葉をバックに撮れると良かったのだが。
立冬のアオタテハモドキ_e0167571_21382301.jpg
さすがにボロボロのオスであるが、迷蝶の記録として喜んで撮影。さすがにもう終見でしょうか。
帰り際に撮ったナツアカネの連結打空産卵。曇天の下で産卵していた。ISOを3200に上げてストロボなしで撮影。落下する卵が写るカットがいくつか撮れた。
立冬のアオタテハモドキ_e0167571_21390663.jpg
立冬のアオタテハモドキ_e0167571_21392036.jpg
立冬のアオタテハモドキ_e0167571_21393367.jpg

全く水がないのに、来春には水が引かれることをどうやって知っているのだろう。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-11-07 21:43 | チョウとトンボ | Comments(2)
初秋の会津 -その1-
僕にとって二十歳代の頃3年半過ごした福島県は第二の故郷と思っている。住んだのは中通りであったが、会津にはスキーや山登りで何度も訪れた。4連休前半でその会津を再訪した。
キマダラルリツバメ遠征で近くに行っても立ち寄らないで帰っていた只見川第一橋梁。
初秋の会津 -その1-_e0167571_22215804.jpg
この定時の列車を撮って展望台から下りようとしていたら、居合わせた若い男性から「今日はこの後もうひと編成臨時が来ます。めったに撮れませんよ。」といわれて撮った列車。
初秋の会津 -その1-_e0167571_22234207.jpg
後で調べると、これは「びゅうコースター風っこ」と呼ばれるジョイフルトレインの一種らしい。
赤くならないアカトンボ、マダラナニワトンボを9年ぶり、福島では初めて撮影した(上オス、下メス)。
初秋の会津 -その1-_e0167571_22242033.jpg
初秋の会津 -その1-_e0167571_22241753.jpg
活動時間に日が射さず、産卵シーンは撮れなかった。連結もこんな変てこりんな状態を撮れただけ。
初秋の会津 -その1-_e0167571_22254508.jpg
でもちゃんと棲息していることが確認できてよかった。
初秋の会津 -その1-_e0167571_22260554.jpg
ルリボシヤンマもあまり飛ばなかった。
初秋の会津 -その1-_e0167571_22261845.jpg
初秋の会津 -その1-_e0167571_22262100.jpg
次回はヒョウモン類を。

Top▲ | by dragonbutter | 2020-09-23 22:30 | トンボ | Comments(0)
北海道遠征(2)
北海道遠征の続きです。
トンボは蝶より天候に敏感で、収穫は更に思わしくなかった。十勝川の支流の河川敷にある整備された公園では雨の中オニヤンマの羽化ラッシュだった。
北海道遠征(2)_e0167571_22154971.jpg
ルリボシヤンマの羽化も見られた。
北海道遠征(2)_e0167571_22162584.jpg

撮りたかったトンボの一つエゾカオジロトンボ。1回目は気温が低く全く飛ばなかった。最終日の午前中に短い時間で再挑戦。少し薄日が差して、エゾカオジロ天国となった。
北海道遠征(2)_e0167571_22172133.jpg
北海道遠征(2)_e0167571_22173180.jpg
皮肉なことに一番いい条件で撮れたものはオス単独も交尾もカメラザックの上(涙)。
北海道遠征(2)_e0167571_22174139.jpg
北海道遠征(2)_e0167571_221832.jpg
とても敏感なくせにカメラザックには何度もとまった。
ここでは異常連結や異種間交尾も撮れたがそれはまたいずれ。
カラカネイトトンボを少数見つけた。
北海道遠征(2)_e0167571_22182129.jpg

キタイトトンボは多かった。
上から成熟オス、半成熟オス、未熟メス。
北海道遠征(2)_e0167571_22183337.jpg
北海道遠征(2)_e0167571_22184366.jpg
北海道遠征(2)_e0167571_22185259.jpg

楽園のような場所だったが、帰りの飛行機の時間が迫り、後ろ髪を引かれる思いで撤収した。
同行のHさん、お世話になりました。Kさんには貴重なポイントを教えていただきました。
沢山宿題を持ち帰った遠征だった。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-07-16 22:23 | トンボ | Comments(0)
小さな発見
6月中旬、早朝に訪れた狭山丘陵。目的のトンボは撮れなかったけど、オオシオカラトンボの羽化を初めて撮れた。
小さな発見_e0167571_21454745.jpg
みずみずしくて美しい。6時過ぎに撮影。シオカラトンボの羽化を9時過ぎに撮ったことがあるが、オオシオカラは暗いうちに羽化を済ませることが多いのかも。
湿地周辺に驚くほど沢山のアカシジミとウラナミアカシジミが降りていて(ねぐらとしていたのだと思う)、歩くたびに周囲の森に飛び立った。このようなことは初めてだった。
小さな発見_e0167571_21464465.jpg
小さな発見_e0167571_21465493.jpg
小さな発見_e0167571_2147361.jpg
小さな発見_e0167571_21471018.jpg

朝早く起きたので、この後車で少しだけ仮眠をとり多摩の林道へ。
結局撮れなかったトンボの登場を待っていると、キタテハらしい蝶がしきりに林道に下りてくる。何気なくレンズを向けるとどうもシータテハのメスのようだ。
小さな発見_e0167571_21474155.jpg
秋型はよく低地に移動して越冬するらしいが、これは夏型。ここの標高は400m。よくみると少しだけ擦れている。ひょっとしてこれも高標高地から降りてきたのかな、と思ったりする。しばらくしてどうみてもずっと鮮やかな個体が飛んで来た。
小さな発見_e0167571_2148698.jpg
羽化して日が経っていないオスだ。このあたりで発生しているに違いない。黒色部の発達した美麗オスだった。
当地でばったりお会いした蝶とトンボの研究者であるS氏によると、近年このあたりで見られるようになっているとのことだった。
もう少し奥でミドリヒョウモンのメスに会えた。
小さな発見_e0167571_21482499.jpg
メスの吸水は珍しいのではないだろうか。
小さな発見がいくつかあった日だった。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-06-27 23:00 | チョウとトンボ | Comments(2)
年越しのアカネ
この冬は北日本を除いて記録的な暖かさである。
僕の赤とんぼ終見記録はアキアカネの2015年12月26日。この年の横浜の最低気温は12月28日に3.2℃を記録。
次に遅いのが2010年の12月23日。この年は12月26日に2.4℃を記録。
今シーズンはまだ12月23日の3.6℃が最低(元旦の時点で)。
ということは記録更新できるかも。
見逃していた「逃げ恥」の一挙再放送の録画も見終わったので(笑)、元旦早々実績のある横浜の里山へいそいそと出かける。
車を止めて歩き始めて約15分、アカネが飛んだ!しかし水田の中ほどに飛び去りロスト。取りあえず年越しアカネの目撃記録は更新だが、何としても証拠写真が欲しい。
更に行きつ戻りつ30分ほど歩き回って、何とか2度目の遭遇、そして撮影成功。
年越しのアカネ_e0167571_17434310.jpg
年越しのアカネ_e0167571_17435730.jpg
アキアカネのオス。結局1枚の水田の周囲で数回目撃したが、同一個体かもしれない。さすがに接近しやすかったが、くるっと頭を回して僕を警戒する。乾いた羽音で飛び立つと敏捷に遠くまで飛翔した。
いたのはこんな場所。わかる人にはわかるかな。
年越しのアカネ_e0167571_17441542.jpg

もう2-3日は生き延びそうであるが、ちょっと遠いのでこれをもって終見記録としたい。
たやすく年を越せるようになることは地球温暖化の警鐘かもしれない。
タグ:
Top▲ | by dragonbutter | 2020-01-02 17:46 | トンボ | Comments(6)
初めての秋空の下で
台風19号では甚大な被害がでました。被災者にはお見舞いを申し上げますとともに、早く元の生活に戻れますようお祈りいたします。
今年は天候不順や仕事との関係でなかなか好条件での遠征がかなわないうちに暦の上では秋となった。しかし最近の晴れた日も蒸し暑くて夏の名残から抜けきれない。
10月9日は確実に晴天で湿度も低そう。水曜ではあるが、働き方改革で有給休暇を5日消化しないといけないので、仕事をやりくりして秋晴れを楽しむことにした。
キトンボは東京近郊ではめっきり減ってしまい、確実だった産地でも10年前の面影はない。この日は北関東のキトンボのいる池を目指した。
途中、車載温度計による気温は11℃で快晴、まさに秋晴れとなった。
現地に着いたのが9時頃。アキアカネが寂し気にとまっているだけ。手持無沙汰のうちに時間が過ぎる。10時になってもさっぱり。外してしまったかと思い始めた10時半、ようやく第一号が下りてきた。
初めての秋空の下で_e0167571_7141380.jpg
11時を過ぎるとオスの単独個体が増え、3匹の追尾も見られるようになる。
そのころ浅間の煙さんもやってこられた。11時半になって待ちに待った連結産卵が始まる。高標高のため平地に比べて活動時間が遅れるのだろう。いつの間にか最優先種はアキアカネからキトンボに代わり、キトンボパラダイスとなる。
どうしても太陽の低いこの時期、日のあたる岸辺は逆光となり、うまく回り込まないといい色が出ない。草に邪魔されることも多い。
キトンボの産卵にはいくつかタイプがあるが、完全型(?)は以下の通り。
1. 連結して岸辺を飛びながら産卵場所を探す。
初めての秋空の下で_e0167571_7145738.jpg

2. 一度打水して産卵弁に水をためる。
初めての秋空の下で_e0167571_7155969.jpg
産卵弁と腹部第8節の間に水滴が見える
初めての秋空の下で_e0167571_7164332.jpg
3. 岸の泥やコケに卵を含む水を打ち付ける。この場面は決定的なものがとれなかった。
初めての秋空の下で_e0167571_7184951.jpg
打ち付けた後は腹端の水滴がなくなっている。
初めての秋空の下で_e0167571_719097.jpg

4. 2と3を場所を変えつつ繰り返した後連結を解く。
5. その後メスは単独産卵に移行する。
初めての秋空の下で_e0167571_7191966.jpg
これは単純な打水産卵のことが多い。オスはホバリングしつつメスの産卵を警護する。
初めての秋空の下で_e0167571_7193126.jpg

5の前にメスは休憩することもある。
もちろん他の雄の干渉により最後まで順調にいくとは限らない。
交尾も初撮影できた。メスがオスの腹部を抱きかかえている姿が微笑ましいね。
初めての秋空の下で_e0167571_7195497.jpg

この後、おじさん一人でやっている小さな手打ちうどんのお店でお昼を済ませて転戦したが、時期が遅くてそこでは全くの空振りだった。センダングサにわんさかウラナミシジミがいたので何度も飛び立ちを狙って一枚だけブログに上げられそうなカットが撮れた。
初めての秋空の下で_e0167571_720773.jpg

浅間の煙さんお世話になりました。秋晴れの楽しい一日となりました。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-10-14 07:25 | トンボ | Comments(4)
いろんな顔
週末は曇り時々雨の予報だったので遠出は諦めた。
しかし土曜日は朝起きると晴れていたので狭山丘陵に行ってみた。アカトンボが活動を始めているはず。
しかし着くころには高曇りとなり、だんだん雲が厚くなってきた。
このせいか、あるいは時間が遅かったせいか産卵は見られなかった。
マユタテアカネの交尾。
いろんな顔_e0167571_2314569.jpg

こちらはいわゆるノシメ型のメス。
いろんな顔_e0167571_23152439.jpg

コノシメトンボ。
いろんな顔_e0167571_23153764.jpg

リスアカネ。
いろんな顔_e0167571_23155213.jpg
交尾を撮りたかった。
アオイトトンボが産卵していた。
いろんな顔_e0167571_2317511.jpg

キイトはこれが見納めか。
いろんな顔_e0167571_23171767.jpg

羽化して間もないホソミイトトンボ。
いろんな顔_e0167571_23172766.jpg

場所を変えるとメスグロヒョウモンが沢山いてアザミに集まっていた。
いろんな顔_e0167571_23174474.jpg

秋のオスは初めて見た気がする。
いろんな顔_e0167571_23175553.jpg

数が多いとこんな場面にも出会う。
いろんな顔_e0167571_2318877.jpg

ススキに様々な齢数のクロコノマチョウの幼虫がいた。
顔の模様は齢数が進むと変わるのかと思ったが、そうではなく個体差のようだ。
いろんな顔_e0167571_2318241.jpg

おまけはホタルガ。
いろんな顔_e0167571_23183493.jpg
赤い頭がチャームポイント。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-09-30 23:22 | チョウとトンボ | Comments(2)
池の復活
近くの某公園でムスジイトトンボが大量発生したとの情報を教えていただいた。この公園では初確認ということ。
連休中ずっと雨模様の予報だったが、日曜日は良い方にはずれて日が射していたので見に行った。
ムスジイトトンボは南方系のトンボで分布が北上傾向にあるものの、そう単純なものでもないらしく、埼玉では従来の産地で次々と見られなくなっているという。
ムスジは以前千葉と沖縄で撮影済みであるが、東京都下では未撮影だった。
着くとすぐに発見。それも至る所に。
池の復活_e0167571_9383992.jpg
この公園ではかいぼりで池の水をくみ出し、外来種を駆除したところ、ツツイトモという絶滅危惧種の水草が復活、大繁殖した。これが沈水植物の繁茂が必要条件のムスジの発生に好都合だったのだろう。
公園の性格上接写するほど接近できず、トンボ目線の角度からの撮影もできなかったが、産卵も撮ることができた。
池の復活_e0167571_9391146.jpg

これはオスメスとも完全に潜水して産卵しているところ(笑)。
池の復活_e0167571_9392343.jpg

そんな中でちょっと違和感のあるイトトンボがいた。
池の復活_e0167571_939367.jpg
どう見ても緑色がかった色合いをしている。眼後斑も三角形で大きい(右のムスジの眼後斑は個体差がありますが)。
池の復活_e0167571_939593.jpg
これはセスジイトトンボ。こちらも都下ではムスジイトトンボと同様、あるいはそれ以上に貴重なトンボ。
おまけをいくつか。産卵しようとしたギンヤンマペアをシオカラトンボが襲ったところ。
池の復活_e0167571_9401555.jpg
突然のシーンでストロボがセットできなくて残念。
ホバリングするギンヤンマ。
池の復活_e0167571_9403634.jpg

木漏れ日とマユタテアカネ。
池の復活_e0167571_9404424.jpg

1秒に2回ほどの高速で水面を打ち付けてツツイトモに産卵するコフキトンボ。
池の復活_e0167571_9405678.jpg

手摺にとまるオナガサナエ。
池の復活_e0167571_941614.jpg
すぐ隣を自転車が通っても動じない。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-09-23 09:45 | トンボ | Comments(2)
| ページトップ |