人気ブログランキング |
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
more...
最新の記事
小さな発見
at 2020-06-27 23:00
オオタカのヒナ
at 2020-06-22 22:32
宣言解除
at 2020-06-18 21:33
羽化直!東京のカラスシジミ
at 2020-06-14 23:00
サナエの羽化 –その4- ヒ..
at 2020-06-10 23:00
11年ぶり
at 2020-06-06 23:00
久々の挑戦
at 2020-06-02 23:00
サナエの羽化 –その3- ヤ..
at 2020-05-29 22:51
アゲハ4種混合の集団吸水
at 2020-05-25 17:17
サナエの羽化 –その2- ア..
at 2020-05-21 17:36
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
2020 浅間暮らし(ヤ...
最新のコメント
辺蟲憐さん、ご教示ありが..
by dragonbutter at 22:21
低地のシータテハなんです..
by 辺蟲憐 at 00:36
浅間の煙さん、コメントあ..
by dragonbutter at 21:56
辺蟲憐さんの交尾写真は常..
by dragonbutter at 21:52
タグ
(188)
(159)
(137)
(81)
(78)
(77)
(69)
(66)
(66)
(46)
(38)
(35)
(23)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
(11)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:マダラチョウ科 ( 12 ) タグの人気記事
Top▲ |
晩秋の秩父路 -2-
クロツの撮影をしているとき、きれいなハチが飛んで来た。青く輝いている。
晩秋の秩父路 -2-_e0167571_830513.jpg
オオセイボウ(青蜂)だ!
晩秋の秩父路 -2-_e0167571_8302086.jpg
この蜂を撮りたくて、猛暑の中、多摩の公園に2度足を運んだものだが、生憎出会いはなく、熱中症になりかけて退散したのだった。
こんなところで秋も深まってから会えるとは思っていなかった。撮るのに難しい位置で、30秒ほどの出会いではあったが、宝石のような蜂を見ることができてうれしかった。
セイボウは英語でcuckoo waspと呼ばれるように、他の蜂に寄生して幼虫が育つ。近くで寄生される側のスズバチも見ることができた。
この後山を下り、ダンダラさんのブログを頼りにフジバカマを植えてアサギマダラを呼んでいる場所に行った。
晩秋の秩父路 -2-_e0167571_8304468.jpg
居合わせた方によると、10月には一面飛び交っていたらしいが、さすがに渡りのピークも過ぎて2頭いただけだった。それでも秋空バックに撮影が叶った。
晩秋の秩父路 -2-_e0167571_8305792.jpg
晩秋の秩父路 -2-_e0167571_831688.jpg

キタテハは多かった。
晩秋の秩父路 -2-_e0167571_8311629.jpg

近くにはアザミもたくさん咲いていて、ヒメアカタテハが来ていた。
晩秋の秩父路 -2-_e0167571_8313644.jpg

この後道の駅で「イチローズ・モルト」を買って、「必ず願いが満つる」という名の奥長瀞渓谷にある温泉に浸かって帰宅した。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-11-09 08:34 | チョウ | Comments(2)
再会(1)
お盆休みは2泊3日で2年ぶりの信州の山へ。
初日は先ず林道を走って標高をあげてみる。オオゴマには遅いだろうが、コヒオドシがいればと思って。しかし曇天のためか蝶自体が少ない。サカハチチョウとアサギマダラが目立つくらい。
再会(1)_e0167571_10181873.jpg
歩き始めてすぐに家内がキベリタテハを見つけてくれたのがせめてもの救い。人工物にとまった写真だけど、まともに撮るのは9年ぶりだろうか。
再会(1)_e0167571_10184454.jpg
再会(1)_e0167571_10191516.jpg

その他はぼろぼろのアイノミドリとアサマイチモンジといったところで、蝶に関しては乏しい成果だった。
再会(1)_e0167571_10235163.jpg

ニホンザルに何度も出会った。人を全く怖がらない。子連れでも目の前を堂々と歩いていく。
再会(1)_e0167571_10193523.jpg
再会(1)_e0167571_10194581.jpg

ニホンカモシカは警戒心が強い。林道脇にいたので、遅れて歩いていた家内を振り向いて教えてあげたら、次の瞬間既に暗い林に逃げ込んでいた。
再会(1)_e0167571_10195920.jpg

2日目は雨だったので、飛騨高山まで足を延ばして古い街並みを楽しんだ。
再会(1)_e0167571_1020899.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2018-08-19 10:25 | チョウ | Comments(2)
山原遠征 その4
ヤンバル最終日。北に向かったけど、ほとんど車から出ないうちに激しい雨。しばらく止むのを待っていたが埒が明かないので南下することにする。初日に立ち寄った宜野座村の池。着いてすぐベニトンボの交尾を発見。
山原遠征 その4_e0167571_20533841.jpg
ベニトンボは必ず飛びながら交尾する。時間も短いので、いい写真はあまり見たことがない。運よく産卵場所を探してゆっくり飛んでいたので何とかピントの来たものが撮れた。小雨の降る中この遠征中最初で最後のヤゴ掬い。ヤゴ密度はとても高く、沖縄初心者には興味深いヤゴばかりだったが、それは後日ということで。
連休も終わりに近く道路の混雑も気になる。しかしこれで空港に行ったらさすがに時間を持て余すだろうから、2kmあまり離れた別の池に行く。こちらは住宅地に隣接した海に近い小さな池。いかにも人工的であまりトンボのいそうな池とは思えない。
しかしここで今回初めてのコシブトトンボを発見。
山原遠征 その4_e0167571_20541849.jpg
小さい!しかしもっと小さい極小のイトトンボも。
山原遠征 その4_e0167571_20552354.jpg
コフキヒメイトトンボなら今回の遠征中何回か見ているが、もしかしたらヒメイトトンボかも。しっかり撮ってモニターで確認。オスは上部付属器が下部より出ているのでヒメイトトンボだった。日本最小のトンボだ。腹長はハッチョウトンボの方が小さいが、翅の長さはこちらが小さい。なんといっても体積で比べればは圧倒的に本邦最小種である。交尾も撮ることができた。
山原遠征 その4_e0167571_2056026.jpg
縄張り争いでホバリングするオス。
山原遠征 その4_e0167571_20562048.jpg

すぐ近くの花壇(荒れ地といってもいいかも)にたくさんの蝶が来ていた。白い蝶はほとんどがナミエシロチョウだった。上がオス、下がメス。
山原遠征 その4_e0167571_20564131.jpg
山原遠征 その4_e0167571_20565396.jpg

他にもオキナワビロードセセリやツマムラサキマダラ。
山原遠征 その4_e0167571_20572519.jpg
ツマムラサキマダラは蝶の温室で撮ったことはあるが、やはり野外で撮れるとうれしい。
山原遠征 その4_e0167571_20574697.jpg
オスの斑紋はシンプルだが青い幻光が広がって美しい。
山原遠征 その4_e0167571_2058182.jpg

天気も良くないので少し早めだけど空港に向かった。
本日の初撮影は蝶2種、トンボは1種。遠征全体では成虫に限ると蝶7種、トンボ4種。期待したより少なかったけど、逆に言えばまだ伸びしろがあるということにもなる(笑)。既撮影種でも新たな生態の観察もできた。また自由気ままな遠征が計画できればいいな。
Top▲ | by dragonbutter | 2017-05-28 21:05 | チョウとトンボ | Comments(2)
最西端へ
7月から忙しくなり、週末もなかなか撮影に出かけられない日が多くなりそうだ。そうなる前に遠征しておこうというわけで、3泊3日で与那国と石垣に行って来た(那覇に1泊、与那国に2泊)。
最西端へ_e0167571_2205658.jpg

与那国1日目は最悪の天気。とても寒く、冷たい北風がビュンビュン吹いて雨が降ったり止んだり。蝶なんか1匹も飛んでない。こういった日はヤゴ掬い(笑)。いくつか南方系のヤゴが撮れたが、それはまた時間があるときに報告することとする。
2日目も気温が低くて風が強いのは相変わらずであるが、青空から時々日が射す。明日朝には飛行機に乗るので、与那国は今日まで。まず島の最高峰に登る。車をとめて坂道を登っているとやっと蝶の第一号が飛んだ。ナミエシロチョウだ。低温期のオスは真っ白。一瞬カワカミシロチョウかと思ってしまった。
最西端へ_e0167571_2212193.jpg
メスも前翅端の黒色部内の白斑が発達する。
最西端へ_e0167571_2213767.jpg
ナミエシロチョウに次いで多かったのがルリタテハ。本土とは別亜種とされる。
最西端へ_e0167571_222546.jpg
気温が低くてよかった点はヤエヤマカラスアゲハが不活発だったこと。ピカピカのオスをゆっくり撮れた。
最西端へ_e0167571_222236.jpg

頂上はとても寒くて与那国の代表種シロミスジは飛ばない。
仕方なくI林道に行く。ミナミキチョウ(多分)とクロテンシロチョウがいた。
最西端へ_e0167571_2224139.jpg
最西端へ_e0167571_2225745.jpg
リュウキュウミスジも飛んでいるが、あまり写欲がわかない。せっかく近くにとまってくれたので撮ってあげようかと思いファインダーをのぞいたら違和感が。シャッターを押した瞬間シロミスジだとわかった。
最西端へ_e0167571_2231920.jpg
焦ってもう少し近づこうとしたら飛ばれてしまい、高い梢に消えた。本当にこの一枚だけだったが、珍しくピントが合っていてラッキーだった。黄褐色の裏面も撮りたかったが、何とか与那国遠征の最低限の目的は果たせた。
平地の荒れた畑にはリュウキュウアサギマダラとスジグロカバマダラがいた。スジグロカバマダラは吸水中のようだ。
最西端へ_e0167571_2234963.jpg
最西端へ_e0167571_224684.jpg

与那国では地元のMさん、Sさんにお世話になりました。しかし数年来最悪という状況ではアドバイスのしようがないといった感じでした。普通種もほとんど撮れないで帰っていく採集者もいたとか。迷蝶も全く採れていないそうだ。しかし夜は民宿のご主人と、同じ宿に投宿した横浜からの採集者Mさんなどと島の泡盛で盛り上がり楽しかった。横浜のMさんは与那国には100回は来ているという強者で、タイワンヤマキチョウなどの超珍品も採集されているとか。
宿題もたくさん残ったので再訪したいが実現するだろうか。今度はもっとのんびり滞在したいな。
今与那国は自衛隊施設の建設が急ピッチで進んでいる。建設関係者が大勢やってくるため、飛行機、民宿やレンタカーはなかなか予約が取れない状況だ。写真は陸上自衛隊のレーダー施設。
最西端へ_e0167571_221020100.jpg

3日目は朝一番で石垣島に飛んで、夕方まで歩き回った。<続く>
Top▲ | by dragonbutter | 2016-03-29 22:11 | チョウ | Comments(4)
葉裏で耐える -その2-
2週間前にヒカゲチョウの越冬幼虫の観察ができたので、「次はクロヒカゲじゃ」と勇んで成虫が多かった多摩丘陵の一角に出かけたが、惨敗していた。
今日は気分を入れ替えてアサギマダラの越冬幼虫探しに家内と出かけた。
アサギマダラは渡りで有名で毎年ニュースになっているが、幼虫で冬を越すこともできる。しかし越冬できる北限は東京付近まで。これは常緑の食草であるキジョランの北限に一致する。
今日行った場所もキジョランの北限に近い場所のはずだ。山道を歩き始めると青空が広がって来た。山道には2週間前に降った雪が所々残っているので慎重に歩く。キジョランはかなり豊富に生えているが、雪と急斜面のため道から外れるのは危険。道沿いで幼虫を見つけなくてはならない。
食痕、それも新鮮なやつを探しながら進んでいく。最初の幼虫は歩き始めて30分ほどで見つけた(赤丸の付近、青丸の葉裏にいた)。
葉裏で耐える -その2-_e0167571_21582357.jpg
葉裏で耐える -その2-_e0167571_21584115.jpg
3齢だろうか。
葉裏で耐える -その2-_e0167571_2159458.jpg
しかしこの幼虫の周りには新鮮な食痕はなかったので、必ずしも食痕にこだわらなくてもいいのかもしれない。キジョランには毒性の強いアルカロイドが含まれるので、これを食べる幼虫は毒をもつことを天敵に知らせるため、このような派手な色をしている(警戒色)。
更に進むと、先を歩いていた家内が食痕の多い株を見つけた。さすがにここにはいるはず、と思って気合を入れて探すと、間もなく1匹目を見つけた。さっきより少し小さいがこれも3齢だろうか。
葉裏で耐える -その2-_e0167571_21594585.jpg

3匹目は同じ株から家内が発見した。これが一番小さくて、2齢かと思われた。
葉裏で耐える -その2-_e0167571_220741.jpg

幼虫は、自身を毒から守るため、丸く葉を食い破り、毒を含む白い液を染み出させ、毒の量が減った葉を食べる。十分育った幼虫は、葉の基部に噛み傷をつけて1枚の葉をしおらせて丸ごと食べるようになるという(この部分は論文があるとしたら原典にあたっていないので間違っていたらご指摘ください)。
だから円周状の食痕があり、その内側が抜けていなくて、食痕に白い液が付いているものが新鮮で、近くで幼虫が見つかる可能性が高いということになる。3匹目のいた葉に赤く丸を付けた食痕はそんな例だろう。
葉裏で耐える -その2-_e0167571_2203623.jpg

3匹見つかったので満足してしまってその後は真剣に探さなかったけど、キジョランが生えている場所は限られているようであった。
稜線で記念撮影。
葉裏で耐える -その2-_e0167571_2205319.jpg

ここ3週間で休みは今日だけだ。せっかくの休みなのでゆっくり過ごせばいいのだが、私にとっては山歩きをした方が心の静養になるようだ。
Top▲ | by dragonbutter | 2016-01-31 22:04 | チョウ | Comments(4)
南紀への旅 -2-
<前回の続き> ここで飛んでいるシジミチョウはサツマが5割、ヤクルリが4割、残りの1割がヤマトシジミとウラナミシジミといった感じ。ヤクルリは3年前に尾鷲で証拠写真を撮って以来だ。オスの深いブルーは飛翔中も目立っていた。
南紀への旅 -2-_e0167571_21505275.jpg
南紀への旅 -2-_e0167571_21513276.jpg
ツワブキ以外ではベニバナノボロギク(ベニバナボロギク)の吸蜜が撮れた。
南紀への旅 -2-_e0167571_21514727.jpg
アサギマダラもやってきた。南に渡る途中だろうか。
南紀への旅 -2-_e0167571_2152976.jpg
翅脈が白く輝くきれいなヤマトシジミもいた。
南紀への旅 -2-_e0167571_21523174.jpg

次のポイントからは予報通り雨もぱらついていい写真は撮れなかった。内陸に入った熊野古道ではクロコノマチョウの密度が高い場所があった。
南紀への旅 -2-_e0167571_21524975.jpg

蝶以外の写真も一つ。最初のポイントを後にするとき、車のドアに長さが1cmに満たない小さな虫がとまっているのを家内が発見した。
南紀への旅 -2-_e0167571_2153375.jpg
エゾギクトリバのようだ。蛾の仲間であるが、こんな翅でよく飛べたものだ。
夕方熊野速玉大社を参詣してから最後に新宮城址に登り、夕暮れの熊野川を撮って終了。
南紀への旅 -2-_e0167571_21531814.jpg
この後はレンタカーを返して、駅に近い海鮮居酒屋で夜行バスに乗るまでの時間をつぶした。サツマやヤクルリは今では愛知や静岡で撮影可能であるが、本場(?)南紀で短時間ではあったが戯れることができて遠くまで行ったかいがあった。南紀のルーミス、ナンキウラナミアカシジミ、それと熊野本宮大社など、また行く理由は残っているが実現するかはわからない。去年情報を頂いたIさんに感謝いたします。
Top▲ | by dragonbutter | 2014-11-04 22:03 | チョウ | Comments(4)
3年ぶりのカバマダラ
横浜でカバマダラが発生していると聞いて、3年ぶりに会いに行ったので、全くの遅ればせながら掲載します。
現地ではbanyanさん、hemlenさん、theclaさん、初めてお会いする横浜のF-Tさん、他何人も撮影に来られていた。今日は数が少ないようで、訪花はフジバカマしか撮れなかった。
3年ぶりのカバマダラ_e0167571_22211870.jpg
3年ぶりのカバマダラ_e0167571_22212623.jpg
3年ぶりのカバマダラ_e0167571_22213540.jpg
採集者も入ったというのでその影響もあるのかもしれない。
メスも撮れたがボロボロだった。
3年ぶりのカバマダラ_e0167571_22215054.jpg
F-Tさんにガガイモについている中齢幼虫を教えていただいた。
3年ぶりのカバマダラ_e0167571_22223456.jpg
近くの葉裏に1齢幼虫もいた。
3年ぶりのカバマダラ_e0167571_22224879.jpg
越冬は無理としても今いる幼虫は羽化できるといいなと思う。
最後にキタテハ(秋型メス)、ホシホウジャクとコノシメトンボの写真です。
3年ぶりのカバマダラ_e0167571_22231395.jpg
3年ぶりのカバマダラ_e0167571_22232532.jpg
3年ぶりのカバマダラ_e0167571_2223359.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2013-10-14 22:25 | チョウ | Comments(8)
過ぎ行く夏の高原
ベニヒカゲは山に登るとよく見かけるが、デジタルで撮ったことがなかった。いつでも撮れるとはいえそろそろ撮っておかないと。ということで東信の安易に撮れるポイントへ。東京はまだ残暑が厳しいが、高原は吹く風が涼しく何となく秋の気配。朝のうちは飛んでばかりでなかなかとまってくれなかったけど、昼近くなると数も増えて至るところベニヒカゲ(上からオス、オス、メス)。
過ぎ行く夏の高原_e0167571_21564516.jpg
過ぎ行く夏の高原_e0167571_21565741.jpg
過ぎ行く夏の高原_e0167571_2157831.jpg
雌雄の訪花が撮れたので飛翔や牛との組み合わせとか狙ってみた。
過ぎ行く夏の高原_e0167571_21575382.jpg
過ぎ行く夏の高原_e0167571_2158321.jpg
過ぎ行く夏の高原_e0167571_21581352.jpg
何匹か撮ったが、斑紋の個体差が大きいと感じた。このあたりのベニヒカゲは橙色帯の中の黒点が外側へ寄っているのが特長とか。
山を下りて林道を進むとアサギマダラやシータテハが花に来ていた。
過ぎ行く夏の高原_e0167571_21583359.jpg
過ぎ行く夏の高原_e0167571_21584260.jpg
エルタテハも見たかったが、八ヶ岳方面に比べて少ないようでお目にかかれなかった。
山麓の池ではマイコアカネが色付き始めていた。
過ぎ行く夏の高原_e0167571_21585943.jpg
そろそろ夏も終わり。蝶とトンボの撮影目的で関東の外に出るのもこれが今年最後、かな。
Top▲ | by dragonbutter | 2012-08-26 22:04 | チョウ | Comments(6)
崖の上のヤクルリ
名古屋に出張中である。
週末ちょっと紀伊半島の途中まで足を伸ばした。
港から先に伸びる狭い道を登ると林を切り開いた広い空き地(荒地)に出た。車を降りるとさっそく青いシジミが飛んでいる。ヤクシマルリシジミだ!カメラを取り出すのももどかしく近寄ると残念。ヤマトシジミ。あたりを飛んでいるのは全てヤマト。仕方なく空き地をどんどん先に進むと、その荒地は崖となって終わっていた。はるか下に樹林の合間に海面とそのかなたにマダイの養殖場と岬が見える。
崖の上のヤクルリ_e0167571_2247391.jpg
その崖の下をヤマトとちょっと雰囲気が違うシジミがちらちら飛んでいる。あんなところにヤマトがいるはずがない。しかしあそこに降りようとするとかなりの確率で足元が崩れて大事になる。石を投げて、とまった草を揺らすと更に下に移動するが、何回か試みたら登ってきてくれた。結局半開翅が一回だけ。新鮮とはいえないオスだったが、深いヤクルリブルーがチラッと撮れた。
崖の上のヤクルリ_e0167571_23142042.jpg
下の写真はヤクルリと信じて疑わず撮ったものだが残念ながらルリシジミのようだ。修行が足りません。
崖の上のヤクルリ_e0167571_22475169.jpg
最近は愛知県まで進出しているそうだし、沖縄に行けば見られる蝶であるが、それでも初撮影でうれしかった。崖から離れた場所でピカピカのメスの開翅を見たが、あっという間に飛び去った(泣)。
もうひとつの目当てのサツマシジミは別の場所で2,3回飛んだが(あまり自信なし)とまらなかった。サツマがよく飛来するというセイタカアワダチソウはまだほとんど咲いていなかったので、少し早すぎたのだろう。イシガケチョウも一度飛んだがもう少しのところで逃げられた。
というわけで1勝2敗であったが、仕事のついでの限られた時間、それも初めての場所だったのでこんなもんだろう。
崖の上のヤクルリ_e0167571_2245418.jpg
崖の上のヤクルリ_e0167571_22455913.jpg

崖の上のヤクルリ_e0167571_23281931.jpg
いつか蝶は封印してがつがつせずに、ゆっくりのんびりと半島を先端まで行ってみたいな。
Top▲ | by dragonbutter | 2011-10-03 23:32 | チョウ | Comments(8)
迷蝶カバマダラ@三浦半島
3連休の最後の月曜日は見事な秋晴れ。この好天が仕事のあった土曜日でなくて良かった。(笑)
今日は横浜のIさんに案内していただき、banyanさんと三浦半島に飛来した迷蝶カバマダラを見に出かけた。カバマダラは元々南方系の蝶。学生の頃、初めて奄美大島に行ったとき、まず目に飛び込んできた記念すべき蝶だ。今年はカバマダラの当たり年らしく、浜松では数千頭も飛んでいたらしい。数は少ないと聞いていたので果たして見つけることができるか心配であったが、空き地に着くとすぐに1頭オスを発見。これは幸先がいいぞ。とにかく証拠写真を何枚か撮り一安心。
迷蝶カバマダラ@三浦半島_e0167571_19315491.jpg
迷蝶カバマダラ@三浦半島_e0167571_1932553.jpg
迷蝶カバマダラ@三浦半島_e0167571_19321773.jpg
しかしこの後がさっぱり続かない。採りやさんも来ているそうなので、ほとんどが採集済みなのだろうか。ガガイモらしい植物の葉をチェックしてみる。食痕はあるものの幼虫や蛹はみつからない。副産物はヒガンバナに新鮮なナガサキアゲハが飛来したくらい。
迷蝶カバマダラ@三浦半島_e0167571_19323534.jpg
このあと、何でもいいから広角で海をバックに撮ろうということになり、海岸に移る。富士山もきれいに見えている。何とか絵になりそうに撮れたのはモンキチョウとアキアカネ(肝心の富士山は小さくてわからない)。
迷蝶カバマダラ@三浦半島_e0167571_1933460.jpg
迷蝶カバマダラ@三浦半島_e0167571_19331896.jpg

穏やかな秋の日をのんびりと楽しんだ一日だった。Iさん、banyanさん、ありがとうございました。
Top▲ | by dragonbutter | 2010-10-11 19:35 | チョウ | Comments(8)
| ページトップ |