人気ブログランキング |
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...
最新の記事
海辺のクロツなど
at 2019-09-03 20:38
蟻と共に -2-
at 2019-08-23 23:14
晩夏の富士山麓
at 2019-08-17 18:01
蟻と共に -1-
at 2019-08-14 12:46
猛暑の里山
at 2019-08-08 22:31
4年ぶりのぶら下がり
at 2019-08-04 21:59
何故かメスばかり
at 2019-07-22 22:15
雨と霧の中で
at 2019-07-18 22:40
傘マークの合間に
at 2019-07-14 19:31
洗礼の日
at 2019-07-09 23:29
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
2019 浅間暮らし(ヤ...
最新のコメント
mikiosuさん、この..
by dragonbutter at 23:13
こんにちは。 クロシジ..
by mikiosu at 07:04
banyanさん、コメン..
by dragonbutter at 15:54
僕も幼虫はかなりの数を観..
by banyan10 at 19:08
タグ
(171)
(149)
(132)
(78)
(75)
(72)
(66)
(64)
(64)
(44)
(38)
(35)
(19)
(19)
(13)
(12)
(11)
(11)
(11)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:モノサシトンボ科 ( 19 ) タグの人気記事
Top▲ |
洗礼の日
天気予報は芳しくなかったが、みき♂さんが未撮影というグンバイトンボをご一緒して見に出かけた。去年はオス、メスとも複数観察できたが、今年は残念ながらメスのみだった。
e0167571_23163163.jpg
今年数は少ないようだ。少し時期が遅いのと天気が良くなかったせいもあるかもしれない。
しかしみき♂さんにオニヤンマの羽化シーンを見つけていただいた。
e0167571_2317350.jpg
初撮影だった。晴天ならとっくに飛び立っていたかもしれないので、何が幸いするかわからない。大きいだけに迫力がある。発見が9:00頃、処女飛行が10:30だった。
e0167571_2317175.jpg
飛び立つ前にしばらく翅を震わせ、直前に前脚で顔を掻く仕草はムカシトンボやオオサカサナエと共通していた。
流れの近くでサナエトンボがとまっていた。ダビドサナエだろうかと思って1カットだけ撮ったら飛ばれた。
e0167571_23174044.jpg
その後真剣に探さなかったが、帰宅後見るとヒメサナエ。証拠写真しかなかったのでもっと真剣に撮るべきだった。
転戦したポイントでは新鮮なミヤマシジミがいた。
e0167571_2317563.jpg
擦れたメスが地面にとまったので指でちょっかいを出したら、コマツナギに移動して産卵した。前回信州での観察では花序が伸びていなくて茎に産卵したが、今回は花序の先の蕾への産卵だった。
e0167571_23181558.jpg
e0167571_2323762.jpg

ツマグロキチョウはまだ芽吹いて間もないカワラケツメイに産卵していた。
e0167571_2318425.jpg
2卵観察したが、いずれも葉軸(羽軸)に産まれていた。
e0167571_2319361.jpg
e0167571_23191870.jpg

みき♂さん、お世話になりました。
この先は読まない方がいいかも知れません(笑)。

トンボ撮影では思わぬおまけ(!)があった。撮影中どうも「うなじ」に違和感を覚えて手をやると、ぬるっとしたものが触れる。摘まんでみると!!。指から剥がそうとしてもなかなか離れなかった。痛みや痒みは一切感じなかったが、出血がしばらく止まらなかった。そうこうするうちに、もう一度うなじに違和感(ゾーッ)。またやられた。足から登って来たのか、木の枝にいたものがサッと取りついたのか。いずれにせよ人生初めて蛭の洗礼を受けた日だった。帰ってからシャワーを浴びるとき体を点検するのが恐ろしかった(笑)。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-07-09 23:29 | チョウとトンボ | Comments(4)
3年ぶりの与那国・石垣 -4-
沖縄そばをいただいた店を出るとクロボシセセリがいた。ボロしか撮れていないので喜んで撮影。
e0167571_13551382.jpg

駐車場から出ようとしたとき、白い大きなシジミが木陰を飛んでいるのを見つけて車を止めてもらう。シロウラナミシジミだ。
e0167571_13553311.jpg
午前中にボロはとれていたがこれは完品。レンズを300mmに付け替えて撮影。私の機材ではこの距離での飛び出しは撮れなくて、白っぽい翅表が撮れなかったのは残念。
午後のポイントでは晴れ間もでてきた。
ミカドアゲハが吸水に来ていた。
e0167571_13563171.jpg

近くの湿地ではホソミシオカラトンボ。デジタル初撮影。
e0167571_13564873.jpg

ヒメトンボは小さくて見つけるのが大変。
e0167571_13565942.jpg

遠征最後の初撮影はマサキルリモントンボ。薄暗いじめじめした小さな流れにいた。
e0167571_13571288.jpg
ルリモンてどこ?リュウキュウルリモンのように青くないけど、チャームポイントは前胸部の2つの淡青色斑。暗闇を照らす蛍光マークのよう。
e0167571_13573774.jpg
次は産卵シーンを撮りたいもの。
最後のうれしい出会いがルリウラナミシジミの産卵と交尾。
産卵基質はタカナタマメの蕾である。
e0167571_13575741.jpg
e0167571_13584043.jpg

交尾を邪魔するオスはしっかり腹部を曲げてその気十分であったが、やがて諦めて飛び去った。
e0167571_1358514.jpg

今回も短い滞在だったが、天気は予報ほど悪くなく、最終日は石垣で入野さんに的確な案内をしていただいたおかげで、たくさんの出会いに恵まれた。
まだ完全に整理しきれていないが、今回の初撮影種は蝶11種、トンボ7種といったところ。
まだまだ宿題は多いのでまた訪れたいと思う。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-05-01 14:02 | チョウとトンボ | Comments(2)
梅雨の晴れ間・・のはずが
日曜日はフリーとなった。雨マークが続く予報の中で、うまいことぽっかりとお日様マークが見えた。
しかし北関東は行ってみると、ずっと曇天で全く日が射さなかった。気温も20℃前後までしか上がらなかった。
グンバイトンボはいるにはいたけれど、この天候では生殖行動は見るのは無理の様だった。
e0167571_2353121.jpg

後にもう1匹オスがぼんやり写っている。
ヒメジャノメとコラボ。
e0167571_2355796.jpg
e0167571_2371139.jpg
メスには軍配がない。
e0167571_238297.jpg

思いがけずオジロサナエの羽化を観察することができた。
e0167571_2384552.jpg
今年はもうサナエトンボの羽化は諦めていたのでうれしかった。パカッと翅を開くと数分後に処女飛行に飛び立った。
e0167571_2385855.jpg

その後場所を変えてオオヒカゲを探した。しばらくは全く見つけることができなかったが、狭い範囲にすごい密度で発生していた。大げさに言えば、1m進むごとに新鮮個体が次々に飛び出した。一度に3匹飛びあがることも!。発生初期は羽化場所付近にかたまっているようだ。あとで点検するとオスメスほぼ半数撮影していた(上2枚がオス、下がメス)。
e0167571_2393174.jpg
e0167571_2394389.jpg
e0167571_2395678.jpg
機会があれば幼虫を撮りに行きたい。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-06-19 23:12 | チョウとトンボ | Comments(4)
低地の沼にて
河童がいるのが沼、いないのが池、というCMがもうだいぶ前にあったが、確かにここは河童でも出てきそうな沼だった。
e0167571_23114166.jpg

こんな場所によくいるのがマイコアカネ、まだ若いオス。
e0167571_23121592.jpg
チョウトンボが多かった。交尾も見られたが飛翔しておりピンボケしか撮れず。産卵は辛うじてこんなのが撮れた。
e0167571_23123654.jpg

ギンヤンマはうまく撮れた。
e0167571_23124953.jpg

他にはウチワヤンマやコフキトンボ。
e0167571_23131531.jpg
e0167571_23132420.jpg

そして5年ぶりのオオモノサシトンボ(上からオス、メス、オス、オス)。
e0167571_23135394.jpg
e0167571_2314843.jpg
e0167571_2314176.jpg
e0167571_23194251.jpg
交尾、産卵が撮りたかったけどドン曇りのためか、50cmくらいの範囲にオスメス混ざって3匹とまっていても進展がなかった。近くの林にはノシメトンボ。こちらは色づいたオスがいて交尾も観察。
e0167571_2315039.jpg
5年ぶりのネアカヨシヤンマも時々飛んだが、とまっても高かった。
e0167571_23153211.jpg

ちょっと不気味で静かな沼もいいもんだ。河童に引きずり込まれなければ(笑)。
Top▲ | by dragonbutter | 2017-07-25 23:21 | トンボ | Comments(2)
山原遠征 その3
やんばる3日目。この日は天気予報も芳しくないので宿からあまり遠出せず、本部半島をぶらつくことにする。
最初に行った林道の湧水。すぐにトゲオトンボの仲間が見つかった。
e0167571_21183922.jpg
沖縄本島にはヤンバルトゲオトンボの他にもう1種トゲオトンボの特産種がいる。オキナワトゲオトンボだ。ヤンバルトゲオより南に分布し、ほぼ棲み分けている。オキナワトゲオのオスはノシメトンボのように翅の先端に黒斑があるのが特徴。遺伝子解析をもとに、日本にはトゲオトンボの仲間(ヤマイトトンボ科)が7種いることになっているが、翅端が黒いのはオキナワトゲオだけ。地味ながらとてもチャーミングである。そしてうれしいことに生殖活動も観察できた。まずオスはメスを捉えると移精といって腹部先端から精子を腹部の根本の第2~3節にある副性器に移す。
e0167571_21192583.jpg
その後メスは腹端を精子の格納されたオスの副性器にもっていき交尾をする(ただし不均翅類はオス単独のうちに移精行動を済ませる)。交尾は30分は続いたと思う。
e0167571_21195129.jpg
解くまで観察はしなかった。この撮影直後、山は猛烈なスコールに見舞われた。運がよかった。この後移動中に雨がほぼ上がった。別の山でコノハチョウを探す。なかなか見つからなかったが、ゆっくり車で移動中、目の前を大きめの褐色の蝶がよぎった。慌てて車を降りる。きっとまだ近くにいるに違いない。ほどなくして林道に沿って飛ぶのを発見。見失わないように目で追うと、願いがかなってあまり高くない枝にとまってくれた。
e0167571_21202684.jpg
e0167571_21212238.jpg
テリ張りだろうが、この1匹しかいないので落ち着いていた。擦れてはいたが翅はほぼ完全だった。
3日目ともなると疲れもたまって来たので、これで終了にしようかとも思ったが、頑張ってもう1カ所だけ恩納村の渓流を訪れた。リュウキュウハグロトンボがいたのは予想通り。曇天のため谷間はとても暗い。ストロボを使うと翅脈が輝いて美しい。
e0167571_21214274.jpg

そして会いたかったリュウキュウルリモントンボ。モノサシトンボの仲間だ。奄美亜種も瑠璃色がきれいだが、沖縄本島のものは腹端が黄色いので何とも美しい。渓流の宝石といっていいだろう。
e0167571_2122346.jpg
e0167571_21221292.jpg
結局この1匹だけだった。
3日目の初撮影は蝶1種、トンボは1種。
Top▲ | by dragonbutter | 2017-05-20 21:25 | チョウとトンボ | Comments(4)
会津の瑠璃達 –トンボ編-
キマダラルリツバメとアマゴイルリトンボは瑠璃色が美しい蝶とトンボである。いずれも会津地方に多くの産地が知られる。
日曜日にヘムレンさんbanyanさんのお誘いを受けて会津に出かけた。
午前中は裏磐梯でトンボ観察。ここは2年ぶり、3回目の沼。前回見られなかったアマゴイルリがたくさん見られてよかった。
e0167571_22243746.jpg
e0167571_22251098.jpg

エゾイトトンボはあまり真剣に撮らなかったけど、産卵が(多分)初撮影だった。
e0167571_22252684.jpg

カラカネトンボは前回を超える写真は撮れず残念。
e0167571_22254661.jpg

一番うれしかったのはコサナエの交尾が撮れたことかな。
e0167571_22255899.jpg
e0167571_22261066.jpg

昼近くなってカラカネトンボがヨツボシトンボに追いやられるようになったので、キマルリポイントに移動した。
Top▲ | by dragonbutter | 2016-06-20 22:29 | トンボ | Comments(4)
イトトンボの楽園
ちょっと遠いけどお気に入りの池。
e0167571_9245858.jpg
最後の人家から数百メートル先にある。誰もいない中で、ウグイス、サンコウチョウ、ハチクマの声を聴きながらのんびりと撮影できる。今回初めてモートンイトトンボを見つけた。それもたくさん!写真はやや未熟なオス。
e0167571_9252482.jpg
今までもごく少数いたのか、それとも新たに飛来したのか。あまりモートンに適した環境ではなさそうであるが。
オゼイトトンボも相変わらず健在。
e0167571_927124.jpg
交尾まではすぐ撮れるが、産卵シーンの撮影は高難度。産卵中は無防備だから茂みに入り込んでしまって撮りづらいったらない。
e0167571_9291221.jpg
e0167571_929327.jpg
何とか初撮影できたがいつか撮り直したいところ。
この池には他にも数多くのイトトンボが飛び回っている。久しぶりにゆっくりと遊んでもらった。
まずクロイトトンボ。
e0167571_9303067.jpg
e0167571_9305135.jpg

次がオオイトトンボ。
e0167571_9311439.jpg
e0167571_9312623.jpg
e0167571_9314036.jpg

最後にモノサシトンボ。
e0167571_93252.jpg
e0167571_9321967.jpg

この他にホソミオツネントンボ、クロスジギンヤンマ、コオニヤンマ、ミヤマカワトンボを見た。
近くの川で撮った写真を添えて終了。
e0167571_932388.jpg
e0167571_9324914.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2015-06-21 09:34 | トンボ | Comments(0)
梅雨空の奄美探訪 2日目
翌日も雨。今日はSHさんが夕方まで付き合ってくれることになっている。途中まで2台の車で行った。昨日と逆向きに名瀬方面に出ようとしたけど、昨日の迂回路の入り口にパトカーがいる。大型車が立ち往生していて通れないと。仕方なく更に大きく島の西側の宇検村を回るしかなくなった。天気が良ければ素晴らしい風景なのだろうが、激しい雨と狭い山道で景色を見る余裕はない。やっと昨日通った道に出て、あるダムの直下に作られたビオトープに立ち寄った。この日はこの時だけ日が射した。特に珍しいトンボはいなかったがリュウキュウベニイトトンボを初撮影。
e0167571_2351037.jpg
e0167571_235208.jpg

メスには上の写真のように黒っぽい個体と、下のようなオスに似たオレンジ色の個体がいる。
ハネビロトンボが連結して飛び回りながら産卵場所を探していた。
e0167571_2353440.jpg
産卵時にいったん連結を解きメスが単独で打水するが、すぐにまた連結して次の場所を探す。このような産卵は他のトンボでは見た覚えがない。
半日いても飽きないポイントだったけど、何とかしてアマミトゲオトンボ(奄美大島と徳之島特産種)を見たくて期待できる滝に向かった。途中いかにもいそうな水の滴る斜面があったがアマミトゲオは見つからない。しかしその代りアマミルリモントンボ(リュウキュウルリモントンボの奄美亜種)を初見。
e0167571_2361247.jpg
まるでアマゴイルリトンボのような美しいトンボだ。そうこうするうち滝に着いてしまった。ちょっと厳しいかなと思い始めたときSHさんが「ここにいるよ」と教えてくれた。岩に溶け込むようにちょこんととまっていた。一人だったら絶対見つけられなかったろう。
e0167571_2374537.jpg
トゲオトンボの仲間は見つければこっちのもの。絶対逃げないので広角も含めて撮り放題。
e0167571_2381116.jpg
時々ちょっとだけ舞い上がって小さな虫を捕まえて元の石に戻る。結局この1匹だけだった。帰り道できれいなリュウキュウヒメジャノメを撮る。
e0167571_2382699.jpg

再び雨が降り始める中私のレンタカーに相乗りして山道をゆっくり進んでいた時、SHさんが「ヒャンだ!」と叫ぶ。車を降りて急いで引き返すと小さな美しい蛇が路上にいた。運良く車輪の間に入って轢かれずにすんだ。
e0167571_2384459.jpg
ヒャンはコブラ科の蛇。地元では 怖がられているようだが、性格はおとなしく人を噛むことはまずないそうだ。近づくと激しく体をくねらせて草むらに逃げ込もうとした。SHさんが両手を被せてしばらく落ち着かせ、そっと手をどけて撮ったのが下の写真(よい子はマネしないでね)。地面がアスファルトなのが残念だが、そう簡単に見られる蛇ではないということで嬉しかった(準絶滅危惧NT)。奄美が北限で沖縄ではハイと呼ばれている。模様は別種かとおもうほど違うらしい。
その後また本降りの雨となってしまった。
Top▲ | by dragonbutter | 2014-07-03 23:28 | チョウとトンボ | Comments(4)
七夕前の梅雨明け
関東地方は12年ぶりに七夕前に梅雨が明けた。
7日は引き続き遠出は自粛して、猛暑日の中、暑ーい埼玉方面へ出かけた。
たいした目的はなかったが、トンボの羽化やヤゴの撮影ができればと思って。
秋のアカネ類が羽化する頃かと思ったが、数が少なく、みな見つけるより先に飛ばれてしまった(キイトトンボ、ハラビロトンボ、シオカラトンボ、ミヤマアカネ)(泣)。
e0167571_23401025.jpg
写真はミヤマアカネ。
ハラビロトンボが多かった。様々なステージのオスがいた。成熟順に並べてみた。
e0167571_2341919.jpg
e0167571_23412195.jpg
e0167571_23413420.jpg
e0167571_23414290.jpg
交尾態はもう少しで撮れるというところで解かれてしまって残念。
モノサシトンボもたくさんいた。
e0167571_234219.jpg
今まで連結は何度も撮ったが、色違いのペアは初撮影かな。
おっと、これは同じトンボでもツノトンボ。
e0167571_23421881.jpg
トンボとは全く別の仲間。幼虫は陸上で暮らし、完全変態するという。
暑くてたまらないので正午前に終了。
初めてみるヤゴもいくつか撮れたがそのうちいずれ・・・
最後に、1年に1度しか見られない七夕号ヘッドマークを付けたSL。
e0167571_23424079.jpg
車内の荷物棚にはてるてるぼうずがたくさん吊るされていたが、いつになく早い梅雨明けで願掛けする人もいなかったようだ(笑)。
Top▲ | by dragonbutter | 2013-07-08 23:47 | トンボ | Comments(2)
エレガントなヤゴ
今週末は寒かったですね。
ヤゴはトンボ(成虫)に劣らず多様性に富み、抜群の個性を持つものがいる。そんな中、モノサシトンボのヤゴは見てみたいものの一つだった。
家の近くにモノサシトンボのいる公園がある(下写真は昨年7月撮影)。
e0167571_18212491.jpg
連結を何度か目撃した場所で掬うとあっさり笊に入ってきた。特徴はなんと言っても腹部と同じくらい長い尾鰓である。
e0167571_18121020.jpg
均翅類には3枚の尾鰓と呼ばれる構造があり、鰓呼吸に貢献している。欠落しても再生するし、そもそもなくても生きてはいけるらしいのだが。長い尾鰓を持つヤゴは1枚欠けていたり、1枚再生中で小さかったりすることも多いが、この子達は3枚ともインタクト。この柳の葉のような3枚の尾鰓を広げるとまるで羽のようで実にエレガントで、ゆっくりと姿勢を変える様子はまるでダンサーの様。
e0167571_18124753.jpg
e0167571_18125536.jpg
e0167571_1813389.jpg

参考までにイトトンボ(アオモンイトトンボ?)のヤゴ。
e0167571_18132190.jpg
モノサシトンボの尾鰓がいかに大きいかお分かりと思う。
ただ、エレガントと感じるかは人それぞれだろう(笑)。
Top▲ | by dragonbutter | 2013-04-21 18:24 | トンボ | Comments(6)
| ページトップ |