人気ブログランキング |
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
more...
最新の記事
北のトンボのヤゴ達 -1-
at 2021-01-24 21:26
擬木柵の上で(その2)
at 2021-01-17 20:37
擬木柵の上で
at 2021-01-11 17:59
新年のご挨拶
at 2021-01-01 00:00
冬を越す蝶、越せぬ蝶
at 2020-12-27 21:44
小春日和に越冬蝶観察
at 2020-12-12 13:51
木枯らしに負けずに
at 2020-12-05 23:44
河川敷を歩く
at 2020-11-27 23:05
近場の公園巡り
at 2020-11-23 22:50
懲りずにアオタテハモドキ
at 2020-11-16 23:09
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2021 浅間暮らし
最新のコメント
himeooさん、あけ..
by dragonbutter at 20:21
ダンダラさん、あけまして..
by dragonbutter at 20:19
霧島緑さん、あけまして..
by dragonbutter at 20:15
cactussさん、あ..
by dragonbutter at 20:14
タグ
(199)
(167)
(142)
(87)
(78)
(78)
(73)
(70)
(69)
(49)
(38)
(36)
(24)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(11)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:ヤンマ科 ( 87 ) タグの人気記事
Top▲ |
河川敷を歩く
連休最終日はロケハンを兼ねて河川敷でポイントを探す。干上がりかけた水辺でアキアカネとマユタテアカネが最後の力を振り絞って産卵していた。
河川敷を歩く_e0167571_22574432.jpg
河川敷を歩く_e0167571_22582287.jpg
河川敷を歩く_e0167571_22585276.jpg
河川敷を歩く_e0167571_22590161.jpg
自宅からさほど遠くない撮影しやすい場所が見つかったので来年が楽しみ。
ムラサキツバメや生き残りのヒメウラナミジャノメもいた。
河川敷を歩く_e0167571_22592394.jpg
もっと幻光を捉える角度を探そうとしたら飛ばれた(泣)
11月下旬というのに比較的綺麗なカトリヤンマのオスがいてびっくり。
河川敷を歩く_e0167571_22595124.jpg
調べるとMy終見日は12月4日だったが、その時はくたびれたメスだった。

Top▲ | by dragonbutter | 2020-11-27 23:05 | トンボ | Comments(0)
初秋の会津 -その1-
僕にとって二十歳代の頃3年半過ごした福島県は第二の故郷と思っている。住んだのは中通りであったが、会津にはスキーや山登りで何度も訪れた。4連休前半でその会津を再訪した。
キマダラルリツバメ遠征で近くに行っても立ち寄らないで帰っていた只見川第一橋梁。
初秋の会津 -その1-_e0167571_22215804.jpg
この定時の列車を撮って展望台から下りようとしていたら、居合わせた若い男性から「今日はこの後もうひと編成臨時が来ます。めったに撮れませんよ。」といわれて撮った列車。
初秋の会津 -その1-_e0167571_22234207.jpg
後で調べると、これは「びゅうコースター風っこ」と呼ばれるジョイフルトレインの一種らしい。
赤くならないアカトンボ、マダラナニワトンボを9年ぶり、福島では初めて撮影した(上オス、下メス)。
初秋の会津 -その1-_e0167571_22242033.jpg
初秋の会津 -その1-_e0167571_22241753.jpg
活動時間に日が射さず、産卵シーンは撮れなかった。連結もこんな変てこりんな状態を撮れただけ。
初秋の会津 -その1-_e0167571_22254508.jpg
でもちゃんと棲息していることが確認できてよかった。
初秋の会津 -その1-_e0167571_22260554.jpg
ルリボシヤンマもあまり飛ばなかった。
初秋の会津 -その1-_e0167571_22261845.jpg
初秋の会津 -その1-_e0167571_22262100.jpg
次回はヒョウモン類を。

Top▲ | by dragonbutter | 2020-09-23 22:30 | トンボ | Comments(0)
交尾の特異日?
トンボ写真の大御所Kさんに北関東のポイントをご案内頂けることになった。
小さな流れの上をたくさんのハネビロエゾトンボが飛び回っている。気温が高いためか、個体数が多くてすぐに干渉しあうためか、房総で見たような長いホバリングが見られない。
交尾の特異日?_e0167571_21353292.jpg
交尾の特異日?_e0167571_21354231.jpg

飛翔を撮っている間にKさんが交尾態を何組か見つけて呼んでいただく。これが最も低い位置にとまっていたペア。
交尾の特異日?_e0167571_21355790.jpg
交尾の特異日?_e0167571_2136563.jpg

林の中はカトリヤンマが三密状態。交尾態も軽く二桁確認できた。
交尾の特異日?_e0167571_2137389.jpg
交尾の特異日?_e0167571_21371499.jpg

メスの尾毛はすぐに折れてしまうようで、ほとんどのメスで短くなっている。唯一このメスは片方だけインタクト。
交尾の特異日?_e0167571_21373030.jpg

2ペアが並ぶことも!片方がすぐに飛んでピンボケしか撮れなかった。
交尾の特異日?_e0167571_21374180.jpg

このオスはこの日見た中では最も複眼が青くてきれいだった。
交尾の特異日?_e0167571_21375325.jpg

後で気づいたけど、このサンショウの枝で交尾中のペアの下にはクロアゲハの幼虫が(笑)。
交尾の特異日?_e0167571_21381049.jpg

当日は運転から交尾ペアの発見までKさんに頼りっぱなしの撮影行でした。本当にお世話になりました。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-09-07 21:41 | トンボ | Comments(0)
39℃になった日
多分今年の最高気温を記録するであろう日、近場の公園で撮影。
ここでも少数のムスジイトトンボが発生していた。
39℃になった日_e0167571_16584952.jpg

チョウトンボの飛翔撮影を試みるもほとんどピンボケ。
39℃になった日_e0167571_1659124.jpg
たまにピントが合っても光線の具合がいまいち。
びっくりするほど低い位置にマルメスとヤブオスがぶら下がっていた。
39℃になった日_e0167571_16591626.jpg
39℃になった日_e0167571_16592456.jpg
39℃になった日_e0167571_16593159.jpg

この日の練馬の最高気温は39℃!危険を感じるほどの暑さだった。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-08-15 23:00 | トンボ | Comments(0)
交尾中に揃って吸水!
東京がこの夏2度目の猛暑日を記録した日、千葉県に向かった。目的のネアカヨシヤンマはメスが下りたが落ち着かず、産卵は撮れなかった。左後翅が破損したオス。
交尾中に揃って吸水!_e0167571_9511442.jpg

未熟なカトリヤンマが枝にとまった。
交尾中に揃って吸水!_e0167571_9513043.jpg

ヒメウラナミジャノメの交尾を6年ぶりに観察した。
交尾中に揃って吸水!_e0167571_9514351.jpg
何度か小飛して交尾はしばらく続いた。湿った地面にとまったシーンでは2頭とも吸水している。
交尾中に揃って吸水!_e0167571_9521015.jpg
交尾中に揃って吸水!_e0167571_9522076.jpg
なんとしたたかなペアだろう(笑)。
交尾中に揃って吸水!_e0167571_9522556.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2020-08-13 09:54 | チョウとトンボ | Comments(0)
北海道遠征(2)
北海道遠征の続きです。
トンボは蝶より天候に敏感で、収穫は更に思わしくなかった。十勝川の支流の河川敷にある整備された公園では雨の中オニヤンマの羽化ラッシュだった。
北海道遠征(2)_e0167571_22154971.jpg
ルリボシヤンマの羽化も見られた。
北海道遠征(2)_e0167571_22162584.jpg

撮りたかったトンボの一つエゾカオジロトンボ。1回目は気温が低く全く飛ばなかった。最終日の午前中に短い時間で再挑戦。少し薄日が差して、エゾカオジロ天国となった。
北海道遠征(2)_e0167571_22172133.jpg
北海道遠征(2)_e0167571_22173180.jpg
皮肉なことに一番いい条件で撮れたものはオス単独も交尾もカメラザックの上(涙)。
北海道遠征(2)_e0167571_22174139.jpg
北海道遠征(2)_e0167571_221832.jpg
とても敏感なくせにカメラザックには何度もとまった。
ここでは異常連結や異種間交尾も撮れたがそれはまたいずれ。
カラカネイトトンボを少数見つけた。
北海道遠征(2)_e0167571_22182129.jpg

キタイトトンボは多かった。
上から成熟オス、半成熟オス、未熟メス。
北海道遠征(2)_e0167571_22183337.jpg
北海道遠征(2)_e0167571_22184366.jpg
北海道遠征(2)_e0167571_22185259.jpg

楽園のような場所だったが、帰りの飛行機の時間が迫り、後ろ髪を引かれる思いで撤収した。
同行のHさん、お世話になりました。Kさんには貴重なポイントを教えていただきました。
沢山宿題を持ち帰った遠征だった。
Top▲ | by dragonbutter | 2020-07-16 22:23 | トンボ | Comments(0)
久々の挑戦
主に春出現するクロスジギンヤンマは複眼や腹部の斑紋が明るい水色の美しいヤンマ。
オスは不規則かつ迅速に池を巡回し、少しでも動くものがあると猛ダッシュをかけるため飛行コースの予想が難しく、飛翔写真の難易度は高い。しかし普通種であるうえ小さな水域を好むため、シャッターチャンスは多い。つまり数打てば中には当たりもある。他に撮るものもないので実に久しぶりに飛翔写真に挑戦。
久々の挑戦_e0167571_2311776.jpg
久々の挑戦_e0167571_2311189.jpg

ピントは甘いがオス同士のバトルが写っていた。
久々の挑戦_e0167571_23113294.jpg
普通飛翔中は肢をたたんでいるが、戦うときは広げて武器にしているようだ。
タグ:
Top▲ | by dragonbutter | 2020-06-02 23:00 | トンボ | Comments(0)
美麗種の思い出
このトンボは26年前(1993年8月)に採ったもの。
美麗種の思い出_e0167571_22352267.jpg
スライドの保管がいい加減で画質はあまり良くないが、美しいヤンマである。
頭胸部がマルタンヤンマ、腹部がマダラヤンマといった美麗種。
生態写真はこんな感じ。
美麗種の思い出_e0167571_2235598.jpg

実はこれ、アメリカのカリフォルニア州の海岸近くで採ったRhionaeschna multicolorとういヤンマ。美しいこのヤンマはアメリカ西部を代表する普通種である。
Blue-eyed Darnerという一般名があり、アオメヤンマといったところか。古い図鑑ではルリボシヤンマ属(Aeshna)になっているが、今ではNeotropical Darners(Rhionaeschna)属に分類されている。Rhionaeschnaは全部で41種知られ、中央~南アメリカのヤンマであるが、一部はカナダまで北進している。
その頃のアメリカには今の日本のように優れた図鑑がなく、同定は一苦労だった。
アメリカ滞在中は、家内とまだ小さかった息子を連れだして随分大自然を満喫した。最近スキャンした古びた写真を折に触れて紹介したい。
タグ:
Top▲ | by dragonbutter | 2019-12-04 22:38 | トンボ | Comments(2)
池の復活
近くの某公園でムスジイトトンボが大量発生したとの情報を教えていただいた。この公園では初確認ということ。
連休中ずっと雨模様の予報だったが、日曜日は良い方にはずれて日が射していたので見に行った。
ムスジイトトンボは南方系のトンボで分布が北上傾向にあるものの、そう単純なものでもないらしく、埼玉では従来の産地で次々と見られなくなっているという。
ムスジは以前千葉と沖縄で撮影済みであるが、東京都下では未撮影だった。
着くとすぐに発見。それも至る所に。
池の復活_e0167571_9383992.jpg
この公園ではかいぼりで池の水をくみ出し、外来種を駆除したところ、ツツイトモという絶滅危惧種の水草が復活、大繁殖した。これが沈水植物の繁茂が必要条件のムスジの発生に好都合だったのだろう。
公園の性格上接写するほど接近できず、トンボ目線の角度からの撮影もできなかったが、産卵も撮ることができた。
池の復活_e0167571_9391146.jpg

これはオスメスとも完全に潜水して産卵しているところ(笑)。
池の復活_e0167571_9392343.jpg

そんな中でちょっと違和感のあるイトトンボがいた。
池の復活_e0167571_939367.jpg
どう見ても緑色がかった色合いをしている。眼後斑も三角形で大きい(右のムスジの眼後斑は個体差がありますが)。
池の復活_e0167571_939593.jpg
これはセスジイトトンボ。こちらも都下ではムスジイトトンボと同様、あるいはそれ以上に貴重なトンボ。
おまけをいくつか。産卵しようとしたギンヤンマペアをシオカラトンボが襲ったところ。
池の復活_e0167571_9401555.jpg
突然のシーンでストロボがセットできなくて残念。
ホバリングするギンヤンマ。
池の復活_e0167571_9403634.jpg

木漏れ日とマユタテアカネ。
池の復活_e0167571_9404424.jpg

1秒に2回ほどの高速で水面を打ち付けてツツイトモに産卵するコフキトンボ。
池の復活_e0167571_9405678.jpg

手摺にとまるオナガサナエ。
池の復活_e0167571_941614.jpg
すぐ隣を自転車が通っても動じない。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-09-23 09:45 | トンボ | Comments(2)
猛暑の里山
携帯電話の基地局の脇に泥がたまってわずかに水が流れていた。
そこにクロアゲハ、アゲハ、アオスジアゲハ、イチモンジチョウが吸水に来た。
クロアゲハは2匹来たが、赤斑に違いが見られた。吸った水分を勢いよく排出している瞬間がたまたま撮れていた。
猛暑の里山_e0167571_22183452.jpg
猛暑の里山_e0167571_22185099.jpg
猛暑の里山_e0167571_22185819.jpg

休耕田ではいまだにクロスジギンヤンマが産卵していた。もっとも以前10月16日に産卵を撮っているので驚くほどではない。
猛暑の里山_e0167571_22193690.jpg

日が傾いてマルタンヤンマの産卵を観察。今年はなぜかオスの黄昏飛翔がほとんど見られない。しかしメスはそこそこ産卵に入った。
休耕田の中心部の水深が深くて水生植物が密集したエリアが好みのようで、以前の写真を超えるものは撮れなかった。
猛暑の里山_e0167571_22195382.jpg

「夕焼け小焼け」の防災行政無線が流れ、少しずつ暗くなってきたので帰ることにした。
Top▲ | by dragonbutter | 2019-08-08 22:31 | チョウとトンボ | Comments(0)
| ページトップ |